ルイヴィトン モノグラム・アンプラントの買取相場・査定情報を徹底調査

最終更新日:2019年02月06日
本物の価値がわかるプロにお任せください
あなたのブランド品
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

ルイヴィトンの代名詞とも言えるモノグラムシリーズ。これまでに様々なモノグラムの新しいラインが登場してきたが、中でもシックで落ち着いた、それでいて個性を発揮できるシリーズがモノグラム・アンプラントである。

モノグラム・アンプラントとはどんなシリーズなのか、どんなアイテムが人気なのか、さらには買取相場や買取の際のポイントなどをチェックしてみよう。


Damier d'Ete / achimh

モノグラム・アンプラントとは?

モノグラム・アンプラントは2010年に誕生した、ルイヴィトンの中でも比較的新しいラインである。カーフレザーにモノグラムの型押しがされているのが特徴で、ツヤを消した仕上がりになっている。深みのある色合い、染色で、温かみを感じることも可能で、贅沢な風合い、柔らかさが女性らしい印象だ。

一般的なモノグラムよりもより高級感があるため、パーティーシーンにも活躍してくれるアイテムも多い。また、カジュアルな普段着に合わせることでコーディネートが子供っぽく、安っぽくなるのを防いでくれる。日常にエレガンスな雰囲気を添えてくれるアイテムばかりとなっている。

しっかりとした大きめのバッグから、デートにもぴったりのクラシックでコンパクトなバッグ、人気のスピーディー、さらには財布やキーケース、カードケースなどの小物に至るまで豊富なラインナップが揃えられている。

カラーやアイテムによっては男性が使えるものもあり、また落ち着いた印象なので持つ人の年齢を選ばないというポイントも大きな魅力の一つとなっている。

モノグラム・アンプラントの人気アイテム

モノグラム・アンプラントからは様々なアイテムが登場している。中でもどんなアイテムが人気なのかチェックしてみよう。人気アイテムは、中古市場でも需要が高く高額で販売されているケースもある。そのため、買取に出せば満足のいく価格での取引ができるだろう。

後に買取査定ポイントなども紹介するが、やはり状態のいいアイテムの方が買取金額も高くなるので、不要になったモノグラム・アンプラントの人気アイテムは早めに買取に出すようにしよう。

バスティーユ

バスティーユは大きめのトートバッグである。しっかりとしたマチは上部のファスナー部分の切り替え、前面のファスナー付きのポケットが特徴的。デイリーバッグとして大活躍する収納力の高さも人気を集めている。通勤、通学はもちろん、マザーズバッグやちょっとした旅行にも活用できるようなものばかりだ。

サイズはPMとMMがあり、MMは大きめ、一回り小さいものがPMとなっている。通勤や通学に使うのならPMがおすすめであり、実際にPMの方が人気、高価買取となっているケースが多い。すっきりとしたサイズ感ながら、たっぷり荷物を入れることができる。

ルイヴィトンのトートバッグと言うとネヴァーフルが人気だが、ファスナー付きのものがほしい、ショルダーバッグにできるストラップつきのものがほしいという方にはこちらのバスティーユがおすすめだ。

モノグラム・アンプラントのバスティーユはゴールドの金具と相まってデイリーバッグでありながらラグジュアリーな雰囲気を楽しむことができるようになっている。

サンジェルマン

エレガントなハンドバッグ、サンジェルマンは、多くの女性をとりこにしてきたバッグである。フラップ部分にのみモノグラム・アンプラントの素材が用いられており、アクセントの効いた美しい仕上がりとなている。ショルダーバッグとして、カジュアルなコーディネートに合わせれば品格のある印象を楽しむことができる。

また、ストラップを外せば洗練されたクラッチバッグ、ハンドバッグとして使うことも可能だ。毎日使いからイブニング使いにまで、様々な楽しみ方ができるアイテムとなっている。内部はふたつに仕切られているので、必需品が探しにくいということもない。

サイズはMMサイズとPMサイズがある。どちらもコンパクトな見た目の割にたっぷり荷物を入れることができる。MMサイズの方が少し大きく、PMサイズはやや小ぶり。シルエットも、PMサイズの方がシェイプされた印象になっている。

モンテーニュ

ビジネスウーマンのために考えられたバッグがこのモンテーニュである。コンパクトで機能的なバッグと、というコンセプトで作られたモンテーニュは、必要なものをすべてこれ一つに収納できるようになっている。中央にはファスナー式のコパートメントと、ふたつのスリムなコパートメントが。

通勤、通学に必要なもの、すぐに取り出したいもの、会社や学校で使うものなどを区別して入れておくことができるので、バッグが大きくて大切なものがすぐに取り出せないという事態を防いでくれる。ストラップは取り外しが可能になっており、ハンドバッグとしてもショルダーバッグとしても使用が可能だ。

