ブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番・品番の調べ方、命名規則解説

2015年時点で43%ほどの国内普及率のあるブルーレイレコーダー・プレーヤーは、AV機器の中でも比較的、型番・品番の調査がスムーズにできるカテゴリだ。

この商品の型番が調べやすい背景には、他のAV機器と比べて遥かに歴史が浅いことと、その大半が国産メーカーで製造されているという2つの要因があると言われている。


My Blu-Ray Player / DetlefKroeze

型番・品番・命名規則の把握で売買をスムーズに

また近頃では、不要になった家電やAV機器を、買取専門店やヤフオク、メルカリに出品するスタイルも増えているため、効率よく売買をする上でも商品情報収集の軸となる型番や品番といった知識は持っておくのが理想と言えるだろう。

今回は、ブルーレイレコーダー・プレーヤーの品番・型番を調べる方法や、命名規則について各メーカーの特徴を詳しくまとめていきたい。

ブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番や品番の調べ方

世界的な発表からまだ15年弱しか経っていないブルーレイレコーダー・プレーヤーは、古い歴史のある一般のAV機器やオーディオ機器などと比べて遥かに型番や品番の調査がしやすい存在となる。

また大半が国産メーカーから発売されているこのカテゴリは、海外企業が参入するオーディオ機器などと比べて、下記のように遥かに型番や品番の調べやすい仕組みが整っていると捉えて良いだろう。

本体正面

ブルーレイレコーダー・プレーヤーの品番・型番を調べる時、まずは本体正面に英数字のコードらしきものがないか確認してみよう。例えば、Panasonicの人気モデルDMR-BWT520については、正面中央、Panasonicのロゴの真下に大変大きく型番が記載されている。

また再生機能のあるAV機器の中には、ブルーレイレコーダー・プレーヤーと同じように本体正面に型番を記載する商品が多い実態があるようだ。

本体の裏側

ブルーレイレコーダー・プレーヤーの本体正面を見ても型番らしき英数字が見当たらない場合は、次はその裏側をチェックしてみて欲しい。プレーヤーやアンプといったそれなりに大きなAV機器の場合、コードなどを差し込む裏面に型番やシリアルナンバーの入ったシールやステッカーが貼られるケースがほとんどとなっている。

また前述のPanasonicの場合は、本体正面に型番が入っている商品であっても裏面にも詳細情報の記載されたシールが貼ってあるようだ。

国産メーカーならではの丁寧な記載

下記で紹介する日本のブルーレイレコーダー・プレーヤーのメーカーは、本体裏面の記載についても大変良心的な書き方をしている。例えばSHARPの場合は、ただ型番やシリアルナンバーと思われる番号を書き並べるのではなく、最初に品名や型名、製造番号といった見出しを記載している。

またPanasonicでも同様に品番という見出しが書いてあるため、ブルーレイレコーダー・プレーヤーなら、初めてAV機器の型番・品番・商品名の調査をする皆さんでも比較的容易に自分の欲しい情報にたどり着けると言えそうだ。

付属品

取扱説明書、保証書といった付属品や、購入時のレシートなどにも型番が書かれていることが多い。

しかしAV機器に付いてくるAVアダプターには個別の型番がある傾向が高いため、アクセサリー的な位置づけとなるものについては、それ自体の型番=ブルーレイレコーダー・プレーヤー型番と捉えるのではなく、対応機種などから欲しい情報を探す必要があると言えるだろう。

調べた番号を型番かどうか確認する方法

ここまで紹介した方法で調べた番号に対して「これが本当に型番なのだろうか?」といった不安がある場合は、Yahoo!やGoogleを使って最終確認をしてみよう。

例えば、本体に書かれた番号のDMR-BWT520をGoogle検索すると、さまざまなサイトの製品情報だけでなくこのブルーレイレコーダー・プレーヤーの取扱説明書も出てくる。またこの方法は他のAV機器や家電製品などにも使えるため、自分で調べた情報の最終チェック手段として活用してみても良いだろう。

Panasonic製ブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番や品番の特徴

2010年から参入したパナソニックは、ブルーレイレコーダー・プレーヤー市場で最も人気の高いメーカーだ。同年、世界初のBlu-ray3D再生対応機種を4つ発売したパナソニックは、後発ながらも話題性の高い存在として現在でも注目されている。

またこの市場で最も製品ラインナップの豊富なこのメーカーは、ブルーレイレコーダー・プレーヤーを購入を希望するユーザの間で非常に高い人気があるようだ。

Panasonicのブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番はどうなっているの?

