日本酒を売るならどこがおすすめ?

ヒカカク!で商品を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品を検索

    商品名で検索したり、カテゴリから探そう

  2. 査定依頼
    2査定依頼

    最大5社が買取価格を一括査定!(無料)

  3. 買取予約
    3買取予約

    査定結果が届いたら、買取予約をします

  4. 買取完了
    4買取完了

    商品を買取業者に郵送。現金を受け取ろう

飲まなくなった日本酒。日本酒って飲もうとして購入してもうっかり飲み忘れてしまう。 そんな飲まなくなってしまった日本酒を売れるのであろうか‥‥。ふと検索欄で調べてみると日本酒の買取サービス機関がずらりと並んでいる。

しかも高値で売るコツや買取手続き、さらには買取価格まで載っているではないか。 これは驚いた。飲まなくなった日本酒を買取してくれるとは実にありがたい。その買取金額で新しい日本酒を購入して、おつまみも購入できると期待するといつもの仕事もはかどるのではないだろうか。


Sake barrels / coniferconifer

高値で日本酒を売る方法5選

日本酒の買取方法や買取参考価格を紹介させていただこう。

日本酒を高値で売るコツ 1選目 適切な保存状態で保存する

適切な温度で日本酒を保存しないと日本酒自体にカビが生えたりして買取不可となってしまうケースがある。日本酒の適切な保存環境は1から8℃ぐらいの冷蔵庫内で立てておくのがベストなのだとか。 横に向けているとアルコールが抜けやすくなるため日本酒の美味しさが無くなるのだとか、香りの変化が早い日本酒はどんなものでも買取不可となってしまうので注意しよう。特に夏場でありがちなのが出しやすいからといって真夏の暑い床に日本酒を置いていること。最近の夏は暑くなっているので日本酒本来の香りが落ちやすくなるだけではなく、カビなども生えやすくなってしまっている。

日本酒をおいしく楽しむためにも、売るためにも日本酒は適切な環境で保存しよう。このように保存をすることによって日本酒の高額査定を目指せることができるといっても過言ではないだろう。 日本酒の保存は適当にするのではなく、きちんとおこなってほしいものである。

日本酒を高値で売るコツ2選目 ラベルははがさない これは、ビンの日本酒にありがちなことなのが購入後にラベルを外して飲むくせがあるという人はいないだろうか。また酔った勢いでラベルをはがしてしまう習慣がある人も注意が必要だ。なぜならラベルはその日本酒の特徴やブランドを表示している。そんな働きがあるラベルをはがしてしまうと当たり前だか、ブランドとしての価値がさがる。高級ブランドだったのにラベルがないので低額査定になってしまったケースもしばしばある。

日本酒を飲む際はラベルをはがさないように注意をお願いする。 ラベルをはがしてしまうと製造年もわからなくなってしまう。日本酒の買取でラベルの次に欠かせないのが製造年である。製造年が古いものほど価値があがっていくシステムである。

このようにラベルにはさまざまな役割があるのではがさないように心がけよう。もしはがしてしまった場合は買取の際にメーカー名など自分がわかる範囲の情報を買取サービス機関のスタッフに伝えよう。

日本酒を高値で売るコツ3選目 梱包はしっかりとしよう

日本酒を店舗で売りに出すのにしろ、宅配買取に出すにしろ、どちらにしろ梱包はしっかりとおこなおう。 めんどくさいからといって梱包をせずに持ち運びやたは発送をするとビンやラベルに傷が入るケースや日本酒自体の味が落ちてしまうケースも(真夏の場合は香りが変化したりアルコールが抜けやすくなる)。

梱包はビンやラベルなどの傷を防いでくれるだけではなく、日本酒の味の劣化も防止してくれる。梱包をしていたらもしも持ち運びの際落としてしまった時でもなんとかなるが、梱包をしていない状態で持ち運びをし、さらに落としてしまったら元もない。 日本酒を安全に運び高額査定を目指すためにも梱包はきっちりとおこなう必要がある。

