ベースのモデル名・型番・シリアルナンバーの調べ方

最終更新日:2019年01月07日
あなたの楽器
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

バンドやジャズの音色に欠かせないベース。低音が特徴の、技法によって様々な音を出すことができる人気の楽器だ。そんなベースを売却する際に重要になってくる情報がモデル名シリアルナンバーだ。この2つの情報を正しく知っておくだけで、製造年やそのベースの価値までわかってしまう。

今回はベースのモデル名とシリアルナンバーの調べ方についてまとめたので、売却を検討している方はぜひ参考にしてほしい。また、今回は大手楽器ブランドの「フェンダー」「アイバニーズ」に絞っての紹介となる。

ベースのモデル名とは

まずベースのモデル名とは何か、疑問に思われる人のために簡単に説明する。例えばiPhoneでいうと「iPhone7」「iPhoneSE」のようなものだ。ベースはたくさんの楽器メーカーから発売されており、日本だけでなく世界中でも多く出回っている。ベースのモデル名も売却する上で重要な情報になってくるので、必ず確認しておこう。

ベースのモデル名の記載位置

ベースのモデル名は、ヘッドまたはネックの裏に記載されていることがほとんどだ。黒い文字で刻印されているアルファベットがモデル名である。

例えばフェンダーの場合、Precision BassJazz BassDimension BassJaguar BassMustang Bassがモデル名である。

保証書にも記載されている

ベースを購入した際に付いてきた保証書にもモデル名は記載されている。保証書のどこに記載されているかは各メーカーごとに異なるので、お手持ちの保証書を確認してほしい。ただし、中古で購入したものなどは保証書が付いていない場合もあるので注意しよう。

シリアルナンバーの記載箇所

シリアルナンバーとは、どのベースにも必ず付いているアルファベットと数字が並べられたナンバーのことである。このシリアルナンバーの読み方がわかると、製造年月日製造工場まで知ることができるのだ。ギターやベースは製造年が少し異なるだけで、音色やレア度が大きく変わってくる。これはもちろん買取価格にも影響してくるので、正しいシリアルナンバーを知っておくことは、お手持ちのベースの価値を知る上で重要なものなのである

ベースを売却する上でモデル名とシリアルナンバーが大切なことがわかったが、実際にベースのどの部分に記載されているのだろうか。記載箇所はメーカーごとに異なるので、それぞれ紹介していく。早速お手持ちのベースと見比べてみよう。

FENDER(フェンダー)の記載箇所

フェンダーは世界中でたいへん人気のある楽器メーカーだ。そのフェンダーの中にもFENDER USAFENDER MEXICOFENDER JAPANの3つがある。この3つで少し記載位置が異なるようだ。

FENDER USA・FENDER MEXICOのベースの場合、だいたいのものはヘッドヘッド裏ネックのジョイントパネルなどに記載されている。FENDER JAPANのベースの場合は、ネックのヒール部分に記載されている。

Ibanez(アイバニーズ)のシリアルナンバー記載箇所

アイバニーズは大手楽器メーカーの星野楽器が手掛ける弦楽器ブランドだ。アイバニーズのシリアルナンバーは、基本的にヘッド裏に黒い文字で刻印されているようだ。モデルによって異なるが、モデル名の下に記載されている数字アルファベットが組み合わさったものがシリアルナンバーとなる。

フェンダーのシリアルナンバー

では次にフェンダーのシリアルナンバーの調べ方について紹介しよう。フェンダーはさらにフェンダージャパン、フェンダーUSA、フェンダーメキシコに分けられることは上記で紹介したが、それぞれシリアルナンバーの体裁も異なるようだ。

FENDER USA、FENDER MEXICOのシリアルナンバー

FENDER USA、FENDER MEXICOのシリアルナンバーは、数字のみで構成されている。1963年の途中から、5桁の番号に付随して「L」が頭に付くようになった。その後、6桁に増えてからは「L」の表記はなくなっている。

