ハンターレインブーツの偽物と本物の見分け方を徹底解説

最終更新日:2019年02月12日
あなたのシューズ
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

英国王室御用達のブランドとして知られるイギリスのハンター(HUNTER)は、日本でも人気を獲得し始めている。こちらのブランドの定番商品とも言えるレインブーツは、雑誌などにもたびたび取り上げられているので、目にしたことがある人も多いだろう。

ただ、この手の有名な商品の場合、人気がでると一気に偽物が出回るようになるのが厄介なところと言える。今回は、このハンターのレインブーツの偽物と本物を見分ける方法を解説していこう。

レインブーツの全体のラインを確認

ハンターのレインブーツの偽物には、かなり精巧なつくりの品もある。このような商品の場合、ブランド品に詳しい人でも見わけがつかないことがあるので注意をしよう。偽物と本物を見分けるときの1つのポイントになるのが、例えば全体のラインだ。

ハンターのレインブーツは、洗練されたデザインを取り入れていることで知られている。ロングタイプのブーツにはいくつかのタイプがあるが、いずれも履いたときに足が美しく見えるようなすっきりとしたデザインになっているのが特徴だ。

本物はふくらはぎから足首にかけてのラインが美しい

ハンターのレインブーツは、ちょうどふくらはぎから足首にあたる部分に特徴がある。例えば、ハンターの定番商品の1つである「オリジナルツアーブーツ」や「オリジナルトールアジャスタブルグロスブーツ」の場合、足首の部分が細めに作られている。

このような特徴のあるラインは、横から見ると比較的わかりやすい。足のラインに沿うように立体的なメリハリが見られるのが、本物の特徴と言える。偽物の場合も、この手の本物のラインを真似して作られていることが多いが、概して完成度が低い。メリハリが余り感じられず、偽物はどことなく重たい印象であったり、足首の部分が野暮ったい雰囲気になっていたりすることが多い。

偽物は靴底のアーチの反りが浅いことがある

ハンターの「オリジナルツアーブーツ」などは、靴底の部分がアーチ形にデザインされ、つま先が上に上がるようなデザインになっている。偽物は、このような靴底のアーチの反りが浅い場合がある。

溝などは本物とそっくりにつくられているケースが多いが、偽物は純正品に見られるような立体感が欠けていることがあるので、少し注意をしておこう。

ハンターのレインブーツはバリエーションが豊富

本物と偽物を見分けるときにぜひ知っておきたいのが、ハンターのレインブーツのバリエーションだ。ハンターのレインブーツにはさまざまなバリエーションがあり、なかにはメリハリが少ないデザインの商品もある。

実際、「オリジナルリファインドグロスブーツ」などは、足首や靴底のアーチのメリハリが少ない。ただ、こういった商品も、全体的に洗練されたすっきりとしたデザインになっている。ラインの完成度は、本物と偽物を見分ける際にはとくにチェックしておこう。

ロゴの見分け方

ハンターのレインブーツには、表面にオリジナルのロゴマークがついていることが多い。本物と偽物を見分ける際には、このようなロゴも1つのチェックポイントになるだろう。偽物のブーツにも本物と同じようなロゴがついている場合があるため、細かい点までよく確認しておくことが必要だ。

偽物は文字が小さい、または細いことがある

ハンターの偽物のロゴは、文字の部分などに本物と少し異なる特徴があると言われている。例えば、文字が本物に比べて少し小さい、細いなどは、よく見られる違いの1つだ。ロゴマークのデザインは同じでも、偽物は印字されている文字や枠の部分などに微妙な違いがでることがある。

文字や枠の部分の色が異なる場合もある

本物のハンターのレインブーツのロゴは、周囲が赤色で縁取られ、「HUNTER」の文字は黒色で印字されているのが一般的だ。偽物は、このような部分のが本物と少し異なることも考えられる。

赤色や黒色がやや薄かったり、色調が少し違っていたりしたら偽物を疑ってみたほうがいいかもしれない。偽物は、買取店でも査定の対象外にしている場合が多いので、リサイクルをすることも少し難しくなる。

品物の種類を問わず買取をしているリサイクルショップでも、やはり本物と偽物とでは査定価格に大きな違いがでる。偽物はヤフオクなどのオークションでも売れない可能性があるため、できるだけ純正品を手に入れるようにしよう。

プリントが雑なときには偽物を疑おう

偽物のロゴの場合、概して雑に仕上げられている。文字が歪んでいたり、ロゴの部分に誤ってついたようなインクが付着していたらコピーである可能性もでてくる。

本物のハンターのレインブーツは隅々まで丁寧に仕上げられていることが多いため、ロゴの部分にも目に余るような問題は少ないと言える。

内側のプリントをチェック

レインブーツの内側にあしらわれているプリントも、本物と偽物を見分けるときのポイントの1つだ。偽物は、本物の特徴をあらかじめ詳細にチェックしたうえでつくられているため、このような細かい部分も本物と同じになっている場合が少なくない。

