原付バイク処分時の費用は?無料の出張引取り業者はどこがおすすめ?

原付は、車とは違い手軽に乗れたりするので、女性も最近は乗る人が増えた。そのため、機能の向上はもとより、デザインも可愛いものが増えたりしている。そこで新しい原付に買い替えようとする人もいる。もしかしたら、もう乗らないから処分しようとしている人もいるかもしれない。買い替え、処分、どちらにしても、どのように処分するのか決めているだろうか?なかなか原付の処分方法を把握できていないケースも見られる。

そこで今回は、原付の処分方法を紹介していく。基本的なことから、損をしない方法を紹介していくので、自分にあった処分方法を実践してもらいたい。


20070327_160250_P3270007 / くーさん

原付を処分する前に知っておくべき注意点

原付を処分する方法を知る前に、いくつかの注意点を把握しておくといいだろう。下記で紹介する注意点を知らずに処分してしまうと、思わぬ事件に巻き込まれる可能性が高まるからだ。

心配が残る処分にしないためにも、注意事項には目を通してから処分に移ってもらいたい。

廃車の手続きを必ず行う

原付を処分する際に最も重要な準備は、「廃車手続き」だ。これをしておかないと、身に覚えのない事件などの責任を取らされる可能性がある。なぜなら、処分する原付の所有者があなた自身になっているからだ。今は使っていなくて処分したと訴えても、所有者があなたになっていたら、責任を問われてしまうのだ。そうならないためにも廃車手続きが必要なのだ。

廃車手続きは市区町村の役所で行う

では、実際に廃車手続きをするにはどうしたらいいのだろうか?下記で簡単に説明するので参考にしてもらいたい。

廃車手続きは、市区町村の役所で行うことができる
廃棄手続きにはいくつか必要なものがある。

廃車申告書(役所の窓口やホームページでダウンロードが可能)
ナンバープレート
標識交付証明書
印鑑

これらのものが必要になってくるので、しっかり用意してから役所には行くようにしてもらいたい。
また、良くわからないのであれば、問い合わせをして疑問点を無くしておいた方が、当日スムーズに廃棄手続きに入れるだろう

自賠責保険会社へ連絡をする

原付の廃車手続きが終わったら、もうひとつしてもらいたいことがある。それは、自賠責保険への連絡だ。この連絡を忘れてしまう人が多いので注意するべきと言える。

なぜ自賠責保険へ連絡しないといけないかというと、保険料の払い戻しが行われるかもしれないからだ。すべての人に払い戻しがされるというわけではないのだが、自賠責保険の有効期間内であれば、払い戻しがされる。そのため、自賠責保険に連絡をした方がいいのだ。

原付の処分方法とは?

原付を処分する前に知っておくべき注意点や準備を上記では紹介した。紹介したことがすべて済んだら、次は実際に処分に移る。では、どのような処分方法があるのだろうか?下記で見ていこう。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する方法で処分することができる。基本的に不用品回収業者は、どんなものでも引き取ってくれるところが特徴だ。原付以外にも不要なものがあるのであれば、一緒に処分するということも可能だ。

しかし、中には悪徳業者もおり、廃棄手続きもしてくれると言っておきながら、実際は手続きをしないで、山林などに捨ててしまうケースもある。この場合は、所有者があなたのままなので、警察から原付が盗まれていないかなど聞かれたり、最悪の場合、不法投棄に問われたりしてしまう。このように身に覚えのないことで被害を被る可能性が出てくるので、不要回収業者に依頼する場合は、信用性が高いところに依頼しなければならない

廃車手続きもしてくれると言われてた場合は、証明書などを送ってもらったりして証拠を残すようにすることをおススメする。

さらに、不用品回収業者は、費用相場がなかなかはっきりしない。これは業者によって値段設定が違うためだ。そのため、高い請求をされても気づかない場合もある。損をしないためにも、いくつかの不用品回収業者に問い合わせていくらくらいかかるのか情報収取をするといいだろう

不用品回収業者は便利ではあるが、危険性も含まれていることを忘れてはならない。

原付処分の専門業者に依頼する

原付の処分を専門に行っている業者も存在している。そうしたところであれば、しっかりしたサポートも期待できる。業者によっては、廃棄手続きもしてくれて、その証明写真なども後程郵送してくれるところもある