このブランドのブルーレイレコーダー・プレーヤーには、全機種「DMR」から始まる型番が付けられている。また下記のようにDMR-に続く英字の組み合わせによって、一般の人でも簡単にシリーズがわかる形だ。

  • DMR-UBZ:Ultra HD ブルーレイ再生対応モデル
  • DMR-BRX:全自動(全録対応)モデル
  • DMR-BRG、DMR-BRW、DMR-BRS:レギュラーモデル

おうちクラウドディーガが登場予定

パナソニックでは、ブルーレイレコーダーシリーズ「DIGA」を2017年10月に一新する予定だ。このタイミングでさまざまなコンテンツを貯める機能を強化したDIGAでは、おうちクラウドという単なる録画機の域を遥かに超えた形へと発展すると言われている。

ちなみに10月中旬の4モデルが登場するこのシリーズでも、前述の法則性と同じようにDMR-UBZDMR-BRTが型番に付く形となるようだ。

SONY製ブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番や品番の特徴

1990年代から大容量光ディスクの研究をしていたSONYは、ブルーレイの歴史に欠かすことのできない国産メーカーだ。そんなSONYでは、2003年に世界初のブルーレイディスクレコーダーを発売させている。こうした形でブルーレイの発展に尽力したSONYでは、2017年9月末現在、3タイプの商品をソニーストア内で取り扱っている。

SONYのブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番はどうなっているの?

このブランドから発売されたブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番も、全ての製品の頭に「BDZ-」が付くシンプルなルールとなっている。現行モデルで型番比較を行なってみると、ハイグレードモデルの場合はBDZ-ZもしくはBDZ-Eの後に「T」が入る。これに対してスタンダードモデルについては、Tの代わりに「W」が入るルールとなるようだ。

型番を見ればおおよその容量がわかる

このブランドの型番の最後にくる3〜4桁の数字は、ブルーレイレコーダー・プレーヤーの容量をあらわす形となっている。しかし比較的新しいモデルの場合は、3500、2500、1500といった少し中途半端な数字が入ることもあるため、製品によっては表示された数字の下2〜3桁を切り捨てて容量の把握をしなければならない。

  • BDZ-ZW1000:1TB
  • BDZ-ZW500:500GB
  • BDZ-ZT3500:3TB
  • BDZ-ZT2500:2TB
  • BDZ-ZT1500:1TB

SHARP製ブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番や品番の特徴

SHARPは、前述のSONY、Panasonicの次に片面1層記録対応のブルーレイレコーダーを発売したメーカーだ。HDD搭載ハイブリッドタイプのBDレコーダーとして業界初の商品を登場させたSHARPでは、業界内でいち早く字幕全文表示への対応や、ドラマ番組に特化した自動録画機能「ドラ丸」といった斬新な取り組みによってこの市場に新たな風を巻き起こしている。

SHARPのブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番はどうなっているの?

このブランドについても、全てのモデルの頭にブルーレイの略語とも言える「BD-」が入る形となっている。最も機能性の高いトリプルチューナータイプについては、下記のように容量ごとに3つの商品が用意されている。

  • BD-UT3100:3TB
  • BD-UT2100:2TB
  • BD-UT1100:1TB

東芝製ブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番や品番の特徴

東芝は、2008年〜2009年にかけてブルーレイに関する大きな動きを見せたメーカーだ。低価格なHD DVD事業の終息を2008年2月に発表したTOSHIBAは、2009年以降にブルーレイ再生専用機の発表をする形となった。また同年9月には、欧米でもBD再生機の発売をスタートさせた話題性により、この市場における出遅れをカバーしたとも言われている。

TOSHIBAのブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番はどうなっているの?

現行で11モデルを取扱う東芝製品を見てみると、製品特徴とハードディスク容量などの違いで型番を分けていることに気付かされる。また生産完了品を含めた少し前のモデルを見てみると、下記のようにチューナーの数によって複数種類のブルーレイレコーダー・プレーヤーがあった時代もあるようだ。

  • DBR-T2007、DBR-T1007:トリプルチューナータイプ
  • DBR-W1007、DBR-W507:ダブルチューナータイプ

日立マクセル製ブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番や品番の特徴

日立マクセルは、船井電機からのOEM供給ブランド「アイヴィブルー」というブルーレイシリーズを取扱うメーカーだ。HDMIケーブルを全機種別売りとするアイヴィブルーは、非常に古いアナログテレビ受信機の外付けチューナーとしても使える貴重な機種として、マニアの間で注目されている。

また録画容量を自由に増やせるカセットハードディスク「アイヴィ」も使えるこのシリーズは、本体のハードディスク容量が小さくても大きな問題はないと捉えて良いだろう。

日立マクセルのブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番はどうなっているの?

このブランドの現行モデルは、トリプルチューナー搭載のBIV-TW1100BIV-WS1100の2種類のみとなっている。チューナー数の頭文字だけが変わる日立マクセルの型番についても、他の国産ブランドと同じように初心者でもわかりやすい法則性で付けられていると捉えて良いだろう。

また生産終了モデルなどを見てみると、本体ハードディスク容量が型番に反映されている機種もいくつか存在していたようだ。

まとめ

メイド・イン・ジャパンを代表するブルーレイレコーダー・プレーヤーは、どのブランドの製品であっても型番や品番の付けられ方は基本的に似通っていると捉えて良いだろう。

また国産家電メーカーの商品は全般的に型番やシリアルナンバーなどを大変わかりやすく記載しているため、初めてこのカテゴリに興味を持つ皆さんでも悪戦苦闘することなく製品情報にたどり着けると言えそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「ブルーレイレコーダー・プレーヤーの型番・品番の調べ方、命名規則解説」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

無料査定