ルイヴィトン スピーディの買取相場・査定情報を徹底調査

最終更新日:2019年02月07日
本物の価値がわかるプロにお任せください
あなたのブランド品
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

世界的ハイブランドであるルイヴィトン。数多くのトランク・バッグを世に送り出し、長きに渡り愛されるブランドの一つだ。

今回は、そんなルイヴィトンの「スピーディ」について、買取価格・査定情報をご紹介しよう。


Louis Vuitton / Clotee Pridgen Allochuku

ルイヴィトン「スピーディ」とは?

スピーディという名前から察するに、何だか疾走感のあるイメージを持たせてくれるバッグだが、実際のところどのような意味を持っているのだろうか。

実は、この名前がついたその由来には、ある乗り物が関係しているのだ。

スピーディは自動車での移動に対応できるよう作られたバッグ

もともと、スピーディーは「キーボル」と呼ばれる旅行用バッグをベースにデザインされたバッグだ。キーボルをご存知の方も多いと思うが、旅行用バッグとして荷物の多い長旅に対応できるよう作られている。

これに対してスピーディでは、デザインをキーボルベースにしながらも、タウンユースで使える大きさに収められている。その理由の一つに「自動車」があった。

スピーディはその名の通り、持ち主が素早く動けるように計算されて作られたバッグである。フランス語では「express」という名称で販売されていたが、後に「Speedy」という名称に改名されている。こう名付けられた理由の一つとして、スピーディが発表された1930年代では、自動車での移動が一般的なものになりつつあったことが挙げられる。

要するに、車の助手席に置いて行動しても、もたつかないような大きさのバッグが望まれていたのだ。公式サイトで購入できることからも分かる通り、車が普及した現代においてもニーズは一定数存在しており、人気モデルの一つと言えるだろう。

サイズの豊富さは安心感を与えてくれる

スピーディの特色の一つに「サイズの豊富さ」がある。ネヴァーフルなどの人気モデルであっても3種類だが、スピーディは用途に応じて全5種類のサイズがラインナップされ、それぞれのサイズにおいて必要十分の収納力が担保されている。

以下に、全5種類のサイズについてご紹介していこう。

ナノ・スピーディ

最小モデルとなっていて、貴重品などお出かけの際に最低限必要なものを収納できるサイズとなっている。

小さい分軽めに設計されており持ち運びが楽なため、スピーディの代名詞的存在とも言えるモデルかもしれない。斜め掛けができるバンドも付いているので、コーディネートの邪魔をしないのも魅力的だ。

スピーディ25

縦・横・奥行がそれぞれ6cm以上延びた形になる。貴重品を入れてもまだまだ余裕を感じさせる大きさである。

ラインを選べばフォーマルにも使え、ナノ・スピーディ同様の使い方もできないことはない。プライベートで使う分には申し分ないだろう。

スピーディ30

横幅がスピーディ25に比べると大きくなった形状をしている。B5ノートなどが入れられるため使い勝手は悪くなく、通学・通勤に使えるサイズ感だ。

スピーディ35

スピーディ25に比べて全体的に一回り大きくなった印象を与えるサイズ。A4サイズの資料やタブレットPCを携行できるため、ビジネスシーンにも使えるバッグになる。

仮に外出・出張となった場合でも荷物を詰め込めるため、対応力は高いバッグになるだろう。

スピーディ40

ボストンバッグクラスの大きさになる。ここまでくると、出張・小旅行目的で用いることになるだろう。あるいは、習い事やジム通いにも使えるかもしれない。

選ぶ際にラインが決め手の一つとなっている

スピーディは、大きさもそうだがラインも選考基準となる。というのも、スピーディはラインによって大きく性格の変わるバッグだからだ。

スタンダードの中に遊び心のあるモノグラムキャンバス

定番中の定番だが、なぜかスピーディの中では遊び心を感じさせるラインである。モノグラムデニムを使っているモデルは「ネオ・スピーディ」などと呼ばれるが、どことなくカジュアルな雰囲気を持っているのがスピーディのモノグラムだ。

