岸田劉生 洋画作品の買取相場・価値まとめ

最終更新日:2019年07月15日
あなたの絵画
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

岸田劉生の洋画作品は、国内市場において高い買取相場で取引されやすい存在だ。インターネット上で公開されている買取専門店の査定情報や商品ページに目を通すと、高評価の理由とも言える岸田劉生の価値や魅力が見えてくる。また有名画家の洋画作品を歓迎するギャラリーや専門業者の増えた近頃では、岸田劉生のような人物が描いたものを高額査定につなげやすくなっていると捉えて良いだろう

今回は、ネット上の査定情報や買取相場から見えてくる岸田劉生の魅力に言及しながら、この画家の作品を納得の取引につなげる上で心得たいポイントを詳しく整理していきたい。

岸田劉生とはどんな作家?

岸田劉生は、大正から昭和初期に活躍した洋画家だ。ジャーナリスト・岸田吟香の息子として生を受けた彼は、白馬会の葵橋洋画研究所にて黒田清輝より創作の基礎を学び、19歳の若さで43年第四回文展に入選することとなる。また白樺派の同人などとの交友を深めたことにより大正元年にフュウザン会の結成に参加した岸田劉生は、この頃からパナードリーチ像や自画像といった肖像画の制作に積極的に取り組んでいたようだ

没後90年で再び注目を集める岸田劉生

死没から90年が経った岸田劉生作品の魅力は、2019年8月31日から開催される展覧会により、その注目度を再び高め始めている。東京ステーションギャラリーでおこなわれるこのイベントでは、日本近代史上孤高の存在とも呼ばれる岸田劉生の作品が数多く公開予定となる。

したがって、これから秋にかけてたくさんの美術品愛好家が展覧会に足を運ぶ2019年の岸田劉生は、今までよりも更になるファンの増加により売却のしやすい状況が生まれると言えるかもしれない

開運 なんでも鑑定団にも多く登場する岸田劉生の洋画作品

ちなみに岸田劉生の描いた作品は、人気テレビ番組・なんでも鑑定団にも多く持ち込まれている。2012年8月に持ち込まれた「輪廻」という油絵の下絵には、岸田劉生の中でも非常に珍しい宗教的な画であるなどの理由で、1,000,000円もの高評価がついている。

またなんでも鑑定団内で公開されたものには、数ある下絵の中で最も完成品に近いといった魅力により、ここまで高いプライスがつけられた経緯がある。ちなみにこの番組の公開金額は、洋画市場の買取相場とは少し異なる位置づけとなる。そのため、岸田劉生の洋画や下絵を所有する人は、番組を見て楽観視せずに良い状態のうちに専門店で価値判断をしてもらってみてほしい。

岸田劉生の洋画作品における贋作や偽物

ちなみに非常に人気の高い岸田劉生には、彼の作風を似せて描かれた贋作も少なくない実情がある。ちなみに過去のなんでも鑑定団にも、いくつかの贋作が持ち込まれた実情がある。しかしながら技法や哲学性といった多彩なポイントから査定のおこなわれる絵画の場合、岸田劉生の贋作であっても独創性やオリジナリティにより意外な買値がつくこともある

また美術品の買取市場では売り手自身がその価値に気づかないケースも非常に多いことから、自宅に岸田劉生のような洋画作品があるときには、捨てる前に後述する美術品鑑定や査定に強い業者に相談をしてみるのが理想となるだろう。

美術品・絵画買取センター

岸田劉生の作品を高価買取対象とする美術品・絵画買取センターは、おすすめ度の高い買取専門店だ。この業者の買取ページ内には、娘の麗子をモチーフとした「麗子像」の最新買取実績も公開されている。この作品における具体的な買取金額は、サイト内に表示されていない。しかしながら、自社オークションなども毎月開催する美術品・絵画買取センターなら、大事な洋画作品に高い価値をつける可能性は十分にあると捉えて良いだろう。

多様なお客様に対応できる美術品・絵画買取センターの

事前査定、買取、支払いといった部分で多くの選択肢を用意する美術品・絵画買取センターは、自分のライフスタイルに合った手段で岸田劉生の洋画作品を現金化したいと考える方々にも利用のしやすい専門店だ。まず電話・LINE・メールのいずれかでおこなわれる事前査定は、原則として24時間以内に返答できる形となっている

また査定士が自宅に来る訪問買取サービスを利用する場合、支払い方法に関しても現金もしくは振込から選べるシステムとなるようだ。このようにさまざまなポイントでお客様自身がサービス選択のできる美術品・絵画買取センターは、短いスケジュール内で岸田劉生の売却を目指す方々にもストレスのかかりにくい存在となるだろう。

我楽洞

我楽洞
1.0
(1件の評価)
今が売りどき!

