遺品のレコードを売るならどこの買取業者がおすすめ?

ヒカカク!でレコードを高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

遺品でレコードが見つかることは珍しくない。少し古臭いアイテムといった印象だが、実はレコードにはレコードならではの価値があり、今も利用されている。必要とする人へ渡せるよう、売却するのも良い供養になるだろう。では、売却先はどこが良いだろうか。

レコードは売れる!

レコードの人気が再燃している。CDやダウンロードで聞くのとは、違った楽しみがあるためだ。

レトロな魅力

まず、レコードなら音楽を所有するという感覚を強く味わえる。大きくて存在感があり、ジャケットを並べると壮観だ。軽々しく扱えない威厳がある。

次に、レトロな雰囲気が魅力的だ。この時代にあえてレコードというのは、趣がある。利便性ばかりを追求しておらず、余裕に満ちている。その余裕が、音を楽しむという行為に相応しい。レコードプレーヤーにセットしたり、ひっくり返したりするのも、面倒くさいようで楽しい。

音質が良い?

また、レコードは音質が良いと言われ、よく「音が分厚い」と表現される。MP3やCDの方が新しい技術であるため、意外に思う人も多い。感じ方は人それぞれなので断言できることでもないが、事実音質にこだわる人は口を揃え、レコードを褒める

レコードを聞くためのレコードプレーヤーは、意外と手頃な価格で購入できる。Amazonを見てみると、安いもので6,000~7,000円程度。USBに接続するタイプのものもあり、使い方も簡単である。

希少価値があるレコードは高額になる可能性も

以上の理由から、レコードには需要がある。需要があるということは、値段がつくということだ。古いレコードには、骨董的価値を持つものも多い。希少価値が高い場合、1枚で10万円以上ということもある。

亡くなる方は、もちろん高齢者の比率が高い。遺品として廃盤・名盤のレコードが出てくることはあり得る。間違っても捨てて欲しくはない。遺族が聴かないのであれば、必要とする人に渡るよう売却しよう。おそらく、多くの故人はそれを望むだろう。売却先は、レコードを一つひとつ丁寧に査定してくれる専門業者が良い。どのような業者があるだろうか。

エコストアレコード

エコストアレコードは、都内数ヶ所(渋谷区松濤、宇田川町、世田谷区下北沢など)に店舗を持つレコード買取業者。CDやオーディオも取り扱う。

遺品査定士も在籍する老舗

レコード買取歴は25年以上の老舗で、実績は豊富。スタッフもレコードに精通している。中には遺品査定士の資格を持ったスタッフもいて、遺族の気持ちに寄り添い、心を込めて取り扱う。また、常に世界に視野を広げ、一つひとつのレコードがどの国で人気かを調査。需要の多い国での価格を参考にするため、買取価格も高額になりやすい。

選べる買取方法

エコストアレコードで査定・買取する方法は4つ。

店頭買取

1つは、事務所へ直接行く方法。レコードと身分証明書を持参する。営業時間は、11:00~20:00。基本的に年中無休だが、年末年始などは不定休日がある。査定担当者が対応可能かどうか、行く前に電話で尋ねると良い。

宅配買取

2つめは、郵送する方法。LP版レコード40枚以上から選択肢に入る。発送用のダンボールが貰え、送料も負担しなくて良い。また、郵送前にメールや写真で仮査定も依頼可能。

出張買取

3つめは、出張買取に来てもらう方法。東京都内ならLP版レコード100枚以上、東京以外の関東圏なら200枚以上で依頼できる。費用はかからない。

アプリ利用で査定

4つめは、スマホアプリによる仮査定&買取。iPhoneとAndroidのどちらでも専用アプリが利用できる。使い方は、アプリでレコードの写真を撮影し、送信するだけ。数日以内に仮査定結果の連絡が来る。納得の査定額であれば、現物を送る。

申し込みなどの連絡は、基本的に電話(0120-888-378)やメール(公式ホームページ上のお問い合わせフォーム)から。値段がつかなかった場合も無料で処分してくれるので、ダメ元でも査定に出してみると良い。都内に住んでいるなら、オススメの業者だ。

disk union(ディスクユニオン)

ディスクユニオンは、音や音楽の専門店。関東圏や大阪に店舗を持ち、オールジャンルを扱う店舗と、ジャズやクラシックなどに特化した店舗がある。

買取明細書にて詳細がわかる

レコードの買取歴はなんと50年以上。スタッフの質にこだわりを持ち、レコードを含む各分野のスペシャリストを揃えている。「損得より善悪」「お客様に有利な商い」を心掛けた経営で、査定は良心的。

また、買取明細書が丁寧なのもポイント。レコード1枚1枚の規格番号・状態評価・査定額・特記事項などが記載される。納得いかない部分があれば、単品ごとのキャンセルも可能だ。

3種類の買取方法

買取方法は、店頭、宅配、訪問買取の3つから選べる。

店頭買取

店頭買取は、ディスクユニオンの店舗、もしくは買取センターで受け付けている。営業時間は店舗にもよるが、11:00~21:00(日曜と祝日は11:00~20:00) である店が多い。

宅配買取

宅配買取は全国に対応。送る用のダンボールがなければ、梱包キットを取り寄せることもできる。公式ホームページ上部メニューの右端の「買取」、さらに「宅配買取詳細」とクリックすれば、梱包キット請求や集荷申し込みページへのリンクがある。

訪問買取

訪問買取は、売却品が多いときに利用できる。LP版レコードなら約1,000枚から。申込みはフリーダイヤル0120-111-649(携帯から03-3511-9950)もしくはメールで可能。枚数のハードルが高いので、通常は宅配買取を利用することになるだろう。

パレード

パレード
(0件の評価)
今が売りどき!

パレードは、東京の三鷹駅南口から徒歩2分の距離にある、中古CDやレコードの専門店。幅広い音楽ジャンルのレコードを取り扱っている。

1枚から買取可能

買取はLP版EP版問わず、1枚のみでもOK。レコードに精通した店主が、正確で愛のある査定を行う。買取後は店主が一枚一枚手拭きで手入れし、良心価格で店頭に並べられる。

買取方法

買取方法は、店頭、宅配、訪問買取の3つ。店頭買取は、その場ですぐに査定。水曜日以外の11:00~21:00なら営業している。宅配買取は、遠方でも依頼できる。訪問買取は店舗との距離や枚数によって応相談。申し込みは、買取専用フリーダイヤル(0120-8010-25)から。

RECOfan(レコファン)

レコファン
5.0
(2件の評価)
今が売りどき!

レコファンは、渋谷と横浜に店舗を持つCD・レコードショップ。店舗は少ないが、一つ一つが大きい。店舗やAmazon販売用の在庫確保のため、積極的にレコード買取を行っている。

コストを削減し買取価格に反映

LP版EP版どちらでも買取可能。世界各国のAmazonマーケットプライスでの販売価格や、過去10年間のYahooオークションでの落札価格を参考にして買取価格を決める。徹底したコスト削減で、納得の行く高価買取を実現する。

手数料不要の買取

買取方法は、店頭・宅配・訪問買取の3つで、いずれも無料。「店舗や方法によって査定額が変わることはない」と明言している。

店頭買取は、1点のみでも受け付けている。渋谷店は11:30~21:00、横浜店は10:00~22:30と営業時間が異なるので注意。宅配買取は、WEBもしくは電話(03-3463-0090)から申し込める。専用ダンボールの取り寄せも可能。訪問買取は、内容について要相談。こちらも、WEBもしくは電話から。

査定後の個別キャンセルも受け付けていて、査定明細書の中からキャンセル品だけ印をつけて意思表示する。値段がつかなかった商品については、返送もしくは無料処分してもらえる。

セタガヤレコードセンター

東京都世田谷区に本拠を構えるCD・レコード・楽器の店。20年以上のレコード買取実績がある。

幅広いネットワークを持ち高価買取を実現

海外との強いネットワークを持っており、日本で需要のないレコードでも海外で需要があれば高価買取が見込める。ロックやジャズなどジャンルごとに特化したスタッフも揃え、確かな知識で一枚一枚査定する。サンプル盤であっても、通常盤と同価格で買取可能。ターンテーブルやスピーカも、一緒に買い取ってもらえる。

「ロック・ジャズ・クラシック・ソウルのLP版1000枚以上(EP版・12インチシングル・10インチレコード以外)で買取価格10%UP」のキャンペーンも実施中だ。また、公式ホームページ上で一部レコードの査定額を公開しているので、参照してみると良い。

枚数によっては訪問買取も可能

買取方法は、店頭・宅配・訪問買取の3つ。いずれも無料。店頭の場合、11:00~18:00の営業時間に持っていく。宅配買取は、LPレコードなら50枚から、EPレコードなら100枚からが基準。訪問買取は、世田谷区付近なら100枚から(ただし内容によっては100枚以下でもOK)、東京近郊なら200枚から、500枚以上なら全国どこでも来てくれる

宅配買取と訪問買取の申込みは、電話(0120-575-577)もしくはメール(公式ホームページのフォーム)から。

ココナッツディスク

ココナッツディスクは、池袋・吉祥寺・代々木・江古田に店舗を持つCDやレコードの店。30年以上に渡って、年間100件の出張買取を行っている。レコードやCDの他、DJ機器や楽器全般も取り扱う。

サイトで高価買取商品をチェックできる

買い取るレコードのジャンルやサイズに指定はない。ただし、ココナッツディスクで在庫過剰のものは買取不可としている。

公式ホームページ上には、高価買取商品の一例が画像つきで紹介されている。手元のレコードが一致していないか見比べてみると良い。

買取方法

買取方法は、店頭・宅配・訪問買取の3つ。宅配買取と訪問買取の申し込み及び相談は12:00~21:00の間、電話(0120-86-5572)で受け付けている。なお、査定結果に満足できず返送して貰う場合、返送料は客側負担になるので注意。

HMV RECORD SHOP

HMV
4.0
(1件の評価)
今が売りどき!

渋谷・新宿・吉祥寺に店舗を持つレコードショップ。コンビニでおなじみのローソンの子会社である、株式会社ローソンHMVエンタテイメントが運営している。オールジャンルを取り扱うが、特にクラシックの買取に強い。公式ホームページでは、高価買取リストを公開しているので要チェックだ。

買取方法は、店頭か宅配の2種類。店頭買取は渋谷店のみで行っている。営業時間は11:00~22:00。宅配買取は、電話(0120-370088)もしくはWEBから申し込み可能。10点以上なら配送料は店側負担だ。また、査定後は1点ずつキャンセル可能で、返送料も店側負担になっている。

レコード社本店

レコード社
5.0
(2件の評価)
今が売りどき!

東京都千代田区にあるレコード専門店。3階建てのビルで、1階は日本音楽など、2階はポピュラー音楽、3階はクラシック音楽とジャンル分けしている。

店にはLPレコード、EPレコード、SPレコード、蓄音機まで揃っている。特にSPレコードは、明治から平成まで各時代のものがある。コレクション放出コーナーなどに貴重品もあり、一度行ってみる価値は高い。当然、買取範囲も非常に広い。

買取方法は、店頭、宅配、訪問買取の3つ。店頭なら、1階にある買取コーナーへ。営業時間は、11:00~20:00だ。宅配買取と訪問買取は、まずは電話相談から。03-3262-2553まで気軽に問い合わせて欲しいとのことである。

レコードを高く買い取ってもらうには?コツを紹介!

最後に、少しでも高額で買い取ってもらうポイントを紹介しよう。

付属品を揃え、良い状態をキープする

レコードを少しでも高く買い取ってもらうには、状態を良くすることが大切だ。ジャケットと中身は必ず合わせ、帯や解説書などの付属品も全て揃えよう。そして、簡単に除去できる汚れは掃除しておきたい。傷がつくと価値が下がるので、慎重に。

慎重にすべきというのは運送時にも言え、せっかくきれいな状態で見つかっても運送中に傷がついては意味がない。宅配買取であれば、サイズの合った梱包キットを取り寄せて、指示通りに詰めたい。

早めの売却を

また、売却時期は早い方が良い。レコードが流行った世代は高齢化している。他の人も遺品整理でレコードを発掘し、売るかもしれない。人気のないものは買い手が見つかり難く、どんどん在庫がダブついてしまうだろう。そうなれば、価格はどんどん下がっていってしまう。

相場をチェック

さらに、なるべく自分でも相場を知り、安く買い叩かれないようにしたい。この記事で紹介した一部の業者は、ホームページで高価買取リストを掲載しているので、チェックしてみよう。また、ヤフーオークションやamazonマーケットプライスで出品されていれば、その価格も参考になる。

最後に、できれば直接店舗に持っていって査定し、査定者のレコードの扱いを観察したい。雑であれば、買取を断って他の店舗へ行った方が良いだろう。

2個以上でもOK!まとめて査定しよう
あなたのレコード
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「遺品のレコードを売るならどこの買取業者がおすすめ?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する