意外と知らないバイクの年式と買取相場の関係

読了目安:6分
最終更新日時:

バイクの年式とは、初年度登録の年式であり、一般的にナンバープレートを取り付けた年のことである。年式のことを、バイクが生産された年だと勘違いをしてしまう人も多いが、そうではないのでそこは注意して欲しい点である。例えば、生産が2014年だが、ナンバープレートを取り付け、走り始めたのが2015年である場合は、年式は2015年となるのだ。

意外と知らないバイクの年式と買取相場の関係
Scooter Girl Vilnius / FaceMePLS
あなたの自動車・バイク
買取価格を最大20社が一括査定!
簡単
1分

年式が新しいほど高く売れる

基本的に年式が新しく、走行距離が短いバイクであればあるほど高く売れるのは事実である。バイク査定では、バイクの年式車種によって基本買取額が決まっていて、そこからバイクの状態によって減額されていく方式が一般的である。

ただし、年式がたとえ新しくても状態が悪い場合は大幅に減額されることがあるので一概に年式が何年であればいくらとは言えない。

しかし逆に言えば、年式が古くても状態がよいバイクは高値の買取取引が期待できるだろう。日頃からメンテナンスしてあり、傷が少ない、走行状態が良好なバイクであれば、多少年式が古くても高い金額で買取される可能性が高くなる。

バイクは車に比べ年式による値落ち率が低い

実はバイクは車に比べ寝落ち率が低い商品である。バイクの値落ちは新車で購入後5年程度が最も値落ち率が高くなる。

しかし、車であると新車で購入後5年が経った車の買取価格は販売価格の45%から30%となってしまうと言われている。しかしバイクの場合は外装や車の状態が非常に悪い場合を除き、50%〜40%が一般的な割合。又、車種やバイクの状態によってさらに高値で買取されることもある。

知っている人も多いかもしれないが、中古のバイクでもかなり高額な値段で売っていることもあり、それと同じように買取業者が買うときも高額で買われることがある。

なぜバイクがなぜ車に比べ値落ち率が低いかというと、そもそもバイクは趣味で買う人が多いためであることが挙げられる。そのため、中古バイクの購入者は年式などをそれほど気にせず、欲しいバイクや、好きであると判断をすると構わず購入してくれるのだ。

又、バイクに関してはどの車種においても希少性が高い。バイクは年式によりカラーバリエーションの変更や、商品の仕様変更が多く、その年にしか買えないバイクなどが多い。バイク好きの人であれば、この年のこのモデルのバイクが欲しいといった理由で逆にその年式が理由で購入されることもあるのだ。

年式による減額が特に少ない車種

勿論人気のある車種は年式による価格の下落が他に比べ少ない傾向があるが、そういった車種は中古市場にたくさん出てしまっているという現実もある。飛び抜けて人気がある商品よりも、安定してある程度人気を保っている商品の方が特に年式による買取価格の低下が少ない傾向がある。

つまり、バイクのメーカーの看板になっている車種のバイクが最も安定して人気があり、年式による減額が少ない商品であるのだ。もし、そのようなバイクを持っていれば減額が大きくないと考えても良いだろう。

年式がわかると買取相場を調べられ、一括査定サイトなどで比較もできる

また、バイクの年式がわかっていると相場を知ることができるようになり、騙されるリスクを減らすことができる。バイクの査定においては安く買い叩こうとする業者がいることも残念ながら事実であるのでそこは要注意だ。

リスク回避の為に、複数の業者を呼んで比較見積もりをとることや、名の知れた大手優良買取店を利用する等の方法は比較的知られているので、それをしようと思っている人も多いだろう。しかし、以下の方法で相場を知っておくとさらに良いだろう。

そこで紹介したい最も効果的と考えられるのが、一括査定サイトを利用した査定比較だ。バイクであればバイク比較ドットコムというサイトがおすすめである。

バイク比較ドットコムでは、70社以上の業者が登録しているため多数の査定情報がオンラインで得られる。しかも、オンラインで一括査定ができ、最高額は約30秒で確認ができることもある。利用者数は50万人を突破していて、過去の買取実績に基づき買取相場データの公開、24時間以内に連絡をもらうこともできる。

また、場合によっては1時間でも売却ができるときもあるとホームページで謳っている。ただし、何度も述べているが、査定額をみてただ鵜呑みにすることは避けて欲しい。是非なぜこのような査定結果が出たのかを理解して査定額を見て欲しいので、そのためにも自分も基礎的な知識を持っておくべきだろう。

年式はメーカーによって表記が異なる

今まで簡単に年式についてナンバープレートを取り付けた年のことであると述べたが、バイクの年式は各メーカーによって調べ方、表記の仕方が異なる。売りたい商品の車種に合わせて調べ方を把握しておくとスムーズに買取相場の確認、査定額の理解につながるだろう。

調べ方は、車種がわかればネットで調べ方が掲載されている場合がほとんどでなのでそこを見ればわかることが多い。もしわからなければ、メーカーに問い合わせると教えてくれる。

また、250cc以下のバイクは車検制度がないため初年度登録を知ることが難しい。ただし、フレームに刻印されている型式から生産年代を割り出すことは可能であり、またはメーカーに問い合わせることで製造年がわかる。

しかし、250cc以下のバイクの年式がわからないことは、どの250cc以下のバイクでも言えることなので、250cc以下のバイクで年式不明は普通のことであり、あまり心配は必要がないだろう。

おすすめの買取業者3社

以下ではおすすめのバイク買取業者を3社紹介する。

バイク王

バイク王
3.54
(124件の評価)
今が売りどき!

中古バイクの販売もおこなっているバイク王は、バイクを高価買取してもらえることでも評判が高い。口コミの中には他社よりも高く買取ってもらえたというものも目立つ。初めてバイクを売却する人でも安心して利用できる。

レッドバロン

レッドバロン
3.86
(64件の評価)
今が売りどき!

レッドバロンもバイクの高価買取をしてくれる買取業者だ。高価買取の秘訣は徹底したコスト削減にある。スタッフの対応も丁寧なので、初めての人でも不安なく利用できるだろう。

バイクワン

バイクワン
2.92
(53件の評価)
今が売りどき!

バイクワンはオンラインで簡易的に査定ができる買取業者だ。ホームページ上のフォームに入力するだけで、大まかな査定額が出てくる。他の買取業者と比較するさいにも便利だ。

まとめ

ここまででバイクの年式による減額のされ方、車との減額率の違い、査定の際の利用して欲しいオススメのサイト、年式の見分けかたを紹介してきた。バイクは年式による減額は車に比べ低いが、やはり減額は否めなく、減額の理由年式の見方は十分頭に入れた上で査定に臨んで欲しい。

又、古いバイクであっても下取りに最初からおこなってしまうのではなく、買取業者に一度査定をお願いしてほしい。なるべく綺麗な状態で査定に向かえば、意外と高額で買い取られる可能性も高いので、希望を持って、知識を入れた状態で査定に向かおう。

ヒカカク!で自動車・バイクを高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大20社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

あなたの自動車・バイク
買取価格を最大20社が一括査定!
簡単
1分

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで多数の業者の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する