過去に岸田劉生自身の自画像買取実績のある我楽洞では、買取ページ内で下記4つの代表作品の解説をおこなっている。

  • ・麗子立像(童女図)
  • ・道路と土手と塀
  • ・支那服を着た妹照子像

このように岸田劉生の活動を語る上で欠かせないシリーズの商品知識も豊富な我楽洞は、単純な査定依頼だけでなく、自慢の洋画コレクションにおける価値をアピールしたいと考える方々にも買取相談のしやすい存在となる。また色紙や短冊といった油絵以外も買取可能とする我楽洞なら、大きな洋画ではない作品の買取依頼もスムーズかつ気軽におこなえることだろう。

我楽洞における岸田劉生作品買取の流れ

この業者のサイトでは、お客様の自宅に訪問する出張買取の流れのみを公開している。査定士が自宅で鑑定・査定をしてくれるこのサービスは、運び出しや梱包の難しい大きな絵画作品の売却にも適した選択肢となる。また経年劣化の激しい大正時代の美術品は、絵画のプロに持ち出してもらった方が安全かつ確実に高価買取につなげられると言えそうだ。

ちなみに良心的な買取対応で定評のある我楽洞では、ロゴや店名の入っていない社用車を使って出張買取をおこなっている。したがって、近所の人に美術品や骨董品を売る事実を知られたくないと感じる方々にとっても、さまざまな配慮の詰まった我楽洞の買取システムは負担の少ない内容であると捉えて良いだろう。

アート買取協会

アート買取協会
3.63
(19件の評価)
今が売りどき!

美術品や絵画の市場で15年の取引実績のあるアート買取協会でも、過去に「菊慈童麗子」という岸田劉生の作品を取り扱ったことがある。作者名と作品名だけが公開されたこのサイトでは、買取作品の相場情報などの確認はできない。しかしながらダメージのある美術品でもきちんと買値をつけられるアート買取協会に相談をすれば、長きに渡って自宅の物置に眠っていた洋画作品も納得の査定につなげやすくなるだろう。

アート買取協会への問い合わせ時に調べておくべきポイント

メールや電話、専用フォームなどを使って買取相談に適切な返答をしたいと考えるこの業者では、問い合わせ前に下記3ポイントの調査とメモをすることをお客様にお願いしている。

  • ・作家名、作品名
  • ・絵画の技法(油彩・水彩・版画など)
  • ・(額を除いた)絵だけの縦横サイズ

問い合わせフォームやLINE査定などを使って複数のショップ間で相見積もりをする場合、本査定に近い金額を提示してもらうためにも、前述のような情報をきちんと調べて査定士に伝えることが理想となる。またこうしたWEBサービスに添付する作品写真は、自然光の明るい場所できれいに撮影する必要もあるだろう

おいだ美術

おいだ美術
5.0
(1件の評価)
今が売りどき!

過去に3件の岸田劉生作品を取り扱っているおいだ美術も、この作家の相見積もりどきにぜひ加えたい専門店だ。2019年6月17日現在この業者のサイト内では、最近売約済みになったばかりの「桃図」という作品が公開されている。落款・印譜・劉生の会鑑定書なども確認されているこの絵画は、間違いなく本物であると考えられる。

またおいだ美術などで岸田劉生の洋画作品を早く確実に売却するには、真贋の判定に用いるこうした付属品も一緒に査定に出すのが理想となるだろう

買取査定の方法がとにかく豊富なおいだ美術

下記のように非常に多彩な方法で買取相談を受け付けるおいだ美術は、インターネットの接続環境のないお客様や、遠方から岸田劉生作品を売りたいと考える方々にも利用のしやすい専門店だ。

  • ・電話
  • ・メール
  • ・専用フォーム
  • ・LINE
  • ・郵送
  • ・持込
  • ・宅配

これだけ充実した査定方法の中でどれが自分に合っているかの判断が難しい場合は、気軽に使えるLINEや電話でまずは問い合わせだけでしてみると良いだろう。

骨董品・美術品買取コネクト

骨董品・美術品買取専門店のコネクトでも、岸田劉生に関する非常に充実した買取ページを開設している。ファンの非常に多いこの作家を歓迎するコネクトでは、下記3つを買取査定ポイントに設定しているようだ。
  • ・真作か否か
  • ・作品の種類
  • ・鑑定書の有無

