ローランド キーボードの買取価格を6社で徹底比較

ローランド(Roland)は日本の楽器ブランドであり、キーボード、電子ピアノ、電子ドラム等の電子楽器や、ミキサー、アンプ、スピーカー等プロユースの音響機器を製造している。その繊細なサウンドには多くの定評があり、日本だけにとどまらず世界中で愛用される機材も数知れない。ローランドの中でもキーボードは音色の特徴を最大限に引き出すような工夫がされており、非常にユーザー目線の素晴らしいクオリティーで、初心者からプロまで絶大な人気を誇る。

今回はローランドのキーボードの買取価格を6社間で徹底的に比較してみた。高額売却の実現に向けて是非とも参考にしてみて欲しい。尚、本コラムに記載する価格は2016年3月12日現在のものであり、変動する可能性があるので十分注意しよう。


IMG_9410 / Ludovico Sinz [Cane Rosso (busy!)]

デジタルシンセサイザー ROLAND FANTOM-G8

2000年代後期に発表されたローランドのモンスターキーボード。88鍵盤。極上のサウンドを大容量内蔵しており、R&Bシーンで絶大に支持されている。

イシバシ楽器:85,000円

楽器総合買取のイシバシ楽器。かなりの高額買取価格だ。

Qsic:100,000円

神戸三宮の中古楽器店Qsic。渾身の10万円台最高買取価格だ。

implant4:92,000円

implant4
(0件の評価)
今が売りどき!

電子機器、電子楽器買取のinplant4。かなりの高額買取価格だ。

ヤフー買取:85,000円

YAHOO!JAPANが運営する買取サイト。かなりの高額買取価格だ。

4社買取価格を比較したところ

デジタルシンセサイザー ROLAND FANTOM-G8の買取価格を、イシバシ楽器Qsic(キュージック)implant4ヤフー買取の4社で比較した。

Fantom-Gは数年前に発表されたモデルで、後継機種が出ていないものの、現在はFAシリーズがワークステーションのフラグシップとなったため型落ちといえるモデルだが、当時高価格帯のシンセサイザーだったこともあり今でも多くの需要がある。そのため比較的高価格で売却できるのではないだろうか。しかしながら、早い売却に越したことはないので、売ると決めたら早急に行動することをおすすめする。

「implant4」ではマニアックな機材も取り扱っている

implant4は電子機器、電子楽器の買取を行う買取業者だ。かなりマニアックな機材も取り扱っており、同様に一般店では評価しづらい商品も買取ってくれるのがありがたい。買取価格表をウェブ上で掲載してくれているので、売却の際は一度参考にしてみよう。

デジタルシンセサイザー ROLAND FA-06

近年発表されたローランドの新しいワークステーションシンセサイザー。61鍵盤。豊富な音色とわかりやすいインターフェイスが幅広いユーザーから好評を博す。

イシバシ楽器:50,000円

口コミ評価の高いイシバシ楽器では、まずまずの買取価格となっていた。

買取大臣:57,348円

買取大臣
2.88
(194件の評価)
ココで売る!
今が売りどき!

何でも買取の買取大臣、かなりの買取価格だ。

Qsic:58,000円

Qsic(キュージック)も最高買取価格だ。

implant4:52,000円

implant4
(0件の評価)
今が売りどき!

implant4も納得の買取価格を提示している。

フジヤエービック:30,000円

音響映像機器のフジヤエービック、かなり控えめな買取価格となっている。

5社買取価格の比較結果

デジタルシンセサイザー ROLAND FA-06の買取価格を、イシバシ楽器・買取大臣・Qsic(キュージック)・implant4・フジヤエービックの5社間で比較した。

FAシリーズは現在ローランドのワークステーションシンセサイザーのフラグシップモデルとして多くの需要があるため、かなり高額で買取ってもらう事ができる。しかしながら他社ハイクラスシンセと比べるとコストパフォーマンスを強みとしている部分があるので、FANTOM-Gシリーズとは対照的に、型落ちする前に売ると決めたら、早急に売却することをおすすめする。

大手楽器店に負けない査定額が魅力的「Qsic」

Qsic(キュージック)はギター、ベースを中心に多数の楽器を販売している。販売用在庫を買付やメーカー卸を使用せず、全て買取で揃えている。そのため買取に非常に力を入れており、大手楽器店にも負けないと豪語する通り、かなり高額での買い取りを行ってくれるのが特徴だ。店頭買取と宅配買取のどちらも行っており、宅配に関する手数料はすべて負担してもらえるのもありがたい。

ローランド キーボードを高値で売るために

ローランド キーボードは中古市場でも人気が高いため、中古市場でも高値で取り引きされているようだ。では最後にローランドのキーボードを高値で売るコツを紹介するので売却前の参考にしてみてほしい。

汚れをおとしておく

所有しているローランド キーボードを売却する際は、付着したゴミや汚れを綺麗に落としておこう。汚れを落とすだけで査定評価が上がりやすく、高価買取が期待できるのだ。もちろん掃除する際は傷をつけないよう、あくまでも汚れを落とす程度にしておくのがベスト。

付属品などを揃えておく

ローランドのキーボードを売るときは、付属品をお忘れなく。ダンパーペダルペダルスイッチACアダプターなどのアクセサリー類も一緒に売却すると高額で買い取られる可能性が高い。また、説明書や保証書なども忘れずに売ることをオススメする。もちろん付属品や書類等が不足していても買い取ってはもらえるが、高額査定を目指すためにもなるべく完備させておくようにしよう。

まとめ

今回はローランド(Roland) キーボードの買取価格を6社間で比較した。ローランドのキーボードはJUNOやFAなどのモデルが人気を集めており、中古市場でも高値で取り引きされているようだ。また、状態のいいものや使用感の少ないものほど高額査定が期待できるだろう。

もしも買い替えや処分を機にローランドの人気キーボードを売却しようと思っているなら、本コラムで紹介した情報を参考に満足のいく取り引きを目指して欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「ローランド キーボードの買取価格を6社で徹底比較」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

無料査定