梱包を丈夫にして買取サービス機関に売りに出し、高額査定を出し、そのお金で新しい日本酒を買い、おつまみも買って日頃の仕事のストレスを解消しよう。

日本酒を高値で売るコツ4選目 情報は正しく記入できているか確認を

当たり前だが、正しい情報を記入しないと買取手続きがスムーズに進まない。一番よくある間違いなのが口座番号の入力ミス。なかなか振り込まれてこないと思ったら自分の入力ミスで査定金額が振り込まれていなかったのだ。このような場合は無料で対応してくれる買取サービス機関があるが、場合によってはお金を取られてしまう場合も、丁寧に入力すればなかった過ちのためにお金を払わないといけないのは罪悪感がある。このように罪悪感がある出費を減らすためにも口座番号入力の際は1個ずつ番号を確認しながら入力をしたいものである。

口座番号の入力をミスしてしまうと最悪の場合査定金額が支払われない可能性だってあるのだ。報酬が支払われないなんておかしいではないと思うが向こうはきちんと振込手続きをおこなっているので向こうには責任はない。 とりあえず1週間以上経過しても査定金額が振り込まれないなと感じたら素早く買取機関サービスに問い合わせをしよう。長い期間経過してしまうと問い合わせに対応してくれないパターンも考えられるからだ。

日本酒を高値で売るコツ5選目 高価買取キャンペーンをしている買取サービス機関を選ぶ

高価買取キャンペーンのときに査定にだすか、キャンペーンがしていない状態で査定にだすか、違いはなさそうにみえるがいがいと査定額に差がでる。 たががキャンペーンされとキャンペーン。

自分が売りたいと思っている日本酒がキャンペーン対象なのかどうかをしっかりと確認した上で査定を出すと通常査定額にプラスしてキャンペーン査定額がつくので、キャンペーンを上手に活用し高額査定を目指すためにもキャンペーンの情報は定期的にチェックをしよう。

日本酒の買取手続き

次に買取手続きの方法について説明する。

その1 買取機関サービスを探す

日本酒の買取は専用の買取サービス機関でおこなっている。フリマアプリなどは飲食物は取引をしていないので注意が必要だ。 1番簡単で早いのはインターネットで検索をするという方法である。1つのページに約8個から10個程度日本酒買取サービス機関の情報が出てくる。しかもクリックをすれば、応募や買取参考価格が出てくるので大変便利である。

あとは、高値で買い取ってくれる買取サービス機関を探して応募画面に必要事項を記入するだけで買取を申し込める。買取サービスによっては申し込みコースがある場合があるので、好きな申し込みコースを選べばよいだろう。 買取の際に運転免許などの本人確認書類が必要となる。たかが買取ぐらいで本人確認書類がいるのかと疑問に思っている人もいると仮定するが、日本酒に限らず、物を売りに出す際は法律で身分証明書を出さなければならないので、事前に準備しておこう。

  • ※ただしマイナンバーカードは買取サービス機関によっては受け付けてもらえない可能性があるので、自分が利用したい買取サービスはどうなのか事前にチェックしておくことをおすすめする。

その2 梱包する

ダンボールなどの梱包素材を買取サービス機関に取り寄せた人は申し込みから2日から3日で届くので届いたら梱包作業を始めよう。自分で用意する場合はネットショッピングサイトやホームセンターなどで梱包作業を取り寄せよう。ちなみに豆知識だか梱包素材をネットショッピングやホームセンターなどで購入をする際は、ダンボールが5個未満必要な場合はホームセンターで5個以上必要なときはネットショッピングで仕入れるほうが安くつく

プチプチなどはホームセンターでもネットショッピングでも値段は変わらないのでお好みの方法で購入しよう。

梱包素材が揃えばいよいよ、日本酒を包む作業に取りかかる。この作業の注意点をあげるならば隙間なくプチプチなどの梱包素材を包むことであろうか。

梱包ができたら日本酒をダンボールに入れよう。この際買取サービス機関によってはダンボールに身分証のコピーを入れるように指示があるので指示通りにしたがっていれよう。

その3 発送する

いよいよ発送だ。日本酒や身分証のコピーを入れたダンボールを宅配サービス機関に送る。宅配買取だと自宅までスタッフが引き取りにきてくれるケースがあるが、コンビニや郵便配達を指定している宅配買取サービス機関がある。 このような場合はインターネットで手続きの方法を調べてその指示通りに手続きを進めるのが無難であろう。調べなくても郵便局の局員やコンビニの店員が手続きを進めてくれると思うが、自分で手続きの方法を知って損はないので調べるように心がけよう。