サイト内で鑑定書の存在にも触れるこの業者で岸田劉生の洋画作品を高額査定につなげるには、やはり絵画本体だけでなく購入時についてきた付属品も一緒に持ち込むのが理想となるだろう。

岸田劉生の描いた洋画作品における買取相場価格

有名画家の市場調査や買取経験の豊富なコネクトでは、サイト内で岸田劉生の買取相場についても言及している。まず近年の買取市場では、この画家の作品が20,000円〜500,000円ほどで取引されているようだ。

ちなみに掛け軸作品の「某戯図」は、460,000円ほどで買い取られた実績がある。また娘である岸田麗子の鑑定シール付き作品だった静物画の「花」には、100,000円ほどの買値がついているとコネクトのサイトには書かれている。

買取品目の種類が多いコネクト

下記のとおり非常に多彩な品物を取り扱えるコネクトは、終活や遺品整理、遺産相続といったシーンでも利用のしやすい専門店だ。

  • ・洋食器
  • ・楽器
  • ・ライター
  • ・毛皮
  • ・お酒
  • ・レトロ玩具
  • ・宝石
  • ・着物

これだけ多くの品物の価値がわかるコネクトを選択すれば、売り手自身が価値のわからない古いものをまとめて売却処分しやすくなる。またお客様では梱包や搬出の難しい岸田劉生の絵画や骨董品といったサイズの大きな品物は、ひとつの業者でまとめ売りをした方が出張買取などのスケジュール調整なども進めやすいと言えるかもしれない。

古美術やかた

やかた
(0件の評価)
今が売りどき!

京都府東山区に店舗を持つ古美術やかたでも、複数のページで洋画家である岸田劉生について言及している。販売終了後すぐに商品写真の削除をしてしまうこの専門店のホームページには、岸田劉生の洋画作品に関する査定情報や買取相場の記載はない。しかしながら数々のオークションや競り市に参加しながら長い実績を積み上げる古美術やかたなら、人気作家である岸田劉生の作品にも高い価値をつけてくれることだろう。

説明の丁寧さでも定評のある古美術やかた

良心的なサービスで知られる古美術やかたでは、買取依頼をされたお客様に真贋の説明などもしっかりおこなっている。こうした専門店に査定依頼をすれば、岸田劉生が描いたはずの絵画に高額査定のつかない理由なども容易に確認できる。

また岸田劉生などの洋画作品を正式鑑定機関に持ち込むと、鑑定費用がかかる実情もある。そのため、本物であれば売却につなげたいと考えている洋画作品がある場合は、無料で鑑定や査定などの手続きを進めてくれる古美術やかたのような専門店に持ち込むのがコスト削減につながる効率的な売り方となるだろう。

アート買取.net

スピーディーな取引で定評のあるアート買取.netは、とにかく早く岸田劉生の洋画作品を現金化したいと考える方々におすすめ度の高い専門店だ。22時まで受け付けている電話で問い合わせをした場合、その場で買取額を答えられるシステムとなっている。また宅配買取サービスにおいても商品到着後すぐに査定をしてくれるアート買取.netを利用すれば、地方都市で暮らす方々でも不要な美術品の現金化を早く完了できることだろう。

オークション代理出品もできるアート買取.net

この業者では、お客様から預かった絵画作品などを全国の各種オークションに代理出品するサービスもおこなっている。コレクターの多くが大注目する人気作家や人気作品の場合、こうした場所に出品をすることで、想像以上の高い金額で取引が成立することもある。

しかしながらオークションの代理出品には、運営会社とアート買取.netそれぞれに手数料を支払う必要がある。そのため、このシステムに高い関心のある人はまずアート買取.netに相談をおこない、自分の作品に適した方法で売却処分の手続きを進めていくのが理想となるだろう。

まとめ

大きな展覧会の開催により国内における注目度が一気に高まる2019年は、岸田劉生の描いた洋画作品におけるより良い売りどきであるとも考えられる。こうした時期に高い買取相場で作品の売却をするときには、なるべく当サイト・ヒカカク!などを使って相見積もりへの挑戦をしてみてほしい。

ヒカカク!で絵画を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

あなたの絵画
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「岸田劉生 洋画作品の買取相場・価値まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

LINE@で事前相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する