しかし、やはり費用は掛かってくる。専門業者に依頼するということもあって、やや高めの費用になっているケースが見られる。5,000円~10,000円くらいととらえておくといいだろう。依頼する際に、費用なども詳しく聞いておこう。

リサイクルセンターでも原付を回収してくれる場合もある

リサイクルセンターでも原付を回収してくれるところがある。特に二輪車のリサイクルセンターでは原付も対象にしている場合もあるので、事前に問い合わせてみるといいだろう。

リサイクルセンターの場合は、自宅まで回収に来てくれて、尚且つ無料で引き取ってくれるところもあるので、費用を抑えたい人にとっては利用価値の高いところといえるだろう。

知人などに譲る方法もあり

原付の処分にはどうしても費用がかかってくる。その費用をおさえたいのであれば、知人に譲る方法も検討してみるといいだろう。知人に声をかければ、欲しい人が見つかるかもしれない。人に譲る方法であれば、処分費用はかからない

他人に譲るとはいえ、廃車手続きだけはしっかりやっておかなければならない。知人が事故を起こした場合は、あなたが責任を問われてしまうかもしれないからだ。

譲る時も細心の注意を払うようにしてもらいたい。

原付を買い取ってもらうことで処分が可能

原付を処分しようと考えると廃棄ということに囚われがちだが、柔軟に考えてもらいたい。廃棄以外にも、業者に買い取ってもらう方法でも処分ができる。原付は需要があるので、売ることができる。壊れているものでも買い取ってくれる業者まであるので、まずは買い取り業者に査定に出してみることをおススメする。

下記では、2つの業者を紹介するので、参考にしてもらいたい。

バイク王

バイク王
3.73
(113件の評価)
今が売りどき!

バイク王の名は、多くの人が一度は聞いたことがあるだろう。バイク王の買い取りまでの流れは、インターネットや電話で申し込みをして、買い取りをしてもらう日時を決める。申し込みをする際は、メーカー名、排気量などを聞かれるので、しっかり把握した上で申し込みをした方がいいだろう。

査定をするために無料で自宅まで来てくれて、査定額に納得ができ、3万円以内であればその場で、査定士から現金で支払われる。3万円以上の場合は銀行振り込みになる。

バイクワン

バイクワン
3.65
(26件の評価)
今が売りどき!

バイクワンの特徴は、とにかくスピードが速いと言える。日本全国に出張買取に出向き、即日で伺うようにしているからだ。さらに、申し込みをする前に自動で査定結果を出してくれるようにもなっているので、値段だけ知りたい場合などにも活用ができる

バイクワンでは、名義変更や廃車手続きなども代行してくれて、廃車証のコピーなどを3週間以内に送ってくれるというメリットがある。さらに、出張料や査定料なども無料になっているため、お財布に優しい業者と言える

このように買い取り業者によって、サービス内容や買い取り金額は異なってくる。そのため、自分に合った業者を見つけるために、2~3社は最低見ておく必要があるだろう。最適な業者を見つけて、後腐れなく原付を処分しよう。

まとめ

原付を処分する際は、必ず廃車手続きをしなければならない。この手続を忘れてしまうと、後々責任を問われてしまう可能性があるからだ。

原付の処分方法としては、不用品回収業者や他のリサイクルセンターに処分を依頼したり、知人などに譲ったりして処分することが可能だ。原付の処分をしてくれる業者の中には、廃車手続きを代行してくれるというところもあるが、完全には信じない方がいい。証明書やコピーを送ってくれるなら、信用性は高いがそのような証拠をもらえない場合は、実際に手続きをしてもらえたか判断ができない。悪徳業者で、不法投棄をされてしまったら、責任をあなたが問われてしまう。そうならないためにも、依頼する業者は信用性が高いところに依頼しよう。

原付は、買い取ってもらうこともできる。買い取り業者によって、サービス内容や買い取り金額が異なるので、2~3社に査定を依頼して、一番ピッタリのところに依頼する方法をおススメする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「原付バイク処分時の費用は?無料の出張引取り業者はどこがおすすめ?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから