ブルーレイレコーダーを安く買う方法とは?アウトレットと中古はどちらが良い?

最終更新日:2019年01月16日
価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのブルーレイレコーダー
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

さまざまなテレビ番組を録画、視聴できるレコーダー。最近は、中でもブルーレイレコーダーがトレンドとなっている。各メーカーからさまざまな機能を持つブルーレイレコーダーが登場しているが、どんな機種を選べばいいのだろうか。

ブルーレイレコーダーのトレンドや人気のメーカーについてご紹介する。さらに、アウトレット、中古品など、ブルーレイレコーダーをより安く購入する方法についてもチェックしていこう。

ブルーレイレコーダーのトレンド

ブルーレイレコーダーは近年さまざまなタイプが登場している。自分にはどんな機能を持つものが合っているのか、またどんな種類のブルーレイレコーダーが出ているのか分からないという方のために、近年のブルーレイレコーダーのトレンドについてご紹介する。

無線LAN

無線LANを搭載しているブルーレイレコーダーは、ネットワークに取り込むことでブルーレイレコーダーに録画した番組をさまざまなデバイスで視聴できるようになる。自宅の他の部屋にあるテレビ、パソコン、さらには外出先のスマホで視聴することも可能。以前までは有線タイプが主流であったが、近年はこのようなどこでも手軽にテレビ番組を楽しめる無線LANが人気となっている。

同時録画機能

家族と住んでいると、録画する番組について言い合いになるということもよくあるだろう。また、同じ時間帯に録画したい番組が重なってしまうというケースもよくある。

近年のブルーレイレコーダーは、そんな時間帯が被ってしまった番組でも同時に録画が可能となっている。三チャンネル以上同時に録画できるようなブルーレイレコーダーもあるので、家族で住んでいる方はぜひチェックしてみてほしい。オリンピックなど、番組が重なる時期になるとこのようなブルーレイレコーダーは需要が高まる傾向にある。

スマホで操作できる

さらに、専用のアプリなどを利用してスマホから操作できるブルーレイレコーダーも登場している。外出先から録画をしたり、録画番組を確認できるのだ。録画のし忘れや、急に録画したい番組に気づいたときなどにも非常に便利な機能として広まりつつある。

ブルーレイレコーダーの種類

ブルーレイレコーダーと一口に言っても、そのタイプにはさまざまなものがある。どのような種類を選べばいいのか、自分の利用したい機能、メリットと照らし合わせて考えてみよう。

HDD搭載

最も基本的なブルーレイレコーダーのタイプである。本体に録画する機能を持ち合わせており、これ一つでさまざまな機能を楽しむことができる。長時間録画に対応しているもの、大容量で豊富な番組を録画できるものなどさまざまある。最近はどんどん大容量化が進んでおり、2テラバイトから3テラバイトほど録画が可能なものもある。

外付けHDD対応

ブルーレイレコーダー本体とは別に外付けHDDを接続することで、ブルーレイレコーダー本体の容量がいっぱいになってしまってもさらに録画をおこなうことができる。容量が少ないブルーレイレコーダーを購入したとしても、この外付けHDDを購入すれば本体を買い換える必要もなく番組録画をすることが可能だ。

しかし、ブルーレイレコーダーの中にはこの外付けHDDと接続できないものも多い。ブルーレイレコーダーを購入する際は、外付けHDD対応かどうかを確認しておく必要がある。

有料チャンネルと提携しているもの

有料チャンネルと提携しているブルーレイレコーダーを購入すれば、面倒な手続きなどをせずにすぐ有料チャンネルの番組を楽しむことができる。録画、ダビングももちろん可能で、ブルーレイレコーダーによってはスマホで視聴できる。スカパーなど、見たい有料チャンネルがあるという方はこのようなブルーレイレコーダーをチェックしてみるのもいいだろう。