防水加工も施され、柔軟性もあり、何より軽い。そんなイメージを持っているラインと言えるだろう。

落ち着いた女性像を印象付けるダミエ

モノグラムに比べると、どことなく落ち着きのあるデザインとなっているダミエだが、スピーディの場合はモノグラムよりも大人びているように見える。

また、汚れも目立ちにくいことから、長く愛用することを考えるならダミエという選択肢もある。

高級感に加えて、TPOを選ばないのがエピ

素材自体が丈夫なことに加え、質感も美しく上質である。ブラックを選んだ場合、ひと昔前のお医者さんカバンのような印象さえ与える。

年とともに風合いを感じさせてくれるラインのため、色を選べばTPOを考えずに使えるバッグと言えるだろう。

ルイヴィトン「スピーディ」の買取相場

スピーディの基礎情報について触れてきたところで、ここからは実際の買取相場についてご紹介しよう。

現在も公式サイトで販売されているモデルのため、人気も高い品ではあるが、その分中古品の買取価格帯は低めに抑えられているようだ。

スタンダードモデルなら10,000円~50,000円台が一つの目安に

一部の高額買取実績を除いて考えた際に、使用感のあるものであれば、その度合いによって10,000円~50,000円台の買取価格が一つの目安になるだろう。

また、モノグラムのようなスタンダードモデルの方が、より高値で売却できる傾向にある。

「ネオ・スピーディ」の買取相場例

人気モデルの一つである「ネオ・スピーディ」について一例を挙げると、通販サイトにおける売値を見る限り、状態が非常に良いというSランクレベルで100,000円超え、可ないし良い(Aランク、Bランク)で30,000~60,000円台と値動きが激しくなる。

ここから7~8割を上限に買取価格を検討すると、Sランクで70,000~80,000円、それ以外なら21,000円~48,000円程度の売値が想定される。状態が悪ければ、10,000円を切ることも想定しておいた方が良いだろう。

ちなみに、大きさが大きければ高値になるのかと言えばそうでもなく、スピーディ40などは状態がAランクであっても売値が100,000円を切る商品がほとんどであり、必ずしもサイズ感と値段とは一致しないことが分かるだろう。

新品同様でなければ厳しいのが現状

スピーディは特段生産中止になっているわけではなく、2019年現在において新品でも購入できることから、あえて中古品を選ばなくてもよいと考えるユーザーがいても不思議ではない。

お値段も新品120,000~130,000円台と、ルイヴィトンを狙う層からすれば手ごろな値段と言えば手ごろである。そういう意味では、スタンダードモデルでの高額買取は、新品同様でなければ厳しいと考えた方が賢明だろう。

限定品・コラボ品のラインなら破格の値段も

このように、中古市場においては値上がりが期待できる要素の少ないスピーディだが、品によっては例外も往々にして存在する。コラボ品限定品などは、どのようなモデルでも高額になりがちだが、村上隆の迷彩柄コラボなどは、新品同様の値段で売値700,000円超えとなっているものも見かけられる。

そこまで極端でなくても、正規販売店で手に入らないモデルであれば、高額買取のチャンスはあるかもしれない。

スピーディでもグラフィティ・モノグラムチェリー・マルチカラーといったラインなら、状態が良ければ相場以上の金額で買い取ってもらえた実績は見られる。自分の持っている柄が他とちょっと違うという場合でもあきらめずに、高額買取の実績をうたっている業者に見積もりをお願いしてみよう。

高値をつけるために、売る前にできることは何か

スピーディを買い取ってもらう場合は、もちろん本体のコンディションを綺麗に保っておくことは大切だ。しかし、売却時に購入時と同じ装備を揃えているケースは、そう多くない。

付属品を保管しておく

保存箱や保存袋などは、一生使い続けることを想定して捨ててしまったユーザーもいるかもしれないが、パドロック(南京錠)などの付属品は残しておいた方が高値になる。もちろん、保存箱・保存袋が付いていた方が、より高値になるのは言うまでもないだろう。

保存状態に気を付ける

他には、革製品につきものと言える「汚れ」の問題がある。極力綺麗に使うよう心掛けていても、長年使っていればどうしても使用感は目立ってしまうものだ。ただ、ほとんど使っていないのにカビなどで汚く見えてしまうのであれば、ちょっと問題があるかもしれない。

日本の住宅事情を考えると、どうしても狭いクローゼットなどに収納してしまうのはやむを得ないが、バッグ内外の水分や収納環境の湿度に気を配っていないと状態が悪くなってしまう。レザー表面にコーティング加工をしているエピなどは、一般的なレザー素材よりも通気性がないことから、カビが繁殖しやすい素材とも言える。

売却前にクリーニングする

ちなみに、もし状態の悪さがカビによるものなら、クレンジングを行うことで表面のカビを洗い流し、変色した部分を染色補正することで、もとの美しさを取り戻すことができる。

当然、売却を検討するのであれば、そこまでケアした後で見積もりに出した方がよい。できれば、バッグや革製品の専門業者に依頼した方が納得のいく仕上がりになるだろう。

しかし、個別にクリーニングを施してくれる業者であれば、クリーニング業者を頼るのも一つの手だ。修理職人と依頼者とのマッチングサービスを行っているところもあるので、気に入った実績を持つ職人を選んで、必要な箇所だけ修理・リカラーを頼むという方法もあるだろう。

予算と比較・検討し、自分でケアできる・もしくは納得できる範囲の汚れかどうかを判断してから、見積もりを依頼しよう。

ルイヴィトン「スピーディ」の査定基準とは

大雑把な相場観について知ったところで、スピーディの状態を見極める「査定基準」についてご紹介する。

限定品なども含めるとラインナップは幅広いため、一概に価格帯を決めかねる部分もあるが、大半の人が売却を検討するのはモノグラムなどのスタンダードモデルであるため、その点を主体に解説する。