あとは、手続き通りに進めて発送して査定結果がくるなを待つだけだ。発送機能にはきちんと届いたかどうかを確認できるGPSのような機能がついているものがある。通常よりも料金が高くなってしまうが大切な日本酒がきちんと買取サービス機関に届いているのか確認するためにもGPS機能はつけておくことをおすすめしよう。

その4 査定金額を確認しよう

無事に日本酒が買取サービス機関に到着すると査定金額がメールにて送られてくる。

  • ※送られてこない場合はきちんと買取サービス機関に届いていない可能があるので、配達機関や買取サービス機関に問い合わせをしよう。

査定金額に納得をした場合は同意をする。納得がいかない場合はキャンセル手続きを進めよう。キャンセルをした際、返品に必要な送料はこちら側負担となるケースが多い。査定金額に同意をすると申し込みの際に指定した銀行口座に買取金額が振り込まれてくるので、きちんと入金されているかどうかを確認しよう。

この査定金額の確認の際に後悔しないためにも事前に買取サービス機関の買取参照価格を比較して日本酒を売りに出すようにしよう。

その3 振込を確認する

買取サービス機関によって少し前後があるが、最短で翌日から2から3営業日に査定金額が振り込まれてくる。(※土日祝日を挟む場合は振込が遅れる場合がある。) 1週間から2週間経過しても振込が来ない場合は買取サービス機関が振込を間違えているか、自分が振込情報を間違えて入力してしまっている可能性があるので、買取サービス機関にお問い合わせをしよう。

また、まれに買取サービス機関が金額を間違えて振込をしている可能性もあるのでそのような場合でも問い合わせをしよう。とにかく買取手続きで困ったら買取サービス機関に問い合わせすることをおすすめする。

日本酒を売るならこの買取機関5選

日本酒を売る際のおすすめ買取機関を5つ紹介させていただこう。

日本酒のおすすめ買取機関 その1 レッドバッカス

レッドバッカスのホームページから電話番号を問い合わせるとすぐに宅配キットを無料でくれるというから驚き、そんなレッドバッカスでは相談と見積りさらにもしものときのキャンセル手続きも無料でできるのだ。宅配買取と聞くと買取サービス機関があるエリアしか対応していないのかと思うが、レッドバッカスでは全国対応している。もちろん日本酒を発送する際の送料が無料である。

レッドバッカスの日本酒買取料金
商品名製造年月価格
十四代 龍泉2012年12月製14万円
十四代 龍泉2016年12月製20万から23万円
十四代 本丸-1万4000円

日本酒の買取価格は保存状態はもちろんのこと製造年、ブランド力も影響してくるのである。

なお、レッドバッカスでは宅配買取だけではなくオークションも対応している。宅配買取と同じようにオークションの申し込みページに行き必要事項を入力することによって気軽にオークションに参加できるのである。運がよければ定価以上の値段がつくオークションに参加してみてはいかがだろうか。

レッドバッカス
4.27
(26件の評価)
今すぐ電話で無料見積もり
050-3542-0024
受付時間: 09:00~19:00
無料で査定依頼する
今が売りどき!

日本酒のおすすめ買取機関 その2 大黒屋

大黒屋では、日本酒の宅配買取は受け付けていない。宅配だと配達中の破損や香りの変化が生じてしまうリスクがあるからだ。大黒屋での店舗買取の流れとしては、大黒屋のホームページにてお近くの大黒屋の店舗を探してアクセス方法を調べて店舗に買い取って欲しい日本酒を持っていく。日本酒を持ち運ぶ際は落下などの衝撃を防ぐためにプチプチなどの梱包素材に包んで持ち運びをしよう。

大黒屋の日本酒買取価格
商品名容量価格
十四代 純米大吟醸 龍泉720ml27万円
田酒 斗瓶取り1800ml1万円
出羽桜 万禮1800ml3500円

大黒屋は日本酒の他にもダイヤモンドやブランド品などの買取も受け付けているので、日本酒とダイヤモンドやブランチ品が眠っている人はこれを機会にして大黒屋に査定をしてもらってはいかがだろうか。

大黒屋(質屋)
3.55
(91件の評価)
今が売りどき!

