本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ)陶器の価値・買取相場・査定情報

陶器は高額査定となる可能性が高い。買取において高額で売れる可能性の高いものは、簡単に売らないほうがいいだろう。高く売れるということは、損をする可能性も高い。また、陶器を収集しているコレクターは多く存在し、さらに陶器を買い取っている業者は、ネットの普及もあり現在増加傾向にあるので、リサーチはしっかりしたほうがいい。陶器を売るのであれば、売る前にしっかり情報やポイントを掴んでおくようにしよう。

そこで、本コラムでは、本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)にテーマを絞り、陶器を売る上で知っておくべき情報やポイントを述べていくので参考にするといいだろう。

本阿弥光悦について

では最初に、本コラムで取り上げている本阿弥光悦という人物について述べていく。この本阿弥光悦がどのような人物なのかを知っておくことは、本阿弥光悦の陶器の価値を知ることに繋がる。陶器を売るとき、陶器を作った人物や作家のことをある程度は知っておいたほうがいいので覚えておこう。

書家、陶芸家、芸術家と多岐に渡って活躍した人物

本阿弥光悦は、永禄元年〜寛永14年の江戸時代初期の書家、陶芸家、芸術家である。書は寛永の三筆の一人と称されるほどの人物であった。そして、その書流は光悦流の祖と仰がれている。それほど、本阿弥光悦が名高い人物である。

寛永の三筆の一人と称されるほどの人物である本阿弥光悦ではあるが、書だけでなく陶芸、漆芸、出版、茶の湯などの活動も精力的に行い、マルチな才能を開花させる。本阿弥光悦は、当時江戸時代に芸術村を築いていることも有名なエピソードとしてある。それだけ、芸術に対して貪欲に探求・追求した人物なのである。そして、本阿弥光悦は芸術家として日本文化に大きく貢献し、以後日本の芸術界にもたらした影響は非常に大きいと言われている。

本阿弥光悦の陶芸は常慶に習ったと思われる楽焼の茶碗漆芸では装飾的な図柄の硯箱などが知られている。漆工品などは、光悦本人がどこまで制作に関与したかは定かではないが、この本阿弥光悦の陶器は非常に価値の高い骨董品として、今でも売買されているので、売るときは慎重に売るようにしたほうがいいだろう。

本阿弥光悦の陶器は多くの業者で買い取られている

本阿弥光悦の陶器は、陶器のなかでも芸術性が高く、人気もある骨董品である。これは買取市場においても変わらず、本阿弥光悦の作品には人気があり、さらに名高い陶芸家である本阿弥光悦の作品には付加価値がある。そのため、本阿弥光悦の陶器であれば、高額査定になりやすい傾向にあるようだ。高い価値を持った陶器であるため、多くの骨董屋・質屋で本阿弥光悦の陶器は積極的に買い取られている。

また、本阿弥光悦の陶器を高額査定作家として挙げている業者も多い。本阿弥光悦ほどの人物となれば、どの作品も価値が高いので、慎重に売るようにしよう。

本阿弥光悦の陶器の査定情報

次は、本阿弥光悦の陶器の査定情報について。

本阿弥光悦の作品はどれも価値が高いので高額査定が期待できるだろう。ここでどのようなポイントが査定額に大きく影響してくるのか、査定情報も重要なポイントになるのでポイントをいくつか紹介していこう。査定ポイントを把握しておくことは、減額を減らすことに繋がる重要なポイントになる。

作者で査定額は大体決まる

陶器の査定で、最も査定額に影響するのは作者になる。この点はしっかり押さえておこう。陶器の買取において、作者は非常に重要なポイントになるようだ。基本的に骨董品は、いつの時代に描かれているものなのかという点と、誰が創作した作品なのかで大半の価値は決まると言われている。買取市場において査定額のほとんどが、この作者で決まるとも言われているようだ。

また、陶器はコレクター向けの市場になっているため、人気のある作家や人物の作品は高く売れる。つまり需要が高いものほど高く売れるということだ。

上記で述べたように、本阿弥光悦は国内で有名な陶芸家である。評価・人気ともに高い。そのため、本阿弥光悦の作品は高額査定となる可能性は非常に高いだろう。買い叩かれることなく売るようにしよう。

陶器の状態も大事なポイント

陶器の査定では状態の良し悪しが非常に重要なポイントとされている。陶器のような骨董品は、状態の良さが非常に厳しく査定される。陶器は鑑賞用の骨董品として、価値が高いため、作品の価値を大きく損なうような状態には厳しく減額になる。また、状態が酷い状態の場合、買取不可になることも多い。そうならないように、陶器の保管状態には気を配っておくといい。

普段から陶器の手入れやメンテナンスを欠かさずにしよう。悪い状態とはどんな状態について触れていくが、汚れ、ヒビ、キズ、デザインの擦れ、欠け、割れなどの状態は大きな減額になる。とにかく、状態の査定は厳しいので細心の注意を払っておくべきだ。

鑑定書や保証書の扱いも大事

陶器の鑑定書保証書にも価値があり、査定額に影響するので押さえておこう。この鑑定書や保証書があるのであれば、忘れずに持参して、一緒に売るべきだ。陶器の査定では、鑑定書や保証書は多くの業者でプラス査定となるだろう。骨董品の鑑定は難しく、鑑定士によっても鑑定が違い、価値や売れる金額は変わるので大事になってくるのである。

また市場に精巧な偽物や模倣品が多いという理由も重なり、鑑定書や保証書が出せる鑑定士の鑑定書や保証書などは非常に信頼が高い。そのため鑑定書や保証書に価値があるのだ。そして、鑑定書や保証書を一緒に売ることで、査定額は上乗せになることも多いので、鑑定書や保証書も忘れず一緒に売るようにしよう。

箱などの付属品にも価値がある

そして、陶器の査定では付属品も査定額に影響するので押さえておこう。陶器を入れる木箱や作家の書物などの付属品がある場合は、陶器と一緒に売るようにしたほうが高く売れる。これらの付属品も鑑定書や保証書と同様に、査定額は上乗せになることが多い。忘れずに付属品も一緒に売るようにしよう。

その付属品のなかでも、共箱と言われる、作家の本名のサインや印がある桐箱は非常に価値が高い。なので、共箱の状態にも注意しておくべきだ。

本阿弥光悦の陶器の買取相場

最後に、本阿弥光悦の陶器がどれくらいの金額で売れるかを述べていく。

できるだけ高く売りたいのなら、買取相場は把握しておくほうがいい。また、これは買取における基本的なポイントだ。売る前に買取相場をリサーチしてから、陶器を売るようにしたほうが損をせず売ることができる。

陶器の相場はわからないので注意を

では、ここで取り上げている本阿弥光悦の陶器がどれくらいの金額で売れるものなのかを述べていきたいが、陶器の買取相場は、調べてもわからないことがほとんどだろう。

というのも、多くの業者で実績や金額を公開していない。そのため、実際に査定へ出してみないと買取額はわからない現状である。基本的に骨董品の多くは明確な相場が掴めないので、もし、この本阿弥光悦の陶器を売る場合は、必ずいくつかの買取業者で見積もりを出してもらってから売るようにしよう。

そして各業者で提示された査定額を比較して、納得のいく金額を提示してくれた業者で売る方法がいいだろう。陶器の買取において、業者選びで売れる金額は決まるほど重要なポイントになる。

本阿弥光悦の陶器はどれくらいを目安にしたほうがいいのか

本阿弥光悦の作品は非常に評価・人気も高い。そのため、高額査定は期待していい。

では、どれくらいで本阿弥光悦の陶器は売れるのかについてだが、陶器の買取では、数十万〜数百万円で売れる陶器は多い。下記がその買取金額の一例となる。

  • 松井康成 大壺…800,000円
  • 加藤唐九郎 志野茶碗…1,200,000円
  • 13代酒井田柿右衛門 濁手花瓶…650,000円
  • 藤田喬平…600,000円
  • 島岡達三 皿…400,000円
  • 藤本能道 花瓶…250,000円

上記の買取金額からみて、本コラムで取り上げている本阿弥光悦の作品は数十万円〜数百万円で売れる可能性が高いと言えるため、上記の金額を目安にして売るといいだろう。

まとめ

本コラムでは、本阿弥光悦の陶器の買取相場・査定情報をテーマに、陶器を売るときに大事な情報やポイントを紹介した。

陶器のような骨董価値の高いものを売るときは慎重になるべきだ。骨董品の多くは非常に相場が掴みにくい。そして価値もわかりづらいだろう。なので事前にしっかりリサーチはやっておくべきだ。

本コラムで紹介した本阿弥光悦のような有名作家の陶器は高額査定となる可能性が高い。リサーチはより入念に行なうようにしよう。そして、本阿弥光悦の陶器を売るときは、陶器の買取では信頼できる業者を選んで売ることが重要なポイントになるので押さえておこう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ)陶器の価値・買取相場・査定情報」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

無料査定