好みが分かれるデザインは安値になりがち

ルイヴィトンには主要ラインがある。大きく分けると、モノグラム・ダミエが該当するだろう。誰が見てもルイヴィトンのバッグであることが分かり、ユーザーも安心して使用・購入できる利点がある。

新品の段階でも値段は比較的手ごろであり使う人も多いので、価格が下落しにくいという特徴を持っている。モノグラムとダミエを比べたとき、しいて言えばモノグラムの方が下落率は低めだが、だからといってダミエが悪いというわけではない。

マルチカラー

モノグラム・ダミエとよく比較されるラインとして「マルチカラー」が挙げられる。スピーディなら新品時の値段も税込で350,000円を超えるが、マルチカラーとなると中古で状態が良いものでも150,000円台の買取価格に留まるケースが多いようだ。

これは、マルチカラーの配色が個性的であることも一因となっており、誰しもルイヴィトン製のバッグには一定のイメージ(例えばエニグラム柄)を抱いて購入するため、極端に好みが分かれる柄は、売れ残りを防ぐために業者としても選びたくないという思惑がある。

男性向けのグラフィット

また、ダミエの中でもアズール・グラフィットといった違いがあり、どちらかというと男性向けのグラフィットなどは、客層に偏りが見られるせいか高値が付きにくい。

基本的に中古市場ではスタンダードモデルが好まれ、エッジの効いたデザインは敬遠されると覚えておこう。

スピーディは市場に出回りやすいモデルの一つ

そもそもスピーディが流行った時代について考えてみると、人によって回答はまちまちである。TVドラマの「奥様は魔女」世代なら1970年代だろうし、ナオミ・キャンベルに憧れた時代なら1990~2000年代になるかもしれない。

つまりスピーディの流行を考えてみると、人によって年代が変わるわけで、それくらい一般的なモデルとも言える。言い換えれば、市場に出回りやすいモデルの一つなのだ。

これは安価に良いものを手に入れたいユーザーにとっては嬉しいことだが、買取業者や買取を依頼する側にとっては必ずしも喜ばしいことではない。市場に商品が出回り過ぎているため、高値をつけようにもスタンダードモデルにはなかなかつけられない。当然、売れ残りのリスクも考えなければならないため、買取は良品に絞りつつ、相場も下がり目になる。

このことから、スピーディの買取依頼を検討するのであれば、他の品と一緒に持ち込むことも考慮するとよいだろう。できれば、サイズ感が大きく異なるもの・違うモデルを対にした方が、合見積もり時の価格をチェックできるのでおすすめだ。

オークションやフリマアプリでは安く買い叩かれるリスクに要注意

少しでも高く売ろうと考えて、オークション・フリマアプリを使うことを考えている場合、スピーディは止めた方がいいだろう。先に説明した通り、そもそも市場に出回り過ぎている品なので、変な話「ありがたみ」が無いのだ。

安く買い叩かれる危険がある

もはや市場で目にする機会がほとんどないコラボ商品であれば別だが、スピーディのスタンダードデザインなら、ちょっとお金を貯めるなり分割払いするなりすれば、定価で質の良いものが手に入ってしまう。そのため、わざわざオークションを使って購入するということは、自ずと客層にも偏りが見られるようになる。ざっくばらんに言ってしまえば「いいものを安く手に入れたい」ユーザーがあふれているわけだ。

それに加えて、メルカリなどのフリマアプリには「値下げ交渉」という、売り手にとってはあまり嬉しくない文化が根付いている。

自分が購入する際には効果的でも、売る側に回るとこれほど厄介なものはない。このような事情から、スタンダードな柄で使用感も少ない、それなりに「売れる」要素を持つスピーディをお持ちの方なら、わざわざオークションやフリマを使って販売する必要はないかもしれない。

珍しい柄の品は例外

しかし、例えばキャットグラムのような珍しい柄であれば話は別で、オークションを経由してでも手に入れたいと考えるユーザーがいても珍しいことではない。

通販サイト以上の値段で落札されている例もあることから、オークションの方が買取業者よりも高値をつけるかもしれない。

まとめ

スピーディは、数あるルイヴィトンのバッグの中でも、スタンダードモデルとして人気を博している。その分、買取額にも伸び悩みを見せるモデルがあることも事実だが、限定モデルや流行を追ったデザインであれば、売る時期によっては高値をつけることもある。

よく見かけるラインなのか、ほとんど見かけないデザインなのか、はたまた今出たばかりのモデルなのかを見極めつつ、買取業者を選ぶかオークションを選ぶかを考えた方がよいだろう。

ヒカカク!でブランド品を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

本物の価値がわかるプロにお任せください
あなたのブランド品
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「ルイヴィトン スピーディの買取相場・査定情報を徹底調査」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する