サイズはMMとBBがあり、MMの方が大きめになっている。仕事、学校で使う資料やファイルが多いという方やマザーズバッグとして利用したいという方はMMサイズを、コンパクトに荷物を持ち歩きたいという方にはBBサイズをおすすめする。

メティス

モノグラム・アンプラントの中でも人気が高いメティス。クラシックなくったりとしたシルエットがモノグラム・アンプラントの柔らかさをより強調し、さらに前面のポケットのレザーの切り替え、S字型のロックがアクセントとなっている。

深さがしっかりあるバッグなので、荷物が多い方、とにかくたくさん荷物を持ち運びたい方におすすめだ。カジュアルな印象のバッグながら、モノグラム・アンプラントの品格のある印象のおかげでカジュアルダウンせずに持つことができる。

ワンハンドルの取っ手がついており、ハンドバッグとして持つことが可能。さらに取り外しが可能な2本のストラップが付属しているので、ショルダーバッグ、斜めがけのバッグとしても活用することができる3way仕様となっている。

ファシナント

サンジェルマンはエレガントな女性らしい雰囲気を楽しめるコンパクトなバッグだが、こちらのファシナントはよりかっちりとした印象を与えてくれるバッグとなっている。薄型で、大きめの財布のような内装になっており、コンパクトながらすっきり目的別に荷物を整理して収納することが可能だ。

しっかりとしたシンプルなシルエットではあるが、ラグジュアリーなモノグラム・アンプラントとの相性もよく、女性らしいワンピーススタイルからモードな雰囲気のファッション、メンズライクなファッションとの相性もいい。

長さを調節できるストラップが付属しており取り外しが可能なので、ハンドバッグ、ショルダーバッグ、クラッチバッグと様々な使い方ができる。ストラップを外して大きなバッグに入れておけば、ポーチとしても活用が可能だ。

ポルトフォイユ・キュリユーズ

ポルトフォイユ・キュリユーズは、しっかりとした大きさのある長財布である。中の小銭入れは取り外しが可能になっており、バッグが小さいときでもいつでもポルトフォイユ・キュリユーズを使うことができる。もちろん中の小銭入れにもモノグラム・アンプラントの素材が利用されているので、地味になりすぎるということもない。

フラップ部分は封筒のような形になっており、全体をフェミニンな印象に仕上げてくれている。カラー展開が非常に豊富なのがモノグラム・アンプラントの魅力の一つでもあるが、モノグラム・アンプラントもほとんど全色が揃っている。カラーによって印象も大きく変わるので、自分のお気に入りのカラー、長く使えるカラーを探してみよう。

モノグラム・アンプラントの人気カラー

モノグラム・アンプラントはこれまでに18色のラインナップが登場している。どれもエレガントな深みのある色合いであるが、中でもどのようなカラーが人気なのだろうか。モノグラム・アンプラントのアイテムは、カラーによっても買取価格が変動する。人気のカラーをチェックして、自分が持っているアイテムは高く買い取ってもらえるか考えてみよう。

ジャイブル

ジャイブルは2013年に登場したばかりの比較的新しいカラーである。しかし、発表後その独特の深く女性らしい色合いが人気となり、今ではモノグラム・アンプラントの中でも定番のカラーとなっている。パープル、フューシャピンクを織り交ぜたような不思議な色合いは、ルイヴィトンの職人の技によって作られている。

このジャイブルという名前は、「ピンク・シティ」の異名を持つインドの都市や建物の名前にちなんでつけられている。バッグとしてこのジャイブルを選べばファッションのアクセントになってくれることだろう。

オリアン

オリアンは、モノグラム・アンプラントの中でも鮮やかな印象を与えてくれるオレンジカラーである。2011年に登場して以来、定番カラーとしてモノグラム・アンプラントのシリーズからは度々登場している。カラフルで心も元気にしてくれるような東洋の景色をイメージしたというコンセプトのとおり、華やかな印象を与えてくれる。

ノワール

モノグラム・アンプラントの中で初めてブラック系カラーであるノワールが登場したのは2014年のこと。ファシナントやサンジェルマンなどのハンドバッグは、ノワールのものは一層品格を感じることができ、お手頃な価格とは思えないゴージャス感を楽しむことができる。

ビジネスシーンで活用できるようなバッグでもノワールであればスーツ、オフィスカジュアル、オンでもオフでも使用しることができる。シンプルなアイテムがほしいという方には、ノワールは非常に人気の定番カラーである。

アメジスト

2014年に登場したアメジストは、ジャイブルよりもパープルの色味を強くしたカラーになっている。鮮やかながら落ち着いた印象のパープルはファッションのアクセントにもなってくれて、派手なカラーであるにも関わらず様々なファッションに合わせることが可能だ。

