中古のバイク買取時によくあるトラブルは?対処法と注意点まとめ【初めての方必読】

乗らなくなったバイクを買い取りに出すときに、よくあるトラブルをまとめてみた。トラブルに見舞われた際の対処法とともに紹介しているので、ぜひチェックして欲しい。また、いくつかの注意点も頭に入れておき、満足できる形で買取して貰おう。


Motorbike / Oliver Thompson Photography

バイク買い取りによくあるトラブルは?対処法のまとめ

あまりにも納得できない買い取り条件の場合、詐欺を疑ってしまうものだ。しかし、そうとも言えないのが現実である。時には売主の知識不足によって不満が生じてしまうこともある。まずは査定前に、起こりえるシチェーションを把握するなど勉強をしておこう。

電話やネット査定の価格と違いすぎる

査定してもらう前には、あらかじめ電話で査定相場を確認したり、ネット査定を行おう。数社を比較して、一番高いお店へ買取してもらおうと考えていても、実際の査定額があまりにも違いすぎて、納得いかないということがあるからだ。

対処法:現物を見てもらうまでの査定金額はあくまで目安だと考えておく

少しの差ならわかるが、10万円以上も違うとさすがに不安になるし、納得できない。しかしながら、バイクの買い取り査定は車種やグレード、走行距離や年式などだけでなく、エンジンの具合やボディの傷など実際に現物を見てみないとわからいことだらけなのだ。

ネットでは、車種やグレードや走行距離などの最低限の情報のみで査定を行う。電話であっても、現物を見てもらっているわけではないので、正確な査定額をつかめない。よって、実際の査定が済むまでは、どのくらいの相場で売却できるのか検討がつかないと思っていた方がいいのだ。

買い取りできない、0円だと言われた

もしバイクを買い取ってもらえなかったり、0円と査定されたりするならば、それは「バイクとしての価値が無い」というシンプルなものだ。通常バイクは中古の相場で買い取り価格が決まるが、事故車などの状態が悪いバイクや盗難車、車検証やナンバープレートがない場合などは買い取りしてもらえないので注意が必要なのだ。

対処法:パーツ単体での売却を検討しよう

もし事故車だったとしても、解体してパーツとして価値があれば査定額がつき、売却できる。しかし、パーツとしても価値がないようなら廃車にするしかなく、売るどころか手数料を請求されてしまうことがあるので注意しよう。その場合は「廃車買取」という特殊な買取ジャンルになる。

また、ナンバープレートが盗まれてなくなってしまった時は、警察に届け出れば買取手続きを行える。車検証も自分で再発行手続きができるが、希望すれば業者が代行してくれるので時間がない方などは利用してみてもいいかもしれない。

買い取り後に査定額を下げられた

買い取ってもらった後に、価格を下げられて納得いかないというトラブルも多いだろう。「買取の後に値段を下げられるなんて別の業者にお願いするべきだった」と思う方もいるかもしれない。

このような問題が起こる理由は、査定時に見つけられなかった不具合が、査定後の点検や整備によって見つかってしまうためだ。そのような事態を踏まえて、買い取り業者はあらかじめ売買契約書に「後に発覚した問題によって買い取り価格を下げることがある」と記載しているところがほとんどである。こういったパターンだと、売り主は泣き寝入りするしかなくなってしまう。

対処法:契約書を確認!極端に安くなる場合は消費者センターに相談しよう

売買契約を結んでしまったのなら、もう買い取り価格は変えられないのであきらめるしかない。買い取り業者の行為は一見悪徳に見えるかもしれないが、契約書の記載通りに価格を引き下げただけで問題はないのだ。残念ながら、売り手にとってはあきらめるしかない。

しかし、中にはあらかじめそれを狙ってくる悪徳業者がいるのも現実。後に査定額0円になるパターンは少ないので、もし極端に安くて不信を感じるようならば、国民消費者センターなどで相談してみよう。

買い取ってもらった後に違約金や損害賠償を求められた

査定時に事故歴があることを隠していて後々発覚すると、違約金や損害賠償を求められることがある。通常、事故車は大幅に査定額を減額されるが、査定時に黙っていると買取後の整備のときに発覚してしまい、多額のお金を請求される恐れがあるので注意しよう。

