ルイヴィトン ポシェットの中古買取相場・査定情報まとめ

最終更新日:2019年03月15日
本物の価値がわかるプロにお任せください
あなたのバッグ・鞄
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

ルイ・ヴィトン」といえば時代に左右されることのないハイセンスなブランド品を次々に生み出す、男性・女性問わずに人気のあるブランドである。ロゴを見るだけでもすぐにルイ・ヴィトンだとわかるほど知名度の高いものになるのだ。

ボーナスのときに自分へのご褒美として購入する人もいれば、贈り物としても人気が高く幅広い年代の方から愛されているブランドでもあるのだ。ルイ・ヴィトンというとバッグや財布をイメージする人が多いのだが、ファッションの分野やメイクの分野にも活躍の場を広げているブランドである。

そんなルイ・ヴィトンの中でも女性がデートのときやちょっとしたお出かけの時に持っていくおしゃれバッグとして人気があるのが「ポシェット」だろう。肩からかけるものになるのでショルダーバッグなどと呼ばれることもあり、気軽に使えるバッグでもあるのだ。

ちなみにポシェットはフランス語で、ショルダーバッグは英語で表記されている。明確な違いはそこまでないのでなんとなくの表現で使用している人もいるのではないだろうか。ポシェットの方が少し小さめのサイズのものが多いとされているなどの、若干の違いはあるかもしれない。

近頃は小さなバッグに人気が沸騰しているからこそ、昔買ったけど使わなくなってしまいそのまま押入れにしまったままになっているポシェットや、買ったはいいけどイメージと違い使わなくなってしまったポシェットなどがあれば、早めに買取に出すのをおすすめしたい。

古くなってしまったポシェットは、ルイ・ヴィトンといえども買取してもらえないのでは?と思っている人もいるかもしれないのだが、ルイ・ヴィトンは需要の高さもあり20年以上前に購入したものであっても買取できると言われている。偽物出ない限りは多少のお金になるので、そのまま眠らせてしまうのはもったいないと言えるのではないだろうか。

ルイ・ヴィトンのポシェットを買取に出すかどうか迷っているあなたに、失敗しない買取方法や査定のポイント・買取相場などを説明していきたいと思う。中古品なんて価値がつかないのでは?と諦めている人はこの機会に参考にして欲しい。

ルイヴィトン ポシェットの中古買取相場・査定情報まとめ
Louis Vuitton Messenger Bag / HousingWorksPhotos

ルイ・ヴィトンとは?

1854年にもともと荷造り用の旅行かばんを作り出していた、創設者のルイ・ヴィトンがブランドを設立したと言われている。当時の丸蓋トランクから積み重ねができるように平らなトランクを生み出したことや、持ち運びしやすいように軽量化にこだわるなど、旅行かばんの機能性を格段に上げたのがルイ・ヴィトンだと言われている。

これらの功績によってルイ・ヴィトンは世界的にも有名なブランドとしてその名を世界に広げることとなる。ルイ・ヴィトンの名前の知名度が上がると偽物(コピー品)が出回るようになってしまい、ルイ・ヴィトンを悩ませることになってしまうのだが、それを解決したのが息子のジョルジュ・ヴィトンだと言われている。

モノグラムやダミエなどの今では定番のアイテムをどんどん生み出し、ブランドのアイコン的な存在へと成長していくこととなったのだ。今ではルイ・ヴィトンといえばこれらのラインを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。

その後大手シャンパンメーカーのモエ・ヘネシーが合併して誕生したラインや、クリエイティブディレクターとしてマーク・ジェイコブスを迎えるなど、どんどん新しい分野に挑戦していくようになり、時代の先端を行くアイテムを次々に生み出している。

ちなみにメンズラインをスタートしたのは2,000年になってからになり、それまでは女性をメインとしたブランドだったと言われている。

ルイ・ヴィトンのポシェットとは?