日本酒のおすすめ買取機関その3 スパナ

スパナは日本酒やワインなどのお酒専門の買取機関サービスである。スパナの査定申し込み方法は電話査定、LINE査定、web査定があり3つの中から好みの申し込み方法で買取手続きを進められるのがスパナの特徴だ。 一般的な買取申し込み方法は電話やwebで申し込む方法があるが、LINEで申し込みをするとは新しい方法である。

スパナの買取価格
商品名容量価格
十四代 双虹 大吟醸1800ml7万円
田酒 斗瓶取り1800ml7000円
黒龍 石田屋 純米大吟醸720ml2万1000円

スパナの公式サイトにアクセスしてお好みの申し込み方法の欄をクリックまたはタップをするだけで買取手続きが進んでいく。何かと忙しい現代人向けの買取サービス機関なのかもしれない。

スパナ
(0件の評価)
今が売りどき!

日本酒のおすすめ買取機関その4 リカーオフ

リカーオフでは日本酒の買取だけではなく、販売もしている。極端な話リカーオフで日本酒を売って売れた金額でリカーオフで新たな日本酒を購入できるのだ。買取だけしか対応してないと新しい日本酒を購入するのに別の店を探さなければならないがリカーオフではそのような手間は一切かからない。

リカーオフの日本酒買取参考価格は残念ながら公式サイトに載っていないのでリカーオフを利用した人の口コミを紹介しよう。

  • ‘’全国の焼酎や日本酒を集めるのが趣味でしたが、飲み過ぎで肝臓を悪くしてしまい禁酒することにしました。そこで、今まで集めた酒類をなくなく処分することにしました。銘柄は魔王や森伊蔵などの超メジャーなものから、その土地にいかないと売っていない銘柄など、あわせて30本ほどです。ダンボールにつめてお店に持ち込むとすぐに査定してくれました。査定額は5万円ほどになりました。待ち時間は15分ほどでした。身分証を提示して、書類にサインをすると、その場で現金を受け取ることができました。’’

リカーオフでは宅配買取や店舗買取で日本酒を買取している。この人は店舗買取を利用したそうだ。店舗買取で待ち時間が15分とは早いと思う。

リカーオフ
4.15
(33件の評価)
今が売りどき!

日本酒のおすすめ買取機関 その5 ジョイラボ

ジョイラボお酒買取専門機関でwebにて無料査定も受け付けています。買取方法は、宅配買取、出張買取、さらには店舗買取まである。

ジョイラボもホームページに買取参考価格がのっていなかったので利用者の口コミをのせていただきます。

  • ‘’私は以前、森伊蔵というプレミア焼酎を売ったことがあります。この焼酎は中々手に入れることが難しく、定価で買うことは非常に困難なお酒です。ただ、皆さんに公平に定価で購入が出来るように電話抽選での申し込みがあります。これに申し込みをして当選すると定価で購入することができます。定価はおよそ4,000円ほどで購入できます。これにはプレミアがついているので買取業者に売りに出すと15,000円程で売ることができます。私もこちらの業者で14,000円で売ることができました。’’

ジョイラボは出張買取もしてほしい人におすすめの買取サービス機関である。

ジョイラボ
4.67
(18件の評価)
今すぐ電話で無料見積もり
050-3752-1061
受付時間: 10:00~19:00
無料で査定依頼する
今が売りどき!

まとめ

お酒を買取する際の注意点は梱包をきちんとしてから発送や店舗に持ち込みをすること、またフリマアプリは飲食物を販売することは禁止となっているので注意しよう。不要になったお酒が大量になる方は配達スタッフが自宅まできてくれる出張買取サービスを利用してみてもいいのいかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「日本酒を売るならどこがおすすめ?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

あなたの日本酒
買取価格を最大5社が一括査定!

×