ブルーレイレコーダーの人気メーカー

ブルーレイレコーダーの中でも、人気のメーカーについてご紹介する。期待する機能、価格などから、購入したいメーカーを検討していこう。

パナソニック

パナソニックはテレビなどさまざまな家電を研究、開発、販売している。中でもテレビのディーガは人気のシリーズである。ブルーレイレコーダーも、ディーガシリーズが目玉商品となっている。

ウルトラHDブルーレイの再生に対応しており、より高画質で鮮明な映像を楽しめるようになっている。多数のチューナーを搭載しており、10チャンネル、28日間の自動録画が可能という高性能モデルもある。レコーダーに録画した番組はスマホでの視聴が可能となっている。

シャープ

シャープと言えばアクオスのイメージが強い方も多いのではないだろうか。シャープから登場しているブルーレイレコーダーはこのアクオスとの相性がいい。初心者にも扱いやすい簡単な操作性も人気の理由となっている。地上波、BSデジタルなどの全チャンネルの録画が可能で、連続ドラマを4週間自動で録画できる機能などもある。

さらに再生した番組は4週間後に自動的に消去してくれるので、いつの間にかHDDがいっぱいになっていて録画できなかった、というミスを防ぐことも可能。番組の整理もしやすく、ドラマなど、連続の番組を視聴、録画したい方には非常に便利な機能がそろっている。

東芝

東芝のブルーレイレコーダーは大容量のものが多い。とにかくたくさん番組を録画したい、長期間ストレスなく利用できるものがほしいという方には東芝のブルーレイレコーダーがおすすめだ。設定したチャンネルをまるごと長時間録画することも可能。

4テラバイトもの容量を持ち合わせたものもあり、6チャンネル、15日間の録画も可能となっている。対応のUSBハードディスクを接続すれば、さらに1カ月以上もの連続録画が可能になる。こちらもスマホでの番組視聴が可能となっている。

ソニー

ソニーは映像処理能力が高いブルーレイレコーダーがそろっている。直感的に操作できるという機能を売りにしており、説明書を読まなくてもスムーズに慣れることができる。最新機種の中には、番組の予約ランキング、視聴数をチェックする機能が搭載されているものもある。どんな番組が人気なのか、また取りこぼしはないかをひと目で確認することが可能だ。

専用のアプリがあり、スマホと連携して視聴や予約も可能。ハンディカム、アクションカメラなどで撮影した動画、写真もテレビで気軽に再生できるという機種もある。自身で撮影などを楽しんでいる方にもぜひ試してみてほしい。

ブルーレイレコーダーを安く購入する方法

ブルーレイレコーダーは一般的なDVDプレーヤーよりも高価格である。安いものでも3万円程度し、容量が大きいものや機能が豊富にそろっているものなどは20万円、30万円を超えるものもある。

さすがにそこまで高額なものは購入できないという方でも、少しでも高性能なのものを低価格で購入したいのが本音だろう。どのような場所で購入すれば安くブルーレイレコーダーを入手できるのかについてチェックしていこう。

家電量販店

家電量販店では、定価よりも安い価格でブルーレイレコーダーを購入できる。店舗によっては他店対抗しているような店舗もあり、他店での価格を告げればそれ以下の金額に値下げしてくれるというケースも。また、家電量販店ではポイントがたまりやすいというメリットもある。いつもよく利用する家電量販店があるという方は、このポイントを利用してお得にブルーレイレコーダーを購入できるだろう。

年末年始、ボーナスの時期、商品の入れ替わりの時期にセールが行われるので、この時期にチェックすればかなり安い金額で新品のブルーレイレコーダーを購入できるだろう。メーカーの保証だけでなく、店舗独自の保証を受けられる店舗もある。万が一の故障の際も無料で修理、交換をおこなってくれることもあるので、保証についても確認しておこう。

楽天・Amazon

楽天やAmazonといったネット通販サイトでも、ブルーレイレコーダーを安く購入できる。家電量販店のように店舗を運営するための費用がかからないため、家電量販店よりも安く購入できるケースが多い。その分送料がかかったり、届くまでに時間がかかる、とりつけは自分で行う必要があるなどのデメリットもあるので注意しておこう。楽天やAmazonでも、独自のセールが行われている。この時期にブルーレイレコーダーを購入すればより安く入手できることができる。

