ヤフオクで中古カメラを売買する時の落札相場情報まとめ

最終更新日:2019年08月05日
価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのカメラ・レンズ
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

近年、カメラを趣味とする人が増えており、市場もどんどん拡大している。スマホのカメラもだいぶ性能が良くなってきたが、やはり一眼レフカメラやデジタルカメラには一歩及ばない。カメラと言っても値段はピンキリなので、これからカメラを始めようと考えている人のなかには、中古で購入することを検討しているケースもあるだろう。一方、カメラを複数所有している人は売ることを考えている人もいるかもしれない。

そこで、ここではヤフオクでの中古カメラの人気の機種や売買相場などについて紹介する。

>> カメラの買取価格を比較する
>>カメラのおすすめ買取業者を比較する

ヤフオクで中古カメラを売買する時の落札相場情報まとめ

カメラの種類について

カメラにはいくつか種類があるが、ざっくり分けると2種類、さらにそれぞれ2種類に分けられるので合計4種類となる。他にもGoProなど小型カメラもあるがここでは省略する。

レンズ交換ができないカメラ

まずはレンズ交換ができないカメラだ。これにはコンパクトデジタルカメラ、いわゆるコンデジと、ネオ一眼がある。初心者や普段のスナップ程度なら、コンデジやネオ一眼でも十分綺麗な写真が撮れる。

レンズ交換ができないカメラはレンズが本体と一体化しているので、いろいろそろえる必要がなく金銭的にも負担が少ない。だが、ホコリやゴミなどがレンズに入ってしまった場合は自分で取り除くことはできないので、諦めるか新しく購入しなければならない。もちろんメーカー修理も可能だが、高額になる場合が多いのだ。

レンズ交換ができるカメラ

レンズ交換ができるカメラとして、一眼レフカメラミラーレス一眼カメラがある。本格的に写真を撮りたい、作品として残したい場合は一眼レフやミラーレスが向いているだろう。

レンズ交換ができるカメラは、レンズを取り替えることで広角撮影や望遠撮影など撮れる範囲で写真を撮ることができる。標準装備のレンズでももちろん撮影はできるが、さまざまなレンズが販売されているためいろいろ使ってみたくなってしまうのが注意すべきところだ。

レンズもピンキリで、高いものは何万円もするので、ハマりやすい人は気を付けた方が良いだろう。

カメラの種類と特徴

それぞれのカメラの特徴や機能について紹介しよう。

小型軽量に加えて高画質なコンデジ

コンデジは、ポケットに収まるほど携帯性の良いカメラで、普段のスナップや旅行で持ち運ぶ際に便利なカメラだ。最近スマホのカメラの性能が上がってきたことにより低迷していたが、従来のコンデジよりも高機能、高画質な高級コンデジが出てきたことによって市場で復活している。

スマホと比べると起動時間や操作性が優れており、撮りたいときにすぐ撮れるのがメリットだ。手ぶれ補正や自動でピントを合わせてくれるものもあるため、初心者でも持ちやすいカメラである。スマホでの撮影に慣れている人にも向いている。

高倍率ズーム搭載のネオ一眼

通常一眼レフはレンズを付け替えて撮影範囲を変えるが、ネオ一眼はカメラ本体とレンズが一体となっているため、これだけでさまざまな画角での撮影が可能である。基本的な性能はコンデジと変わらないが、ファインダーは液晶でズーム倍率60倍以上などで撮影ができるものも多い。

しかし、高機能・高性能な分カメラ自体が重く、大きい。また、ズームも電動なので起動や切り替えに多少時間がかかる。パッと撮ったり、持ち運びには向かないので、風景や月など遠くで動かないものを撮影したりする場合には向いているだろう。

カメラの王道一眼レフ

カメラと聞いて思い浮かべる人が多いのが一眼レフだろう。レンズ交換が可能で、望遠やマクロ、広角撮影などさまざまなシーンでの撮影が可能。壊れにくく画質や性能で優れているため、プロのカメラマンも使用しており、本格的な写真を撮りたい人には向いている

一眼レフはファインダーが光学式の実像なので、構造的にカメラ本体が大きくなりがちである。ただ以前は大きさと重さがネックだったが、最近では女性でも持ち歩きやすいよう、ややコンパクトな一眼レフも販売されている。

新たな主流になりつつあるミラーレス

一眼レフのファインダーが光学式の実像なのに対して、ミラーレスはファインダーが液晶である。そのため、コンデジのようにカメラ自体をコンパクトにすることができている。

ミラーレスは一眼よりも性能が劣ると言われているが、まだまだ発展途上にあり部分的には一眼を抜いている。レンズ込みでも軽く持ち運びやすいため、コンデジよりも綺麗に、一眼レフよりも気軽に撮影したい場合にはミラーレスが向いているだろう。

ヤフオクでの中古カメラの落札相場

カメラには種類があり、それぞれの特徴から自分にはどのカメラが適しているのか、また用途によって選ぶと失敗がない。種類で絞り込めたら実際に中古カメラを探してみるが、できるなら安く購入したいと思う人も多いだろう。

中古カメラは家電を扱うリサイクルショップにもあるが、数で言えばネットオークションフリマアプリの方が断然多い。特にヤフオクでは、種類もメーカーも数多く出品されているが、カメラの種類による落札相場は以下のようになっている。

コンデジの落札相場

コンデジを発売しているメーカーは多数あるが、なかでも人気が高いのがソニー、キャノンだろう。

ソニー

ソニーのなかでも特に出品が多いのは、サイバーショットRX-100シリーズである。モデルチェンジを繰り返し発売されているため複数あるが、初代モデルでも10,000円前後、新しいものだと30,000円前後の落札額となっている。

