端末代を抑えたい!人気のiPhoneを格安で入手する方法とは?

今や日本で最も人気があり、馴染みがあるスマートフォンと言えばiPhoneだろう。iPhoneは、スマートフォンとしての機能や使い勝手に優れているのはもちろんのこと、そのプロダクトデザインやインターフェイスデザインも秀逸で、数多くの人から選ばれているのも納得できる。

しかし、それだけ人を惹きつける魅力を持つからこそではあるのだが、iPhoneの端末価格は決して安くない。

ただでさえ携帯料金が高くなっているのに、そのうえで高価な端末を購入するのに負担を感じる人も、きっと少なくないことだろう。

そこで、そんな方々のためにも、ここではiPhoneを格安で手に入れる方法について紹介したいと思う。

従来はMNPで安く購入できた

従来、iPhoneを安く購入するオーソドックスな方法は、「MNP」をうまく活用することであった。MNPとは、"Mobile Number Portability"の頭文字を取ったもので、キャリアを変更しても、契約していた電話番号をそのまま使用することができるシステムのことだ。

例えば、docomoからauに、auからSoftBankに、SoftBankからdocomoにといった具合に、電話番号を変えずに他社に乗り換えることを指す。

各キャリア間の契約争奪戦は非常に激しく、それに伴うように、これまではどこもかしこも乗り換えをすることで大幅な料金割引を受けられる「乗り換え割キャンペーン」を行っていた。

しかし、報道にもあったように、総務省は各キャリアに対して、特定の条件を設けて該当者に対して著しく安価で端末を販売しないように指導している

同省は、「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」を策定し、明確にMNPによる過度な割引を是正するように釘を刺しているので、主なキャリアではMNPによる割引は期待できなくなった。

これまでの「乗り換え割」は、価格的にかなりインパクトがあった。高額なiPhone端末であっても、それほど負担がなく購入することができていたが、この流れは止まりつつある。

そのため、通常、契約時に端末を同時購入する場合では、新規であれ、機種変更であれ、MNPであれ、価格差はなくなってきている傾向にある。

限られた割引キャンペーンを活用する

MNPによる割引がなくなってきた今では、iPhoneを安く手に入れる最もオーソドックスな方法は、各キャリアが提供している限られた割引キャンペーンを利用することだろう。

iPhone端末の価格が安くなるキャンペーンの内容や諸条件は、キャンペーンごとによって異なるうえ、短期的であることも珍しくなく、キャンペーンの実施傾向は把握しづらいのが現状だ。

このため、もし各キャリアで行っているキャンペーンを活用しようと思うのなら、まずはどんな割引キャンペーンが実施されているのか、こまめにチェックするのが確実だ。

なお、本記事執筆時点(2017年6月)では、docomoが「家族まとめて割」という端末割引キャンペーンを行っていた。

これは、家族が一緒に「シェアパック」に加入したうえで、対象の端末を購入することで、その場で1台あたり税込5,184円引きになるものだ。

これは、iPhoneの主な現行機種も対象になっていた。この割引キャンペーンを活用すると、必然的に2台以上購入することになるので、合計10,000円以上の割引を受けられることになる。

しかし、先にもあげた通り、キャリアはある条件に適合した場合に限り端末を大きく割り引くといったことができなくなっている。

そのため、キャリアの割引を適用するのは便利ではあるものの、将来的にはあまり期待できないと考えたほうが無難だろう。

型落ちのタイミングを狙う

iPhoneは定期的に新機種が発表される傾向がある。その度に非常に最新機種は注目され、多くの人が最新機種を求めて機種変更を行うのだ。

最新機種にこだわらないならば、型落ちになった機種を利用するとよいだろう。値段も下がっており、契約もしやすくなっている。また、古いものは在庫からなくしたいという販売店の考えもあるので、更に安くなることが期待できる。

キャリア以外から端末を購入する

今では、残念ながら、キャリアの割引キャンペーンに魅力がなくなってきている。それならば、いっそのこと発想を転換してみよう。つまり、キャリアではなく、どこか別のところからiPhoneだけを調達することを考えれば良いのだ。

iPhoneに限ったことではなく、スマートフォンや携帯電話は、なにも回線契約をするキャリアから同時に購入しないといけないという決まりはない。そう、別にどこからか対応端末を購入して、キャリアとは回線契約だけすれば良いだけの話なのだ

やれキャリアだ、やれ回線だ、やれ対応端末だと、あまり詳しくない人からすれば「よくわからない」ので、結局はキャリアで回線を契約するときに、まとめてお願いするのが都合が良いとなっているわけだ。

iPhoneの端末を手に入れるには?

では、どこでiPhone端末を購入するのがお得なのだろうか。下記ではお得に端末を手に入れる方法を紹介する。

Amazonや楽天などで購入する

ネットショッピングといえば、Amazon楽天。これらメジャーなショッピングサイトからでも、iPhoneを割安で購入することができる。

新品はもちろんだが、中古品を取り扱う店舗も多くあるので、とにかく安さを重視するなら、中古品を購入するのも一手だろう。Amazonや楽天に限らずとも、他のショッピングサイトでも販売されているので、いくつか比較検討してみるのも良いだろう