ルイ・ヴィトンのポシェットにはさまざまなラインが登場している。どれも小ぶりで肩からかけるタイプになり、定番のモノグラムからダミエ・ルーシー・アソシワールなどのさまざまな種類があるのだ。

ルイヴィトンのポシェットについて

どれも高級感がありエレガントなデザインのものばかりになるので、どれにしようか迷ってしまうほどの素敵なものばかりだと言える。落ち着いたデザインのものもあれば艶やかな色合いのファッションの差し色になりそうなポシェットもある。

その中でも特に注目されているのが小ぶりな形をした一見封筒のような特徴のあるポシェットツインといえるだろう。スタイリッシュなデザインなのはもちろんのこと、ショルダーストラップの取り外しができること、ストラップ部分を外してクラッチバッグのように使用することもできるバッグになる。

ちょうどいいオシャレ感とミニバッグが注目されたこともあって、若い男性・女性の間で流行っているラインといえるのだ。

ルイヴィトンのポシェットの選び方

ルイ・ヴィトンのポシェットはデザイン性はもちろんのこと、内側にポケットがついていたり、高品質なレザー素材を使用しているなどこだわり抜いて作られたポシェットといえるのではないだろうか。

ポシェットの内側にあるルイ・ヴィトンのロゴもおしゃれだと、愛好家の中では人気があると言われている。ポシェットの中にもサイズ感があり大きめのサイズ感の「GM」だと開閉部分はマグネット式になりスマホや鍵・メイク用品・長財布などのお出かけに必要なものがすべて入る大きさのポシェットになる。

PM」は小さめのポシェットになり、内側にポケットなどがなくアクセサリー感覚で使うことの多いポシェットである。サイズ感によっても作りに多少の違い感などもあり使用用途に合わせてポシェットを選ぶのをおすすめしたい。

ルイ・ヴィトンのポシェットは偽物について

ルイ・ヴィトンのポシェットをどこで手に入れたのか?はとても重要なポイントになるのだ。ルイ・ヴィトンは世界的にも有名な需要の高いブランドになるのだが、偽物が世の中に出回っている数が多いことでも知られている。

なかには個人販売店だったり通販サイト・オークションなどでルイ・ヴィトンのポシェットをゲットしたなんて人もいるかもしれないのだが、直営店以外の場所で新品を購入した場合偽物を買ってしまっている場合もあるので注意したい。

特に気を付けて欲しいのが海外旅行先で購入したポシェットである。定価よりもかなりお得に購入できるからと買ったものの、それが偽物だったなんてパターンも少なくない。

ルイ・ヴィトンの偽物ならすぐにわかるのでは?と思うかもしれないのだが、偽物の場合すぐに見て判断できるものもあれば、本物と見比べてもどっちが偽物かどうか判断できないほど精巧に作られている偽物も少なくない。

なかにはずっと本物だと思っていたルイ・ヴィトンのポシェットが、買取に出すときに偽物だと指摘され気付いたなんてケースも珍しくない。偽物を本物だと思い込んでずっと使っていたなんてケースもあるので、購入時にしっかりと見極めておかないと損をすることになる。

偽物か本物かを見極める方法

ルイ・ヴィトンのポシェットが偽物か本物なのか見極める方法にはこんなものがある。偽物を買ってしまうことのないように、見極め方を知っているかどうかが重要なポイントになるのだ。今から紹介する「金具」「裁縫」「素材」に注目して見極めるようにして欲しい。

金具

まず1つ目に金具部分である。ポシェットの場合はマグネット式のものが多いのでその部分や、ファスナー式の場合はファスナーについている金具に注目して欲しいのだ。偽物の場合は金具の部分が薄くなっていたり、よく見ると荒い造りになっていることが珍しくない。

使っているとすぐに色落ちしてしまうこともあれば、変形しているなどブランド物のはずなのにちょっとした雑さを感じることがあるだろう。金具部分に関しては厚みで偽物か本物かを見極めることができる。

裁縫部分

2つ目は裁縫部分に注目して欲しいものだ。本物のルイ・ヴィトンの場合は職人さんが丹精込めて丁寧に作り出しているものになるので、1mmの狂いもないまさに芸術品といえるような裁縫技術の場合が多い。

左右も対象なので少しの乱れもなく150年の歴史を脈々と受け継いでいるからこそできる、素晴らしいバッグだと言える。長く使えば使うほどより正確にわかるのだが、丁寧に作られているポシェットの場合は、ほつれがなくいつまでも美しい形状を保ってくれる場合が多い。

素材

3つ目は素材にあるのだ。エナメル素材の場合は判断が難しいのだが、レザー素材のポシェットの場合は本物は手にフィットするような柔らかさがあるものの、偽物の場合はゴムのような弾力感のあるかための手触りのものが多い。

例えばルイ・ヴィトンの人気素材といえば縞模様の入っているエピレザーや、高品質なタイガーレザーなどもある。レザー素材は使えば使うほどより味わいの深いデザインになるので、実際にブランド品が好きな人であれば違いに気付くことができるはずである。

この3つのポイントを持ってしっかりと比較すること、購入するときに保証書などがあるかどうか、確認するようにすると偽物を購入してしまうことがなくなるはずなのである。この見極めができないと偽物を誤って購入してしまうこともあるので注意して欲しいものだろう。もしくは偽物の心配がある場合、新品は日本で購入すると決めておくと安心である。

ルイ・ヴィトンのポシェットの中古品買取相場は?