製造年数シリアルナンバー
1950~1954年製6000以下
1954~1956年製10000以下
1955~1956年製10000台
1957年製10000 ~ 20000
1958年製20000 ~ 30000
1959年製30000 ~ 40000
1960年製40000 ~ 50000
1961年製50000 ~ 70000
1962年製60000 ~ 90000
1963年製80000 ~ 90000
1963年製90000 ~ L10000
1963年製L10000 ~ L20000
1964年製L20000 ~ L50000
1965年製L50000 ~ L90000
1965年製100000台
1966年 ~ 1967年製100000 ~ 200000
1968年製200000台
1969年 ~ 1970年製200000 ~ 300000
1971年 ~ 1972年製300000台
1973年製300000 ~ 500000
1974年 ~ 1975年製400000 ~ 500000
1976年製500000 ~ 700000

1970年代以降のシリアルナンバー

1970年代以降のシリアルナンバーは、上記と表記の仕方が大きく異なっており、アルファベット一つでそのベースが作られた製造年数が表記されるようになっている。

  • ・1970年代製造 S
  • ・1980年代製造 E
  • ・1990年代製造 N
  • ・2000年代製造 Z
  • ・2010年代製造 X

このアルファベットは、例えば70年代の場合「S」は「SEVEN」だから頭文字が「S」であり、2000年代は「ZERO」だから頭文字は「Z」になるというわけだ。また、モデルによっては、そのモデル名の頭文字のアルファベットも付くこともある

例えば「FENDER MEXICO」であれば「M」がアルファベットの表記となるので、実際のシリアルナンバーを例に説明すると、MN5○○○○=フェンダーメキシコの1995年製となるわけだ。

フェンダージャパンのシリアルナンバー

次にフェンダージャパンのシリアルナンバーについて解説していく。フェンダージャパンは、上記で紹介した2つとは異なり、シリアルナンバーの構成に特に大きな変化はない。ちなみにフェンダージャパンは2015年にフェンダー社と神田商会の契約が終了しているため。

製造年数シリアルナンバー
1982~1984年製JV + 5桁シリアルナンバー
1983年~1984年製SQ + 5桁シリアルナンバー
1984年~1987年製E + 6桁シリアルナンバー
1985年~1986年製A + 6桁シリアルナンバー
1985年~1986年製B + 6桁シリアルナンバー
1985年~1986年製C + 6桁シリアルナンバー
1986年~1987年製F + 6桁シリアルナンバー
1987年~1988年製G + 6桁シリアルナンバー
1988年~1989年製H + 6桁シリアルナンバー
1989年~1990年製I + 6桁シリアルナンバー
1989年~1990年製J + 6桁シリアルナンバー
1990年~1991年製K + 6桁シリアルナンバー
1991年~1992年製L + 6桁シリアルナンバー
1992年~1993年製M + 6桁シリアルナンバー
1993年~1994年製N + 6桁シリアルナンバー
1993年~1994年製O + 6桁シリアルナンバー
1993年~1994年製P + 6桁シリアルナンバー
1993年~1994年製Q + 6桁シリアルナンバー
1997年~1998年製A + 6桁シリアルナンバー
1995年~1996年製N + 5桁シリアルナンバー
1997年~2000年製O0 + 5桁シリアルナンバー
1999年~2002年製P0 + 5桁シリアルナンバー
2002年~2004年製Q0 + 5桁シリアルナンバー
2004年~2006年製R0 + 5桁シリアルナンバー
2006年~2008年製S0 + 5桁シリアルナンバー
2007年~2008年製T0 + 5桁シリアルナンバー
2007年~2010年製T0 + 5桁の数字
2010年~2012年製U0 + 5桁の数字
2012年以降製造JD12 + 6桁の数字

アイバニーズのシリアルナンバー

次にアイバニーズのシリアルナンバーについて紹介する。アイバニーズも製造元によってシリアルナンバーが異なる。アイバニーズの場合、最初のアルファベット文字がそれぞれ違うようだ。

国産製造のシリアルナンバー

まずは日本産のシリアルナンバーを年代別に紹介していく。

1975~1986年製造

この年代は7桁のシリアルナンバーから成り立っている。

  • 例:A○○××××

1桁目はアルファベットで製造月を意味する。1月は「A」と表記され、それからアルファベット順に12月の「L」まで順番に使用されている。○は2、3桁目は製造年を表す。×の4桁目以降は製造番号となる。

