【利用前に】違法ではない?!iPhoneの「脱獄」とは何なのか?脱獄方法を一挙ご紹介!

読了目安:7分
最終更新日時:

iPhoneの「脱獄」という言葉を聞いたことは無いだろうか。脱獄とは何なのだろう。またその表現から想像される悪いイメージもある。違法ではないのだろうか。様々な疑問に答えつつ、iPhoneの脱獄の方法を紹介してみようと思う。なお、脱獄については一切、自己責任でおこなっていただくことがこのコラムを読む条件だ。ご注意いただきたい。


iPhone 4 / renatomitra

あなたのiPhone買取価格を
最大5社が一括査定!
かんたん1分!
フリマアプリと違い売却時の手数料無料

脱獄(JailBreak)とは何か

脱獄とは、Appleが製品に対してかけている制限を解除し、その端末本来の能力を発揮させるための行為である。これによりAppleに認定されていない、すなわちApp Storeからはダウンロードできない非公式のアプリケーションを使用できるようになる。しかしながら、Appleの規約違反となり、公式サポートなどを受けられなくなってしまうアブナイ行為なのだ。

Jay Freeman氏が運営するCydiaという独自のアプリプラットフォームからアプリをダウンロードできるようになる。Cydiaとは、「リンゴの青虫」を意味し、アップルに対して挑戦を叩きつける意思がうかがえる。

違法性はあるか

結論から言うと、(現在のところ)日本において脱獄という行為はAppleの規約違反ではあるが違法というわけでは無いので安心してほしい。もちろん推奨されているわけでは無いので注意が必要だ。ただし、脱獄後に一部の人がおこなっている有料アプリを無料でダウンロードする行為には違法性がある。絶対にやってはいけない。

脱獄のメリット

  • ・(スクリーンショットを含む)カメラのシャッター音が消える
  • ・フォントを好きなものに変えられる
  • ・メニュー画面等テーマをフラットデザインでなく、Android調など自在に変えられる
  • Androidをインストールし、iOSを辞める
  • ・テザリング未契約プランでテザリングする
  • ・スーファミやプレステといったゲームをエミュレーターでプレイ
  • アプリ画面含むすべての画面をテレビ出力できる
  • ・広告のブロック
  • ・マルチタスクを一括で終了
  • ・ロック画面、ホーム画面、コントロールセンター、通知センターのカスタマイズ
  • ・SIMロック解除(SIMフリー化)

脱獄のデメリット

  • セキュリティの脆弱性
  • Appleのサポートを受けられなくなる
  • 端末に不具合が出る可能性が高い
  • ・端末の処理能力が下がる可能性がある
  • ・情報がネット上にあまりないのでトラブル時に調べないといけない

それでも脱獄したい人は以下のツールで脱獄できる

まずは、Pangu.ioというツールを使用する。使用前に、iOS8以上にバージョンアップする必要があるので注意。ダウンロードしたツールでiPhoneを脱獄させる。するとCydiaというアプリがダウンロードされる。AppStoreではなく、Cydiaというアプリからアプリを今後はダウンロードできるようになり、晴れて様々な脱獄メリットを享受できるようになる。

脱獄前の注意事項

上記、Pangu.ioというツールの対応バージョンが使用しているiPhoneに合っているかはよく確認しなければならない。ここで、対応していないバージョンの場合、iPhoneが故障し、使いものにならなくなる可能性がある。もちろんAppleのサポートも受けられないので、救いようが無くなってしまうかもしれない。

脅してはみたが、iTunesからバックアップを使って設定を工場出荷時の状態に戻しつつ元の状態に戻すことも可能らしい。その情報については自身でもしっかり調べてみてほしい。その上で脱獄するかどうか決断するべきだろう。

メリットは薄れている?

メリットもありそうな脱獄ではあるが、リスクは大きい。また、AppleのiOSがバージョンアップされるにつれて、標準OSでもさまざまなことが実現されてきた。今では、わざわざ脱獄しないでも割と自由なiPhoneライフを楽しめるようにはなっている。それでも脱獄というリスクのある選択を好むなら自己責任で。

SIMロック解除:ファクトリーアンロック

SIMロックを解除するために脱獄を検討しているのであれば、ファクトリーアンロックサービスを利用すると良いだろう。ファクトリーアンロックとは、キャリアではなく業者に依頼してSIMロックを解除してもらうという方法である。

手数料としていくらか払うことになるが、脱獄に少し近く、擬似的な形でSIMロックを解除することが可能だ。ただし、ファクトリーアンロックはあくまでSIMフリー化するためのサービスであり、上述した脱獄全てのメリットを享受できるわけではない

格安SIMを使えるようになったり、海外でプリペイドSIMカードを使えるようになったりと良いことが多い。国内ではいくつかの対応業者が存在したようだが、ファクトリーアンロックサービスを停止している業者もあるため注意しておこう。

