ラクマで家電を売買する時の落札相場情報まとめ

最終更新日:2019年02月05日
「これ売れる?」を確かめてみよう
あなたの家電
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

使わなくなった家電や引っ越しなどで不要になった家電の処分はどのような方法があるか。粗大ゴミ収集に出したり、不要品回収業者に依頼するのも簡単に片付くが、お金がかかる。

どうせなら処分しつつ次の家電の資金も作りたいものだ。そこで有効なのがフリマアプリで売ったり、リサイクルショップへの持ち込み買い取ってもらう方法だろう。物によっては売買できないものもあるためそれも含めて、ここではフリマアプリのラクマでの家電売買時の相場、他の買取相場について紹介しよう。

ラクマとは

ラクマとは楽天が運営するフリマアプリで、以前はフリルという名であった。フリマのように自宅にある不用品をアプリを通じて出品してお金に変えることができるため、最近では主婦や学生を中心に非常に人気が高い。

ラクマは使用料は無料、販売手数料は3.5%と同様のサービスのメルカリの10%と比べてかなり安く設定されている。他にラクマでかかる手数料はコンビニ、銀行、携帯払いにしたときの支払い手数料が100円、売上金の振り込み手数料が楽天銀行以外で210円となる。

ちなみに振り込み金額が10,000円未満の場合は楽天銀行でも振り込み手数料はかかるので注意が必要だ。

利用方法

ラクマの使い方は簡単で、流れとしては出品したいものの写真を撮り、フォームに従って商品のブランドや状態を入力、説明文や出品価格を記載して完了である。出品価格は300~290,000円の範囲内なら自由である。

写真は4枚まで添付可能、一番初めの写真がトップ画像として使われるため正面から撮ったものや箱など、パッと見で品物がしっかり分かる写真にすると良い。送料も出品者負担か購入者負担か選べるが、送料込みで出品する方が買い手がつきやすい。

商品状態はトラブルの元になるので正直に選択する。目立った傷や汚れはないように見えるが、どれを選んだら良いのか分からない場合はやや傷や汚れあり、を選択しておくと良いだろう。

無事に商品が売れると今度は発送手続きが必要だ。ラクマでは複数の配送方法から選ぶことができ、品物の大きさや壊れ物かどうか、購入者の配送希望日時の有無によって選ぶと良い。家電は比較的高価で壊れ物になるので、補償や追跡のついているものの方が安心だろう。

品物の受け取り通知が来たら取引完了となり、売上金がアプリに貯まる仕組みとなっている。自分の口座に振り込み申請すれば、売上金が手元に入る形となっている。

売れるためには

ラクマだけでなく他の媒体でも同じだが売れる売れないかは、品物がはっきり分かる写真、詳しい説明文、お得な価格が重要である。価格を決める際いくらにするか迷ったら、同じ商品を検索して参考にすると良い。より売れやすくするためには同価格か少し低めに設定しておくと買い手が選んでくれるだろう。

特に家電品は動作確認や匂い、汚れなどしっかりチェックしておくことが後々トラブルになりにくい。商品の状態は正直に、かつ正確に記載する方が売り手と買い手どちらにとっても大切だろう。

ラクマで売買されている家電と相場価格

ラクマでは様々な家電が出品されているが、主なものに絞って紹介する。

美容家電

ラクマは女性ユーザーが多いことから美容家電の出品も多い。中でもヘアアイロンやコテ、美顔器、スチーマーが目立つ。ヘアアイロン、コテはメーカーによって相場は差がある。コイズミのミニアイロンやコテは500円前後、テスコムだと1,000円前後の相場となっている。

これらは元々定価も安価なので、中古でも安い金額での出品となっている。他のメーカーでも持ち運びできるものだと1,500円前後、普通のコテだと2,000円前後となっている。

アイロンやコテで人気の高いメーカーはクレイツ、ヴィダルサスーンである。クレイツでは7,000~9,000円、ヴィダルサスーンでは8,000円前後の値がついている。最近ではオートカールアイロンも人気が高く、4,000円前後で出品されている。

スマホ、タブレット、PC

スマホで特に人気があるのがiPhoneシリーズで新機種が発表される度にラクマでも出品されている。iPhoneは古いものでも数万円、新しい機種は100,000円以上と高額であるため、中古市場でも人気が高い。しかし市場の人気や価値の高さから転売業者も多く、出品時には詳しい情報を記載する必要がある。

ラクマではiPhoneに限ると最新機種で100,000円前後、古い機種でも10,001円以上となる。キャリアによる差は少ないが、docomoのiPhoneは他のキャリアと比べると10,000~20,000円ほど高額となる傾向がある。

他にはiPadなどのタブレット、ノートPCの出品も見られる。気を付けたいのは赤ロム商品は買わないことである。赤ロムは支払い残高が残っている状態で、さらに支払い滞納により利用停止となっている機種である。見た目だけでは分からないため、トラブルに巻き込まれないためにも細かい確認が必要である。

基本的に白ロム商品のみ購入する前提で相場を紹介すると、20,000~50,000円となっている。新機種発表や経過年数によってもその価格変動は大きい。その点ノートPCの方が価格は安定しているだろう。モデルやメーカー、容量によっても相場は大きく変わるため15,000~90,000円となっている。細かい条件をつけなければ、かなり安価で本体は購入できると言える。