1987~1997年製造

この年代は7桁のシリアルナンバーから成り立っている。1桁目は製造元がアルファベットで記載されている。F=フジゲン製、H=寺田楽器製、I=飯田楽器製を意味する。

  • 例:F○×××××

2桁目に製造年がその年の下1桁のみ記載されており、その後の下5桁が製造番号となる。

1997年以降

1997年以降の国産モデルの場合、ほとんどがフジゲンで生産されている。そのため、1桁目に「F」が記載されるシリアルナンバーも多くあるようだ。

  • 例:F○○×××××

○の2、3桁目は製造年を表し、×の下5桁は製造月と製造番号となる。製造月を表す数字は以下の通りだ

  • 1月:05000
  • 2月:10000
  • 3月:15000
  • 4月:20000
  • 5月:25000
  • 6月:30000
  • 7月:35000
  • 8月:40000
  • 9月:45000
  • 10月:50000
  • 11月:55000
  • 12月:60000

韓国製のシリアルナンバー

韓国製のシリアルナンバーは3種類に分けられるようだ。

まず一つ目のシリアルナンバーは、頭に製造元を意味するアルファベットが付く。製造元のアルファベットは以下の通りだ。

  • C=Cort製
  • S=Samick製
  • S/SQ=Vester Guitars製
  • P=Peerless(飯田楽器)製
  • Y=Yoojin製
  • A=Sae-In製
例:C○○△△△××××

○は2桁の製造年、△は3、4桁は製造月、×は製造番号4桁という構成になっている。

例:E○△△××××

2つ目のシリアルナンバーは、Crafter(Sung-Eum)製のものでアルファベットは「E」だ。○は製造年が1桁、△は製造月が2桁、そして×は製造番号4桁で構成される。

例:WX○△△△△

3つ目のシリアルナンバーは、World Musical Instruments製のものでアルファベットは「W」だ。製造月が1桁だが、10月は「X」、11月は「Y」、12月は「Z」で構成される。○は1桁の製造年、△は4桁の製造番号が入る。

インドネシア製のシリアルナンバー

インドネシアの製造元は2箇所ある。しかし、韓国製のようにシリアルナンバーの構成が変わることはないようだ

  • I:Cortのインドネシア工場
  • K:KOW Hsiao製
例:I(またはK)○○△△×××××

ナンバーの頭には製造元を表すアルファベットが入る。○は2桁の製造年が入る。△は2桁の製造月が入り、×は5桁の製造番号が入る。

中国製のシリアルナンバー

中国製も2箇所の製造元を有しているが、いずれもシリアルナンバーの構成は上記で紹介したインドネシアと変わらない

  • Z:Yeou Chern製
  • J:Sejung製
例:Z(またはJ)○○△△×××××

「Z」「J」いずれかのアルファベットの後は、○は2桁の製造年、△は2桁の製造月、そして×は5桁の製造番号が入る。ちなみに最後の製造番号は、50000~99999がエレキギター・ベースに当てはまる。

おすすめのベース買取業者

ここまでベースの売却に役立つモデル名やシリアルナンバーについて記載して来た。では実際に売却するにはどういった業者に依頼したらいいのだろうか。ここではいくつか買取業者を紹介するので、ぜひ参考にしてもらいたい。

イシバシ楽器

イシバシ楽器は名前の通り楽器の専門店。新品の楽器の販売だけでなく実は中古楽器の買取も行なっているのだ。出張買取店頭買取宅配買取に対応しており、ベースの査定には自信を持っている。初心者用からヴィンテージのものまで、様々なモデルを扱う。LINEでの査定もしているので、簡単に依頼できる。24時間受け付けていて、全国どこでも送料無料。ホームページにはメーカー別の専用ページもあるので、ぜひ確認してほしい。

出張買取

出張買取を依頼する場合はフリーダイヤルの番号に電話をかけ、予約するとスタッフが自宅まで来てくれる。専門スタッフによる査定ののち、取引成立となれば振り込みまたは現金書留で支払いされる