また、査定時に傷などに気づかないふりをして、後から多額の費用を請求するような悪徳業者もあるので気をつけてほしい。

対処法:事故歴は正直に言う!契約書もしっかり確認

事故歴がある場合は、査定時に正直に申し出るのが一番だ。損害賠償を支払うことになると、買い取り価格を下げられてしまうよりも費用がかかってしまうので注意しよう。

また、違約金や損害賠償の契約書への記載があるのかどうかも、契約時にしっかり確認しておこう。悪質業者は後から書き足すこともあるので、写メなどで証拠を残しておくと安心だろう。

買い取ってもらったのに手続きが進まない

バイク購入時と同様に、手放すときも手続きが必要になってくる。買取手続きが滞りなく進めばいいのだが、時には業者の手違いなどによって手続きが進まないこともある。すると名義変更されないことによって、あらゆるトラブルの可能性が出てくるのだ。

バイクの買取手続きが進まないと、手元にないのにいつまでも税金を支払わなければならなくなってしまう。また、買取先で事故や駐車違反を起こせば、減点や反則金の請求がきてしまうかもしれない。こういった事態は何としても避けたいところである。

対処法:すみやかに連絡!悪意がある場合は消費者センターへ

もし、買取手続きが進んでいないような兆候が見つかったのなら、すみやかに買い取り業者へ連絡しよう。ほとんどありえないが、人間なので忘れているというパターンもありえるのだ。業者任せにしないことも、買い取りの際には大切だということを覚えておいて欲しい。

もし相手に悪意があるようなら、国民消費者センターへ相談するとアドバイスがもらえる。悪徳業者に出会わないためにも、業者選びの際にしっかりと買取実績を確認しておくことも大切だ。

申込催促の電話がしつこい

どの程度の査定額になるのかちょっと知りたかっただけなのに、一度電話や査定しただけでしつこく電話がかかってくることがある。もちろん、業者も商売なので営業活動をするのは当然なのだが、取引する側としては迷惑に感じるだろう。

対処法:もうバイクはないと伝える

しつこい電話をなくす一番の方法は、手元にバイクがなくなったことを伝えることである。たとえ別業者で査定中でも、もう売却してないことを伝えると、営業電話もなくなるだろう。

バイク買い取りの前の注意点、業者の選び方


MV Agusta F4 1000R at Helsinki Motorbike show 2011 / Dave_S.

上記のトラブル対処法を踏まえて、買い取りの際のポイントもいくつか紹介しよう。なるべく損をせず、高く買取してもらうためにはちょっとした「ひと手間」を行うことが大切なのだ。後々「こんなはずじゃなかった…」とならぬよう、ぜひ頭に入れておいて欲しい。

数社の買取価格見積もりを比較しよう

買い取りを検討している場合は、気になる業者すべてで査定を行い、価格を比較してから売却しよう。1社だけでは安く買い取られてしまう恐れもあり、買取相場もわからない。まずは気になる業者のいくつかで、比較することをおすすめしたいところだ。一括査定サイトを利用するのも一種の手だろう。

売買契約書の内容をしっかり説明してくれる業者だとベスト

もし契約に至った場合には、売買契約書の内容をしっかり質問して確認し、内容をしっかり説明してくれる業者だとベストだ。買い取り業者はあらかじめ売買契約書に、後々発覚した問題によって買い取り価格を下げることもあると記載していることがある。

経験上、同じようなトラブルを体験した業者も少なくないはずなので、お客様とトラブルにならないために、賢い業者ならあらかじめ買い取り価格が下がることを説明してくれるお店もあるはずだ。しかし、後から契約内容を変更してしまうような「悪意ある業者」では、絶対にこのような対応はありえないので、契約時に契約書の内容をしっかりと確認しよう。

おすすめのバイク買い取り業者

最後に、当サイトでオススメするいくつかの買取業者を紹介する。自分の納得できる価格で買取してもらえるように、しっかり比較して判断してほしい。

バイクワン

バイクワン
3.65
(26件の評価)
今が売りどき!

バイク買取の専門の「バイクワン」は、納得のいく形で丁寧に買取価格を説明してくれる業者だ。ヒカカク!のクチコミでも、良い評価がついている。

バイク王

バイク王
3.73
(113件の評価)
今が売りどき!