ルヴィトンのポシェットについて説明してきたのだが、やっぱり気になるのはどのぐらいの価格で中古品を買い取りしてくれるのかどうかではないだろうか。

大切に使ってきたものだからこそ、納得出来ないような買取額で出したくないというのが本音だろうし、安い場合は買取に出さずに思い出の品として残しておきたいなんて人もいるはずなのだ。

ルイ・ヴィトン買取に出される買取希望のブランドの中でも一番多いとされている。需要が高いのはもちろんのこと、ルイ・ヴィトンの人気は長年変わることがないので持っている人の数が多いのは買取に出されることも多いことになる。

ポシェットのモノグラムの場合は30,000円~40,000円前後で取引されていることが多いと言われている。ダミエの場合も40,000円前後と定番のものであってもある程度の価格帯で取引されていることがわかるのだ。

淡い色合いで優しい雰囲気が人気のボスフォールは70,000円~80,000円程度と少し高めの価格帯になる。モノグラムであっても限定者のデザインが施されていると100,000円以上で取引されることも多くなる傾向にある。

例えば愛らしいパンダが描かれたパンダポシェットは120,000円前後で取引されている。エピレザーシリーズになるとより需要が高くなることから100,000円前後の取引もあるようだ。このように同じポシェットであっても、どのラインになるのかによって買取額に大きな違いがでると覚えておいてほしい。

使用状況によっても買取額に違いがある

ルイ・ヴィトンのポシェットは、どのぐらいの使用頻度や状況によっても買取額に大金違いが出る場合が多い。

例えば購入したものの一回も使用していない未使用品や新品の場合は定価の70%~75%程度の価格にて買取されていることが多い。使っていないブランド品がこれだけ高額になれば十分に満足できるのではないだろうか。多少の使用頻度がある場合は、50%~60%に買取額が下がってしまう場合もある。

使用感がわかるものになると40%程度の買取額になり、修理が必要な状態の場合は5%程度まで価格が下がってしまうこともある。修理が必要な場合は買取店によっては買取が不可になってしまうものもあれば、5%程度の買取額になる場合もある。

ポシェットの場合は肩からかけて使用するものなので、そこまで傷みやすいバッグではないのだが中に物をたくさん入れたり使う頻度が多いと角スレなどの老朽化が起きてしまうことも珍しくない。

ルイ・ヴィトンの場合、ある程度型が古いものであっても状態がいいとその分高額買取になることも珍しくない。買取に出してからほとんど価値がつかなかったと後悔するのではなく、中古品であっても十分に価値が期待できるものだからこそ、納得できる買取額にて取引できるようにしたいものだといえる。

ルイ・ヴィトンのポシェットの査定ポイント

ポシェットの買取に出すときにどんなポイントで査定に差が出てしまうのか気になる人もいるのではないだろうか。よく「このバッグは10,000円ですね」など査定してもらうものだが、何を基準に決めているのか疑問に思ったことはないだろうか。

なかには新品で使ったことのないアイテムだったはずなのに安い価格帯で買取になってしまい、納得できなかったもののとりあえず買取に出してしまったなんて声を聞くこともあるのだ。

一般的な査定ポイント

買取店によっても査定時の基準が異なるので、一概にはいえないのだが、一般的な査定ポイントについて把握しておきたい。

  • ・変色
  • ・シミ、汚れ
  • ・角スレ
  • ・色あせ
  • ・破れ
  • ・色焼け
  • ・カビ
  • ・破損

これらのポイントを持って重点的に査定を行うことが多い。ブランド物に限らず査定に出した経験がある人なら、一度は経験があるかもしれないのだが、店頭で目の前で査定してくれる場合もあれば、バックヤードに持っていきこそこそ査定をする買取店もある。