店頭買取

店頭買取なら全国にあるイシバシ楽器の店舗に直接ベースを持ち込むこととなる。この方法で取引が成立すると、買取金額の1パーセントがイシバシ楽器のポイントカードに還元される。そのため、普段からイシバシ楽器を利用している人にとってはこの方法での売却がおすすめだ。

宅配買取

宅配買取はクイック発送コースと梱包キット無料コースから選ぶことができる。自宅にベースを包めるプチプチやダンボールがあるならクイック発送コースを選べば、すぐに査定に出すことができる。ない場合は梱包キット無料コースを選ぼう。宅配に必要なものを全て送ってもらえる。取引が成立すると振り込みまたは現金書留で支払われる

ガクヤ楽器買取ネット

愛知県の中古楽器買取専門業者。傷があるもの、ステッカーを張っているもの、パーツの欠品があるもの等、他の業者では断られることのあるようなベースでも買取をしてもらえるようだ。ガクヤ楽器買取ネットでなら、壊れているベースでも一度査定を依頼してみる価値がある。

宅配買取を行なっている。梱包キットを無料で自宅まで届けてもらうこともでき、ベースの買取に力を入れている。専門スタッフが査定を行い、査定額と対象品の実例がホームページに記載されているので確認してみることをおすすめする。査定をしてもらい、金額に納得いかなかった場合の返送料金も無料。買取エリアは全国に対応している。

楽器買取専門ショップ、カワカミ楽器

カワカミ楽器は、弦楽器や和楽器、民族楽器も取り扱う楽器買取専門店だ。店頭買取、宅配買取、出張買取はすべて手数料無料で利用できる。国外の相場も把握しているため、高価格での買取が期待できるだろう。

implant4(インプラント4)

大阪市に店舗を構えるimplant4は、音楽機材やオーディオ機器、楽器の販売・買取をおこなう専門店。ベースやギターも買取品目に含まれる。宅配買取は全国送料無料。点数が多ければ、場合によっては出張買取にも対応してもらえるため、まずは問い合わせてみてほしい。

島村楽器

島村楽器
3.69
(58件の評価)
今が売りどき!

島村楽器も全国展開の楽器専門店なので、適正な価格で買取してもらえることが期待できる。買い替え応援をしているため、もともと島村楽器で購入したベースの売却なら査定額のパーセンテージアップがある。持ち込みでの売却で、島村楽器で購入したものであり、下取りをすれば20パーセントアップになるのが嬉しい。直接持ち込む店頭買取では、10万円以下の査定金額はその場で現金払い、それ以上の場合は口座への振り込みで支払われる。

また、特典は減るが宅配買取もしている。簡単なweb査定ののち、査定額が5000円以上となれば無料梱包キットと下取り申込書が郵送されてくる。宅配料金や査定料は無料。全国展開の楽器店とはいえ、近くに島村楽器の店舗がない場合もあるだろう。それならばこの方法で査定してもらえる。代金は口座振り込みとなる。

フリマアプリ・オークション

この他にも、メルカリなどのフリマアプリや、ヤフオク! のようなオークションサイトを利用して売却する方法もある。高額での確かな査定などはないが、売りたい金額を自分で選べるのは売り手にとっては魅力的だろう。このような方法をとる場合でもモデル名やシリアルナンバーを示すことは重要となる。見た人が信頼できる売り手になれるよう、ベースの写真はもちろん、正確なモデル名たシリアルナンバーなどできる限り多くの情報を与えるべきだ。

まとめ

今回はベースのモデル名とシリアルナンバーの調べ方について紹介した。ベースのシリアルナンバーの読み方を知っておくだけで、製造年や製造元を知ることができるので、売却する際はぜひ確認するようにしよう。

ただしヴィンテージのものや中古で購入したベースは、シリアルナンバーを確認することが困難なケースもあるので、そういった時は楽器ショップの専門の方に問い合わせてみることをおすすめする。どの楽器店・買取業者に売却すればいいか迷った際は、ぜひヒカカク!でより良い業者を探してみてほしい。

ヒカカク!で楽器を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

あなたの楽器
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「ベースのモデル名・型番・シリアルナンバーの調べ方」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する