また、楽天はポイントがたまりやすい。日頃からネット通販を楽しんでいる方なら、よりお得にブルーレイレコーダーを購入できるだろう。

ブルーレイレコーダーをアウトレットで

ブルーレイレコーダーをより安く購入したい方におすすめなのがアウトレットだ。アウトレットは各メーカーの公式オンラインストアなどでチェックできる。また、家電量販店でもアウトレットコーナーがあったり、期間限定でブルーレイレコーダーのアウトレット商品を売り出しているケースもある。

楽天やAmazonでは常時ブルーレイレコーダーのアウトレット商品をチェックできる。アウトレットと言っても、パッケージに傷が入っているだけで商品自体には何の問題もないようなものも多い。最新の人気機種を思わぬ低価格で購入できるかもしれないので、見逃さないようにしておこう。

アウトレットのデメリット

アウトレット商品は常に販売されているわけではない。その数に限りがあり、無くなり次第終了となることがほとんどである。 早い者勝ちなので、一瞬でも見逃すとなくなってしまう。じっくり比較してから購入したいという方には不向きと言えるだろう。

さらに、公式オンラインストアなどでは品ぞろえがあまりよくなく、希望する機種を購入することができないケースも多い。反対に、自分の目当てのブルーレイレコーダーがアウトレット商品として販売されていた場合はすぐにでも購入することをおすすめする。

ブルーレイレコーダーを中古で

ブルーレイレコーダーを最も安く購入する方法としては中古品を購入するのがおすすめだ。リサイクルショップ、中古の家電を取り扱うような店舗でチェックできる。中古品は一度誰かが利用したものになってしまうが、その分定価の半額以下で購入できることがほとんど。容量などにもとくに問題がないので、中古品で十分使えると思う方も多いだろう。

ネットで購入する

楽天、Amazonでも中古品は取り扱われている。また、メルカリ、ヤフオクなどでもブルーレイレコーダーの中古品をチェックできる。これらの中には、アウトレットと同様に新品未使用品のものが出品されていることもある。価格は使用済みのものよりも高くなってしまうが、よりいい状態のものを購入したい方にはおすすめだ。状態について不安な場合は、出品者に質問してみよう。丁寧に答えてくれるような出品者のものは信頼できる可能性も高くなる。

反対に、海外からの発送、英語にしか対応していないような出品者から購入するとトラブルが起きた際に解決するのが難しくなる。ブルーレイレコーダーの中古品は、オリンピックなど、多くの方がブルーレイレコーダーを買い換える時期に多くなる。この時期を見逃さないようにしよう。

中古品のデメリット

中古品は一度誰かが使用したものなので、当然故障している、故障しやすくなっているというデメリットがある。保証が切れていたりメーカーからの保証を受けられないケースも多く、自費で修理したり、買い換えなければならないという可能性も。あまりにも安い中古品の場合は少し警戒しておいた方がいいかもしれない。ヤフオク、メルカリなど、個人が出品しているようなものを購入する場合はとくに注意が必要である。

まとめ

ブルーレイレコーダーについては理解していただけただろうか。現在さまざまな機能が追加され、容量も大きくなっているブルーレイレコーダー。メーカーや特徴、価格などから、自分の気に入るものを見つけていこう。

ブルーレイレコーダーを安く購入する方法としてアウトレットや中古品があるが、より安く購入できるのは中古品である。状態をしっかり確認しておけば、いい品質のものを安く購入できるだろう。反対に、メーカーの保証などを重視するならアウトレットがおすすめである。自分が何を重視するのかをよく考えてから購入方法を検討していこう。

ヒカカク!でブルーレイレコーダーを高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのブルーレイレコーダー
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「ブルーレイレコーダーを安く買う方法とは?アウトレットと中古はどちらが良い?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

LINE@で事前相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する