キッチン家電

ラクマではキッチン家電の出品も見かける。電子レンジや炊飯器、電気ポットなど、引っ越しや故障などで急に必要になった場合など、検索してみると安価で購入できる場合が多い。

電子レンジは現在多機能なものが人気だが、その分中古市場ではシンプル機能はものはかなり安価である。メーカーものでも5,000~8,000円で購入できることが多い。多機能なものは15,000~30,000円ほどするので、独り暮らしや単身赴任などとりあえずで購入するならシンプルなもので十分だろう。

炊飯器は大きさや機能で相場は変動する。3合炊きで8,000円前後、5~6合炊きで12,000円前後、多機能ものや最新型になると25,000~70,000円と高額となる。

掃除機

掃除機のメーカーで人気が高いのはダイソンだろう。メルカリでもコードレスの掃除機は25,000~40,000円での出品が目立つ。サイクロン掃除機では9,000円前後が相場となっている。近年はコードレス、スティック型が主流となり、従来のコードつき掃除機はかなり安価となっているようだ。

サーキュレーター、電気ヒーター

季節ものの家電と言えばサーキュレーター電気ヒーターだろう。これらは時期によって相場に変動がある。本格的に必要になる季節よりも少し前であれば相場は高くなり、シーズンオフになると相場は下がる傾向がある。

例えばサーキュレーターは6~8月辺りに使用する人が多いため、4~5月が相場のピークだろう。一方電気ヒーターは12~2月辺りに使う場合が多いため、10~11月に相場は高くなる。

サーキュレーターの相場はピーク時3,000円前後なのに対して、シーズンを外れると2,000円前後となる。ヒーターの方がやや相場は高く、ピーク時は5,000円前後、シーズンオフでは3,000円前後となっている。

リサイクル家電の相場や中古家電購入時のポイント

家電はなんでも出品されているかというと、そうとも言えない。出品されていても購入実績がなければ意味がない。ラクマではいわゆるリサイクル家電の洗濯機や冷蔵庫も出品されている。洗濯機では安いもので14,000円前後と定価を考えると破格だが、高いものは300,000円を超えるなど幅が広い。

購入実績も少ないので、ラクマでの正確な相場を出すのは難しいだろう。同様に冷蔵庫も容量によって差が開く。単身者用の小さい冷蔵庫であれば、数千円~20,000円の相場となっている。しかしファミリー用となると30,000~70,000円となる。さらに多機能なものや最新型はそれだけ需要も高く、高額取引される場合が多い。

リサイクル家電とは

リサイクル家電とはテレビ、冷蔵庫冷凍庫エアコン洗濯機の4種類で、処分する際に多額の処理費や手間がかかることなどから、廃棄ではなく部品や素材を再利用するリサイクル法の対象となった。この4品目を買い換えや故障で処分する際には申し込み用紙に記入が必要で、さらに販売店へ持ち込むか、指定の廃棄場に持ち込む必要がある。

機械に詳しくない人には少しハードルが高いと感じたり、面倒だと思う人もいるだろう。しかしラクマやヤフオクなど中古売買を主とする市場で出品すれば、処分の手間なくさらにわずかながらも収入も得ることができるので利用する人も多いのだろう。

エアコンやテレビは設置や工事が必要なこともあるので、売買実績は少ない。とはいえ、個人で設置可能なウインドウエアコンなどは7,000円前後の相場で取引されることもあるようだ。

中古家電をラクマで購入するポイント

中古家電をラクマで購入するポイントとして、その種類によってみるべきポイントは異なる。美容家電やキッチン家電などは、きちんと動くかどうかがポイントだろう。いくら安く買っても1、2回使って壊れてしまったら意味がない。

購入前にはきちんと動くか、購入時期はいつなのか、メーカー保証がついているのかも確認する必要がある。機能については品番が分かればホームページからも確認できるため、そこまで重要ではない。

スマホやPCはとにかく盗難品でないこと、赤ロム製品でないこと、本体の個体番号がはっきりしているものに限る。人気が高いものゆえ、偽造品や盗難品の転売の可能性も多い。知らずに購入して困るのは自分である。相場よりも安かったり、購入場所がはっきりしないものは気を付けた方が良いだろう。

そして上記のリサイクル家電や大きめの家電を購入する際には、きちんと動くかどうかに加え、送料やサイズ確認は必須である。送料が出品者負担の場合は心配ないが、購入者負担の場合は送り元がどこか、配送方法は何かを確認して、送料がいくらになるかも計算しておく必要があるだろう。

また、大きめの家電は置場所のスペース確認をしてから購入するべきである。せっかく購入したのにスペースが足りなくて置けない、ということになりかねないからだ。

まとめ

ラクマで家電を売買する時の落札相場情報をご紹介した。不要になった家電をどうせならフリマアプリやリサイクルショップで処分しつつ次の家電の資金も作りたい。しかしリサイクル家電に関しては、ラクマはまだ実績が少ないので、正確な相場を出すのは難しい。

もしラクマで家電を購入する場合は、その種類によってみるべきポイントは異なるため、あらかじめ下調べをしておき、後悔のない取引をしたいものだ。

ヒカカク!で家電を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

「これ売れる?」を確かめてみよう
あなたの家電
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「ラクマで家電を売買する時の落札相場情報まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

LINE@で事前相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する