いつものコーディネートをランクアップさせたいという方におすすめ。年代を問わず使用できるカラーなので、中古市場でも人気が高い。

シリトン

優しく温かみのあるオフホワイトカラー、シリトン。2014年に発表されて以来モノグラム・アンプラントの中でも人気が高いカラーとなっている。イエローみが強いオフホワイトになっているので汚れが目立ちにくく、使い込むほどに深みのあるカラーを楽しめるようになっている。

バッグよりも財布、小物の方が人気が高い傾向にあり、女性らしいエレガントな雰囲気を楽しむことができるだろう。

モノグラム・アンプラントの買取相場

モノグラム・アンプラントの買取相場は、他のモノグラムシリーズよりも高めになっている。ルイヴィトンのモノグラムのアイテムはカジュアルに使うことができるアイテムが多いが、モノグラム・アンプラントはよりエレガントでパーティーシーンにも活躍するようなアイテムばかり。

比較的新しいシリーズということもあり、現在高めの価格で取引されている。新品未使用の状態のものであれば、定価の8割から9割での買取が可能だ。一般的な中古品でも、定価の4割から7割での買取が可能となっている。モノグラム・アンプラントは柔らかい素材を利用しているので傷がつきやすい。

そのため減額になるケースも多いが、きちんと手入れをしていたバッグ、財布、小物であれば納得のいく価格での取引が可能となるだろう。B品であっても定価の2割程度で買い取ってもらえるケースが多いので、処分してしまったりクローゼットの奥に放置したりするのではなく、きちんと買取査定に出すようにしよう。

モノグラム・アンプラントの査定ポイント

モノグラム・アンプラントの査定ポイントについてご紹介する。モノグラム・アンプラントを買取査定に出した際、どのような点で査定価格が決まるのか事前に確認しておこう。

保存状態

まずは保存状態。モノグラム・アンプラントは時代を問わず多くの年代の女性に愛されるようなアイテムばかりなので、トレンドで価格が上下することは少ない。反対にこの状態が査定金額のほとんどを決定する。保存状態はもちろんキレイな状態の方が買取金額は高くなる。

角の擦れがない、表面に傷がついていない、内側が汚れていない、ファスナーや金具を正常に使うことができるなど、最低限の状態確認は必須と言える。カバーや外箱などの付属品がきちんと揃っているかも査定ポイントとなっている。ストラップ付きのバッグであれば、これらの付属品もきちんと揃えてから買取査定に出すようにしよう。

カラーの需要

モノグラム・アンプラントからは18色ものカラーが登場している。同じ保存状態であっても、カラーに需要があるかどうかで買取価格が大幅に変動するというケースは少なくない。ノワール、アンフィニ、テールなど、ブラックやブラウン系のカラーは多くの人が手に取りやすく人気がある。

とくにコンパクトなショルダーバッグなどは落ち着いた色味の方が幅広い女性に人気だ。大きめのバッグは、ジャイブル、アメジスト、オリアンなど、華やかなカラーが人気になる傾向がある。ネージュ、シリトンといったホワイト系のカラーは汚れやすく、敬遠されがちである。

しかしその分キレイな状態で買取に出すことができれば、中古市場でキレイな状態で入手できるものが少ないため高価買取となる傾向がある。

アイテムの需要

カラーだけでなく、そのアイテム自体に需要があるかどうかも重要な査定ポイントになる。モノグラム・アンプラントの中でも常に高い人気を誇っているのが財布である。モノグラム・アンプラントの人気アイテム、ポルトフォイユ・キュリユーズはどのカラーであっても比較的高い金額で買取が行われるようだ。

ルイヴィトンの定番アイテムであるジッピーウォレットも高い金額での取引が可能だ。バッグは定番アイテムのキーポルの他、ビジネスウーマンに人気のトートバッグ、さらにパーティーシーンやデートに活躍するコンパクトなショルダーバッグも人気。

人気の形のバッグであっても、大きすぎるものはやや買取金額が低くなり、使いやすい手頃なサイズのものは高く買い取ってもらうことが可能。サイズ感も買取価格には大きく影響するので、自分の持っているバッグのサイズを把握しておくことをおすすめする。

まとめ

モノグラムを柔らかいレザーに刻印したモノグラム・アンプラントシリーズについてご紹介した。女性らしさ、落ち着いた雰囲気を楽しむことができ、自分のお気に入りのカラーを見つけることができるモノグラム・アンプラント。登場以来多くのルイヴィトンファンを魅了し続けており、新作が登場するたびに話題となっている。

モノグラム・アンプラントのアイテムは、比較的どれも高い金額での取引が可能だ。発売日から日が浅ければ浅いほど買取金額も高くなるので、もう使う予定がないというモノグラム・アンプラントのアイテムがあれば、早めに買取業者に査定を依頼してみよう。

ヒカカク!でブランド品を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

本物の価値がわかるプロにお任せください
あなたのブランド品
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「ルイヴィトン モノグラム・アンプラントの買取相場・査定情報を徹底調査」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する