査定に出す側としては不安な気持ちになってしまうこともあるのではないだろうか。このような買取店は信用してはいけない買取店だと言える。その場で説明してくれる買取店であり、ブランドに強い専門的な知識を持ったスタッフが常駐しているお店を選ぶのをおすすめしたい。

中古品といえども大切な資産を買取にだすわけで、それに親身に向き合ってくれないお店に買取に出すのはあまりに気持ちの良い取引ができなくなってしまう。

査定に出す際に気を付けること

また、ポシェットの中にタバコや香水などを入れて持ち運んだりメイク用品をそのまま入れることが多いと、中に匂いがついてしまったり汚れがついてしまいやすくなるのだ。これらの汚れは簡単には落とせないものだからこそ、買取に出す予定があるならそのまましまうのはおすすめしない。

買取時にこれらの匂いがついてしまっているとどんなに状態の良いものであっても買取額が下がってしまうことも珍しくない。特に時代の流れの傾向としてタバコを吸わない人が増えていること、禁煙を推奨する傾向にあるので買取時に匂いがするのはマイナスポイントになってしまうことが多い。

査定時に判断されるのは、もしあなたが買取手になったときにこんなポイントがあったら嫌だな…と思うポイントを考えれば自然と答えが出てくるのではないだろうか。視点を変えると答えが出てくるはずなのである。

高額買取のポイント

ルイ・ヴィトンのポシェットを少しでも高額買取してもらう為の見直して欲しいポイントについて説明していきたいと思う。ルイ・ヴィトンは長い歴史のあるブランドだが定価販売のままでセールやアウトレットなどを行わないからこその、高い価値を生み出しているブランドでもあるのだ。

自社生産を貫き高い技術を持った職人さんが、ルイ・ヴィトンの数々のバッグを丹精込めて作っているのだ。これらの基本を大切にしているブランドだからこそ、幅広い世代に愛されるブランドになったと言える。

セルフクリーニング

ポシェットを少しでも高額買取して欲しいのであれば、セルフクリーニングは欠かせないものだろう。バッグの表面についているほこりなどの汚れを拭いて落としたり、バッグの中にあるゴミや髪の毛を取り除くだけでもイメージが変わる。

わざわざ業者に出して新品同様にしてもらうのではなく、できる範囲できれいにするのをセルフクリーニングという。査定をするのも人間だからこそ、少しでも気持ちよく取引ができると嬉しいのではないか。

付属品の有無

ルイ・ヴィトンのポシェットを購入したときについてきた保証書や箱・袋などの付属品を一緒に買取に出せると価格が高額になることが多い。買取の基本はできるだけ購入したときに近い状態で買取に出すことだろう。

もし付属品を捨ててしまったり紛失してしまったときは、付属品がなくとも査定時にマイナスにならない買取店を選ぶのをおすすめしたい。そうしないと数千円単位で買取額が変わってしまうこともあるのだ。

買取店を比較

買取に出す前に複数社に見積もりを出しておき、すこしでも条件のいい買取店を選ぶようにして欲しい。買取店によっても同じ商品の買取額には違いがある場合も少なくないこと、手数料や送料などの別途費用がかかる場合も少なくない。そのため少しでも条件のいい買取店を探すようにして欲しいのだ。

ルイ・ヴィトンのポシェットの買取について説明してきたのだが、使っていないものがあれば一度は見積もりに出してどのぐらいの価格になるのか比較してみるのをおすすめする。

中古品だから安い価格でしか買い取りしてもらえないと諦めずに、買取店に交渉してみるもよし、セルフクリーニングや付属品などを一緒に出して満足できる買取額で買取してもらえるようにしたい。

まとめ

ルイ・ヴィトンのポシェットの失敗しない買取方法や査定ポイント・買取相場について紹介した。ルイ・ヴィトンのポシェットは人気だが偽物が世の中に出回っており、特に海外旅行先で購入したポシェットは偽物であることも少なくない。

偽物か見分ける方法として「金具」「裁縫」「素材」が挙げられる。ルイ・ヴィトンを購入する際は保証書があるかどうかも確認するようにすると偽物を購入してしまうことがなくなる。また、セルフクリーニングや付属品の有無の確認、買取店を比較することで高額買取になるのでおすすめである。

ヒカカク!でバッグ・鞄を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

本物の価値がわかるプロにお任せください
あなたのバッグ・鞄
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「ルイヴィトン ポシェットの中古買取相場・査定情報まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する