家電販売店で購入する

ヨドバシカメラやビッグカメラなど、多くの家電販売店でもiPhoneを取り扱っている。ホームページで在庫の確認ができたりと便利なものが多い。

中古品などに比べると高く購入することになるかもしれないが、一番信頼度が高い購入先といえるだろう。

中古スマホ・アウトレットの専門店で購入する

Amazonや楽天などの総合型ショッピングサイト以外にも、中古のスマホやアウトレットを専門に取り扱う店がある。ウェブショップだけのところもあれば、実店舗も持つところもある。実店舗では、端末の実際の状態を確認できるので、心配であれば実店舗をおすすめしたい。

上記にも記したが、型落ちのタイミングではそれまでの機種が多く並ぶ可能性が高い。安く手にいれたいのなら、そのタイミングも狙っていこう。

下記ではおすすめの中古スマホ・アウトレットの専門店を紹介するので、参考にしてほしい。

イオシス

けっこう安い。」という看板が目印のイオシス。創業20年以上の専門店だ。店舗は秋葉原に4店舗、大阪に2店舗、名古屋に1店舗となっている。白ロムやPCの中古品販売台数は年間120,000台にのぼる

iPhoneの価格は非常に安いものから定価近くのものまで様々だが、動作確認などを行い、クリーニングされているので安心して利用できる。商品はランク分けされているので買う際に参考にしよう。

商品保証もついている。未使用品6ヶ月の無償修理、交換保証中古品ランクA,B,C1ヶ月の無償修理、交換保証がある。修理も交換も難しい場合は返金してくれる場合もある。手厚いサービスが魅力的だ。

  • iPhone5 LTE 32GB-CDMA ME042J/A 中古ランクC ¥8,980
  • iPhone5s LTE 16GB NE332J/A 中古ランクC ¥10,800
  • iPhone7 128GB-CDMA A1779 中古ランクA ¥74,800
  • iPhone6s 64GB A1688 (NKQQ2J/A) ¥32,800
イオシス
4.12
(43件の評価)
今が売りどき!
モバックス

スマホをメインに買取から販売まで行っている専門店。関西を中心に店舗が展開されており、大阪に7店舗、京都に2店舗、兵庫に3店舗、名古屋に4店舗、福岡に3店舗展開している。

どちらかというと買取の方に力を入れている。買取実績もホームページで確認することができる。

  • iPhone 7 32GB MNCG2J/A 新品未使用 ¥57,500
  • iPhone SE 128GB MP882J/A 新品未使用 ¥45,000
  • iPhone 6s Plus 128GB 新品未使用 ¥64,500
  • iPhone 6 16GB 新品未使用 ¥29,500
イオシス
4.12
(43件の評価)
今が売りどき!
じゃんぱら

全国に展開している中古電子機器の取扱店。スマホの買取、販売も行っている。赤ロム保証に対応しており、安心して利用できる

北日本に3店舗、関東に22店舗、中部に5店舗、近畿に7店舗、中国に1店舗、九州に3店舗がある。ホームページから自分のいける店舗を確認してみよう。

ホームページではセール情報なども随時更新されている。定期的に確認して、一番安く購入できる時期を探ろう。

iPhoneの修理も行っているので、確認しておこう。現在中古品購入の際に新品バッテリーに割引価格で交換できるサービスを行っている。交換したバッテリーは3ヶ月保障がついているので安心だ。

    • iPhone 5 16GB MD297J/A 中古 ¥5,980~
    • iPhone 6 128GB MG4E2J/A 中古 ¥24,800~
    • iPhone SE 16GB MLLP2J/A 中古 ¥26,300~
    • iPhone 7 128GB (PRODUCT)RED Special Edition MPRX2J/A 中古 ¥53,800~

    ネットオークションは慎重に

    店から購入する以外にも、ネットオークションを活用して個人から購入することもできなくはない。しかし、この場合は、いくぶん慎重にならざるを得ないだろう

    例えば、今話題の「メルカリ」などでも、iPhone端末が出品されている。しかし、必要な情報が完全に載っていない場合も多く、問い合わせたところで、出品者が個人である以上、情報が誤って伝えられたり、わからないとなったりすることが懸念されるのだ。

    最悪の場合、対応していない端末を購入してしまったり、通信不能な「赤ロム」をつかまされてしまったりして、返品に応じてもらえないなどのトラブルにつながりかねない

    ネットオークションを活用すると、うまくいけばかなり安価に購入できるのではあるが、個人間での取引となる以上、安心や信頼性の面で劣るということを忘れないでほしい

    個人間の取引では、多くのトラブルが起きていることを忘れてはいけない。高額なiPhoneの取引では十分注意が必要だ。

    購入時の注意点

    なお、キャリア以外から端末を購入する場合、主に気を付けなければならないことが2つある。

    1つは、機種とキャリアが対応するかどうかだ。iPhoneを買ってdocomoまたはdocomo系回線で契約をするのならdocomoのiPhoneを、auまたはau系回線で契約をするのならauのiPhoneを購入するといった具合だ。不安なようなら、できる限り問い合わせて、確認を取ってから購入すると良いだろう。

    もう1つは、前でも少し触れたが「赤ロム」は避けなければいけないということだ。赤ロムとは、端末の前の所有者が割賦代金を支払わなかったり、端末自体が盗難品であったりする場合に、通信業者から通信をロックされた状態の端末のことだ。

    つまり、赤ロムでは、回線契約ができなく、ほとんど利用価値がなくなる。大手販売店や専門店では、赤ロムかどうかの状態について説明してくれているのでまだ良いが、個人間の取引では特に注意したいところだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「端末代を抑えたい!人気のiPhoneを格安で入手する方法とは?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

無料査定