【完全自己責任の裏ワザ】SIMロックiPhoneをSIMフリー化してくれるファクトリーアンロックサービスに迫る!このコラムをチェックする

脱獄するより買い替えた方が良い?

iPhoneを脱獄させるとSIMロック解除や自由自在にカスタマイズすることができるが、果たしてそこまで面倒な工数を割く必要はあるのだろうか。脱獄すると処理能力が下がる恐れがあり、万が一故障したとしてもAppleの公式サポートを受けることはできない。

それなら新しいiPhoneに買い替えた方が良いのではないだろうか

スペックの高いiPhoneに変える

たしかに新しいiPhoneに買い替えたとしても、脱獄のように様々な機能を享受することはできないだろう。しかし、年々進化するiPhoneには新機能が続々と搭載されており、脱獄する必要がないほどバージョンアップしている

脱獄せず、新しいiPhoneに買い替え、よりスペックの高いiPhoneにランクアップする手もあるのだ。

SIMフリー端末を買うなら

iPhoneは売られていないが、SIMフリーの端末を「goo SimSeller」で購入してしまえば、自由度の高いスマホを手に入れることはできる。

また、弊社のサービスの一つ「smama(スママ)」では、iPhoneを含む多種多様なスマホが出品されている。中古品から新品まで幅広いiPhoneが出品されており、予算に合わせて選べるのも特徴。さらに購入だけでなく出品することも可能。売値を自分で設定できるため買取業者で売るより高額売却が期待できるのだ。

不要なiPhoneの出品はプロにお任せ

買い替えの後には、不要になったiPhoneの行方にも気を配っていただきたい。新モデルが発表されると市場価値は下がっていくため、使わないのであれば早々に売却するのが得策だ。

スママの出品代行サービスなら、面倒な商品の写真や説明文、買い手とのやりとりは一切不要。iPhoneを送るだけで、スママサイトの公式出品としてプロが代わりに検品、出品作業をおこなってくれる。詳しくは下記をチェックしていただきたい。

スママの出品代行サービス

買い替えの後の通信には

不要になったiPhoneを買い取ってもらうのはもちろんだが、新しいiPhoneの通信会社にも目を向けてほしい。大手キャリアを使用している場合などは、もっと月々の利用料金を安くしたいと考えることもあるだろう。そういった場合におすすめしたいのが格安SIMという選択肢だ。

さまざまな格安SIM会社があるなか、知名度が高く注目度も増している格安SIMと言えばY!mobileだろう。下取りプログラムやPayPayのボーナスが付くキャンペーンも実施中でお得に利用できる。(2019年11月時点)

5.00
査定実績
0
対応買取形式:宅配店頭出張
取扱商品
スマホ・携帯電話
地域
なし
特徴
なし

脱獄する前に様々な選択肢を考えるべき

あくまでも脱獄は自己責任となるためリスクを考慮した上で行うか行わないかを判断することが大事である。実際のところ故障するリスクなどを考えると、脱獄するよりも新しいiPhoneに買い替える方が良いと言えるだろう。

ただ、他のスマホと比べるとiPhoneは高額であるため買い替えに抵抗があるかもしれない。そんなときは「スママ」で安く本体を購入して、古いiPhoneを自分の納得のいく価格で売却してみてはいかがだろうか。脱獄する前に様々な選択肢を考えてみるのも一つの手なのだ。

iPhoneの買取業者の比較一覧表

ロゴ
業者名Y!mobile
評価スコア
5.0
買取形式
宅配店頭出張
送料
振り込み手数料
現金化スピード
梱包材

【利用前に】違法ではない?!iPhoneの「脱獄」とは何なのか?脱獄方法を一挙ご紹介!へのコメント

コメントを投稿しませんか?
コメントはまだありません

ヒカカク!でiPhoneを高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大20社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

あなたのiPhone買取価格を
最大5社が一括査定!
かんたん1分!
フリマアプリと違い売却時の手数料無料

運営会社

会社名
株式会社ジラフ/ Jiraffe Inc.
設立
2014年10月29日
資本金
11.6億円(資本金・資本準備金含む)
株主
East Ventures、TLM、アドウェイズ、ドリームインキュベータ、アナグラム、ポケラボ創業者 佐々木俊介、アイ・マーキュリーキャピタル、GREE、アドベンチャー、メルカリ、hey代表取締役 佐藤裕介、Amazon Japan創業者 西野伸一郎、DGベンチャーズなど
E-mail
info@jiraffe.co.jp
代表者
代表取締役社長 麻生輝明
所在地
〒164-0012 東京都中野区本町1丁目23番9号 NIDビル3F
企業理念
2030年のスタンダードをつくる
事業内容
インターネットサービスの企画、開発、運営。中古機器の買取、販売。
従業員数
60名
古物商許可番号
東京都公安委員会 第303311606477号

買取業者を周辺から探す

買取業者を地域から探す

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する