キャノン

キャノンではIXYシリーズパワーショットの出品が多く見られる。IXYは5,000円前後の落札額だが、パワーショットのS100では10,000円前後、G5では45,000円前後の落札額となっている。いずれも新品や新モデル、箱や付属品付きの場合は高額相場になりやすい。

一方、カメラ交換不可なため、カバーが閉じない、ホコリが入っているなど不具合があるものは数百円~数千円とガクッと相場が下がっている。

ネオ一眼の落札相場

ネオ一眼はまだ新しいジャンルで、他の種類と比べると出品数は少ない。とはいえ、キャノン、富士フイルム、オリンパス、ニコンなど大手メーカーのカメラの出品が目立つ。

キャノンでは、SXシリーズで25,000円前後、富士フイルムのfinepixでは10,000円前後、オリンパスSP-100EEはジャンク品で5,000円前後、動作確認済みで15,000円前後である。比較的高額なのは、ニコンで30,000円前後の落札額となっている。

当たり前だが、高性能になるほど落札価格は高額になっている。ズーム倍率が30倍では数千円~10,000円の落札額だが、50倍以上になると20,000円以上の落札相場となるようだ。

一眼レフの落札相場

一眼レフはニコン、キャノン、オリンパスの出品が目立つ。また、レンズ交換式なのでレンズのみの出品、複数レンズのまとめ売りも見られる。

ニコン

ニコンでは、古いモデルやジャンク品で数千円の落札額がついている。標準単焦点レンズ付きでは15,000円前後、他のレンズ付でも平均して24,000円の落札相場である。ニコンの最高落札額はD610のレンズキットだが、950,000円で落札されている。

キャノン

キャノンではレンズのみの出品、EOS kissシリーズの出品が目立っており、カメラ+レンズの落札相場は25,000円前後となっている。最高落札額はEOS-1DXで約480,000円である。

オリンパス

オリンパスは上記のメーカーよりも比較的安価なものが多く、女性からの人気も高い。特にPENシリーズは「カメラ女子」ブームの火付け役でもある。

オリンパスで出品の多いOM、PENシリーズは平均して10,000円の落札相場となっている。人気シリーズゆえジャンク品やレンズのみ、ストラップやケースのみの出品も目立つ。最高落札額はE-5でボディのみで約200,000円となっている。

一眼レフはレンズを集める楽しさがある反面お金もかかるため、売れる、もしくは安く買えるオークションでの出品、落札が目立っていた。

ミラーレス一眼の落札相場

ミラーレスは最近主流になりつつあるため、比較的高値で売買されている。特にソニー、キャノン、一眼レフ同様レンズのみの出品が目立つ。

ソニー

ソニーでは、a NEXで25,000円前後、a5100で30,000円前後の落札額となっていて、平均して45,000円の落札相場となっている。最高落札額はa9の箱付きで、約330,000円である。

キャノン

キャノンではEOS M3、M5は高額になりやすく、30,000~45,000円の落札相場となっている。全体的な相場は29,000円ほどだが、最高落札額は350,000円で、レンズなしの本体のみだが使用回数が少なく新品に近い状態であった。

他の中古市場での売買相場

中古市場はオークションだけではない。最近はフリマアプリが台頭してきており、特にメルカリは業界でも利用者はトップクラスである。では、メルカリでの売買相場はいくらになっているのだろうか。

コンデジのメルカリ相場

まずコンデジだが、流通量が多い従来のモデルやスマホで十分と考える若年層にメルカリの利用者が多いことから、全体的な売買相場は数千円~20,000円となっている。ジャンク品や多少難があるものは数百円で取引されているものもあるが、最新機種、高級コンデジに分類されるものは定価とほぼ変わらない金額で取引されているものが目立つ。ヤフオクでも触れたRX100は40,000円前後での取引が多い。

ネオ一眼のメルカリ相場

ネオ一眼も値段の差が大きく、15,000円前後のものから50,000円以上するものまでさまざまである。平均すると30,000円前後が売買相場となるだろう。壊れやすい機械類ということもあり、他のジャンルと異なり送料は着払いを指定している出品者も多い。

一眼レフのメルカリ相場

一眼レフはメーカーやモデルにもよるが、ボディのみ20,000円前後で取り引きされているものが多い。標準レンズ付きでは50,000円前後、レンズや付属品全て込みの場合、複数レンズ付き、定価が高額なモデルなどは100,000円以上で売買されていることもある。

ミラーレスのメルカリ相場

ミラーレスは人気が高まっていることもあり、ボディのみの相場は25,000円前後となっている。レンズや付属品、箱付きになると30,000~50,000円の値がついているものも多く、高性能、高機能になるにつれ取引価格は上がっている

元の価格帯が要因でもあるが、総じてキャノン、ニコン、ソニーのカメラは比較的高値で取引されていることが多いようだ。

まとめ

これからカメラをはじめたいという人にとって、中古カメラは手が出しやすい。どんなカメラが自分にあっているのか、事前にどれだけ調べても最終的には使ってみなければわからない部分が多い。一歩踏み出しかねているという人は、ぜひ中古カメラ市場をチェックしてみよう。

逆に、一時期カメラにはまって一眼レフとレンズまで買いそろえたものの、最近はすっかりタンスの肥やしになってしまっているという人は、カメラの中古市場が広がっている今が売りどきともいえる。オークションやフリマアプリの相場の特徴を理解すれば、思わぬ高値がつく可能性がある。まずは自分の持っているカメラの型番と、中古相場を確認してみよう。

ヒカカク!でカメラ・レンズを高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのカメラ・レンズ
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「ヤフオクで中古カメラを売買する時の落札相場情報まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

LINEで相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する