ただ、表側のロゴに比べると裏側は人目につきにくいことから、偽物は少々雑な仕上がりになっている可能性もある。

本物は紋章や文字が美しく鮮明にプリントされている

ハンターのレインブーツは、内側にエリザベス女王やエジンバラ公の紋章がプリントされているのが特徴だ。ハンターは、エリザベス2世やエジンバラ公から信頼をえたブランドであり、このような紋章のマークを商品の一部分にプリントしている。

また、ハンターのレインブーツには、持ち主の電話番号や名前を書き入れる欄もある。本物は、こういった部分のプリントも美しく鮮明に仕上がっているケースが多い。文字の歪みやにじみなども少なく、判別しやすい状態になっている。

偽物はプリントの表面が粗くなっていることがある

本物のハンターのレインブーツは、プリントの部分も滑らかな状態に整えられている。ハンターは、レインブーツの素材である天然ゴムの特性などを十分に考慮したうえで製品を制作しているブランドだ。

実際、ハンターの公式サイトでは、レインブーツの手入れの仕方なども紹介されている。ハンターでは、プリントをおこなう際にも使用する環境などを考えて加工をしていることから、裏側の部分の仕上げも丁寧だ。

偽物にも本物と同じようなプリントは見られるが、粗い仕上がりになっている場合が多いので、表面の状態をよく見ておこう。

偽物は使用中にプリント部分にダメージが生じる可能性がある

レインブーツは、履いている間に内側部分に擦れなどが発生しやすい。本物はこのような点もしっかりと考えて作られているため、長く履いていてもダメージが生じにくいのが一般的だ。仕上げが雑な偽物は、内側のプリントがすぐに剝げてしまう、などの問題が起こる可能性がある。

靴底の状態をチェック

靴底も、偽物と本物の違いが出やすい部分だ。靴底は普段は余り目にすることがない部分であり、デザインが似ていれば偽物でも本物と思い込んで履いてしまうこともあるだろう。

内側と同様に、このような目立ちにくい部分こそしっかりとチェックをしておくのが、本物と偽物を見分けるためのテクニックと言える。

ゴムの質で判断するのがポイント

本物と偽物は、素材として使用されているゴムの質から異なるケースが少なくない。ハンターは、防水加工がされたジャケットやコートの販売を手掛けるブランドであり、屋外でも安心して使える質の高い商品を数多く販売している。

英国王室御用達の栄誉を授かるだけあって、素材の選び方から制作の技術までこだわりがあるのが、こちらのブランドだ。こういったブランドがつくるレインブーツは、素材のゴムのクオリティも高い。

ゴムの質を見分けるときには、細かい部分のカッティングなどが1つの参考になるだろう。良質なゴムは程よい弾力があるため、カッティングもはっきりと見分けられることが多い。偽物は一般的にゴムが柔らかいなどの特徴があることから、溝やかかとの部分のカッティングが歪んでいる可能性もある。

本物は細かい部分の仕上げも丁寧

ハンターは、クラフトマンシップをアピールしているブランドだ。したがって、細かい部分の仕上げにいたるまで手を抜かないのが特徴になっている。靴底はレインブーツの耐久性を左右する重要な部分であるため、本物の場合は製造ミスと思われるようなトラブルも見られないのが普通だ。

ハンターのレインブーツは、構造上、靴底から紐がでている場合があると言われている。このような紐も本物は余り目立たないことが多いが、偽物は違和感のある仕上がりになっている場合がある。

偽物を購入してしまうリスクを減らすためには

ハンターのレインブーツが本物か偽物かを見分けるには、公式サイトなどを通じて純正品の特徴を把握しておくのがコツになる。ハンターのレインブーツのバリエーションをひととおり見ておくのも、1つの方法になるだろう。

ハンターの商品のなかには、個性的な色合いやデザインのものも登場している。こういったタイプがあることを知らないと、たとえ本物であっても偽物と判断してしまう可能性もあるので気を付けたい。偽物を購入してしまうリスクを減らすには、次のような方法も効果的だ。

公式のオンラインショップを利用する

ハンターでは、公式のオンラインショップを開設している。オンラインショップでは、目的の商品をすぐに購入できるだけでなく、発売中の商品をチェックすることが可能だ。公式のオンラインショップは品ぞろえも豊富で、在庫切れなどに遭遇することも少ない。

百貨店や専門店で購入をする

また、全国の有名百貨店や専門店などを通じて購入するという方法もある。この手のお店では、信頼できる取引先から純正品を仕入れていることが多いので、偽物を購入してしまう心配は減るだろう。百貨店や専門店でも通販で商品を提供するケースが増えているため、住んでいる地域に関係なく購入ができる。

まとめ

ハンターなどのブランド品は、リサイクルの際にも高額査定を受けやすい。高く買取してもらうには状態の良し悪しもさることながら本物であるかどうかが重要になる。本物の特徴や偽物の見分け方については、今回紹介した記事を参考にしてほしい。

また、購入したときのなどもそろえておくと減額されにくいので、公式のオンラインショップや百貨店、専門店などの包装にもこだわるお店を利用したほうが、購入後のメリットも大きくなるかもしれない。

ヒカカク!でシューズを高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

あなたのシューズ
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「ハンターレインブーツの偽物と本物の見分け方を徹底解説」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する