TVCMでも有名な買取業者だけあって、高額買取に自信をもっている。全国どこでも無料で出張査定にきてくれるのも好評だ。

一括査定サイトを利用しよう

愛着たっぷりの大切なバイクを引越や金銭的事情、買替えなど様々な理由で手放すことになった時、ぜひとも高値で買取してもらい現金を手に入れたいと誰もが思う。

しかし、高値買取を考えるとなるべく多くの業者に問い合わせる、査定を比較する、などの手間がかかる。

そこでおすすめなのがバイクを扱っている一括査定サイトだ。一括査定サイトは、バイク会社によって得意分野が異なるので、自分が買取してもらいたいバイクを得意とする業者を見つけやすい。

また一括査定サイトでは、大手の業者から地域に密着したタイプの小規模店まで幅が広く、日本全国のあちらこちらのバイク会社が提携しているので、より自分の希望に合った査定額を提示してくれる会社に出会えるチャンスも広がる

また、事故車や壊れたバイクは値が付かない可能性もあり、値がついても安くたたかれることもある。しかし業者によっては意外な高値査定額を提示してくれることもあるので、必ずしも最初から諦めない方が良い。

そうした買取業者に出会える確率があるのもこのサイトのいいところだ。なにより一括査定では最高価格と最低価格が一発で確認できる点だ。サイトの利用は無料なので、ぜひ試してもらいたい。

メリットとデメリット

一括査定サイトを使用するメリットとしては、インターネットで24時間365日対応しているので、自分の都合の良い時にいつでも査定を依頼することができる。仕事が忙しく時間がなかなか作れない方にも簡単にできる。複数の買取業者へ一斉に査定を依頼ができるので、査定された結果を簡単に比較することが可能なのが魅力だ。

また複数企業からの提示金額を参考にして、自分の条件に一番合った業者をこちらが選択することができるのはうれしい。利便性が高いだけではなく、インターネットが利用できる環境であれば無料で利用できるのもポイントだ。

いい事尽くしのように思える一括査定サイトにも、もちろんデメリットはあるのでしっかりと確認しておこう。

一番トラブルが多いのは、買取業者が提示した金額についての誤解だ。この金額というのは、自分のバイクの査定額ではなく、同じ車種のしかも状態の良い物の査定額だ。自分のバイクの実際の状態によっては買取金額がかなり変動することを理解しておくことはとても大事だと言える。

業者から提示された金額を鵜呑みにするのではなく、くれぐれも目安・相場として参考程度としサイトを利用するよう注意が必要だ。

また一括査定サイトを通して査定を依頼すると、自分の連絡先など個人情報を相手に伝える事になるので、必ず買取業者からの連絡がくる。電話やメールなどによる業者からの連絡がある程度は来ることをしっかり承知しておこう。

お客様獲得のため買取業者は他社と競争しているため、時には回数多く連絡がくる事があるかもしれない。連絡をもう必要としないと判断した場合には、業者にきちんと説明し断ることもマナーとして大事だ。

以上、一括査定サイトを利用する上でのメリットとデメリットをご紹介したが、いかがでしただろうか。

信頼できる業者であれば、査定や買取もしっかりとしているので安心だ。

また、アフターフォローも期待できる。ネット上での口コミや買取業者のHPがあれば取引き実績などを参考にするのもいいかもしれない。

何より一番大事なのは、自分の大切なバイクであるため、日々のメンテナンスや洗車を適宜行って綺麗な状態を保っておくことである。なぜならのちの査定に大きく影響するからだ。いざ買取しようとした時にはこうした一括査定サイトを上手に利用し、自分の希望により近い納得できる査定を丁寧に行う業者を見つけて欲しい。

バイク買取は信頼ある業者選びが大切

バイク買い取りのトラブルパターンは比較的似ており、以上のケースに集約される。「こんなはずじゃなかった」とならぬよう、あらかじめ把握すべきポイントや注意点や対処法についてまとめてみた。トラブル無きよう、入念に業者を選び、なるべく高く買取してもらいお金をゲットしよう。

買取比較サイトのヒカカク!ではバイク・オートバイの買取査定業者一覧を公開しているので、評判のいい業者を探すことが出来る。是非チェックしてほしい。また、バイク比較ドットコムという一括査定サイトを利用するのも効果的だ。70社を超える業者が登録しているため、確実に高額査定してくれるショップを探し出すことができるだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「中古のバイク買取時によくあるトラブルは?対処法と注意点まとめ【初めての方必読】」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから