金のネックレスの買取価格・相場を調べてみた!高く売るコツとは?

ジュエリー、アクセサリーはつける人の魅力を引き立てる装飾品であり、また処分可能な財産でもあります。新しいものが欲しくなったとき、あるいは差し迫った事情ができたときなど、売却して現金に換えられるのは大きな強みです。

そこでいざというときのために、金のネックレスを買取に出す場合の買取価格や相場、高く売るコツについて調べてみました。


Tiffany Necklace / MacBeales

同じ金のネックレスでも、買取額は業者によって異なります

ネックレスの売却を考え、いくつかの業者を見て回ると、似たような品の買取価格が一定でないことに気が付きます。これはそれぞれの業者の得意とする内容や、買取目的が異なるためです。

金の地金部分だけを評価する業者と、ネックレスのブランドやデザインなど、ジュエリーとしての評価をする業者では、自ずと査定価格は変わってきます。質屋、またはリサイクルショップは前者の場合がほとんどです。これらの業者はできるだけ安く買取し、別の業者に相場価格で販売し、差額で利益を出すことを目的としています。一方ジュエリーとしての評価ができる業者では、地金だけではなくその他の部分も価値に含めるため、査定額が上がるのです。ただしこちらも再販ルートの有る無しや、査定技術の高低といった部分で、さらに業者ごとで金額が変わります。

金のインゴットやコインを買取に出すなら、地金を買い取る専門業者に出して構いません。しかしネックレスのようなジュエリー、アクセサリーは、その部分も評価してくれる業者に出したほうが、買取価格をあげることができるのです。

K18のネックレスで、実際の買取価格を調べてみました

まずは評価の差がわかりやすい、K18のネックレスを使って、実際の買取価格が業者間でどれくらい異なるかを調べてみました。

ネックレスに使われている金の純度は、クラスプ(留め金)の部分の刻印で確認できます。K24やK18というものがそれです。Kは金の純度を表すKaratの頭文字で、K18なら24分の18で純度75%、K24は24分の24で100%の純金となります。金相場は純金の価格を表現しているため、K18のネックレスの場合、25%分を割引して考える必要があるのです。

金は柔らかいので、アクセサリーは強度を増すためK18のものが多くなります。このK18のネックレス、重さ12グラム、宝石無し、プレーンなデザインのものを、大手2社のオンライン査定にかけてみました。

結果はS社が44,616円、D社が41,880円です。この日の金相場の買取価格は1グラム当たり4,964円なので、S社は100%に近い価格を提示したことになります。D社とは実に3,000円近くの開きです。このように買取価格は業者によって大きく変わります。

この差には、ネックレスがその後どういった形で販売されるかが関係しているのです。ネックレスをそのままアクセサリーとして販売できるルートを持った業者の場合は、買取金額も高価になります。一方そのようなルートを持たない業者は、買い取ったネックレスを一度溶かして金のみを取り出し、素材として売るのです。その手間賃の分だけ、買取価格も下がることになります。販売力の差によって、買取価格に差が生まれるわけです。

宝石が付いていても、その価値は評価されないことが多い

この日買取価格を調べたものは、プレーンなデザインの金属のみのものでしたが、ネックレスには、ダイヤモンドやルビーなどの宝石が付いているものもあります。特に女性向けのものには、メインとなる大きな石のほかにも、デザインを際立たせるために粒の細かなメレダイヤが多用されていることが多いものです。

宝石の鑑定、鑑別には専門的な知識が必要になります。ダイヤモンドは鑑定の基準がはっきりしているためまだ評価しやすいのですが、それでもほとんどの業者が評価してくれるのは、メインとなる大きなものだけです。メレダイヤは素材として扱われるため、そのような販売先を確保している業者しか取り扱うことができません。

それ以外の、ルビーやエメラルドといった色石は、色の深さや処理の有無など、非常に価値の見極めが難しいのです。例えばエメラルドは、緑が濃く、かつ透明度が高いものほど高価ですが、さらに含侵処理の有無で大きくその価値が変わります。このように色石の評価には専門的な知識が必要です。また人造宝石が出回っているため、真贋を見抜ける目がなくてはなりません。

そのため、そうした知識のない業者は、地金の価値だけで買取価格を提示します。あるいは、ダイヤモンドに限って買い取りを行うのです。その場合でも、小さなメレダイヤは宝石としての価値を見てもらえません。

ただし、色石やメレダイヤも価値を評価してくれる業者があります。例えば東京の買取業者、リファウンデーションです。リファウンデーションは、自社でジュエリーや宝石の再販ルートを持っています。そのためメレダイヤも新たなジュエリーの素材として買取できるのです。

地金だけを売却し、宝石は取っておきたいという場合は、宝石を台から外して返却してくれます。ただし宝石にはへき開という性質があり、ダイヤモンドでも割れる場合があることは心得ておいてください。

ブランド物なら+αあり。業者選びが大切な理由はここにもある

ネックレスの高額査定を受けるためには、ジュエリーとしての価値も大切です。ジュエリーとしての価値が高ければ、地金の査定価格に+αの評価分が上乗せされます。

+αのためには、まずブランドのネームバリューが重要です。カルティエティファニーなどの世界的なブランドであれば、それだけ高い評価を受けることができます。これは世界中どこでもニーズがあるためです。ブランドの名前は、それだけの力を持っています。

問題は、4℃サマンサティアラなどの国内ジュエリーブランドの場合です。これらについてはしっかりとした評価を受けられる業者と、そうでない業者が存在します。ホームページにそのような記載があるかどうか、念入りに確認しましょう。

買取業者選びのポイントと、できるだけ高く売却するコツについて

ジュエリー、アクセサリーを売却するにあたっては、買取業者の見極めが大事です。信頼のできる業者を選び、悔いのない売却を行いましょう。

まずはホームページで、買取価格表、相場表があるかどうかを見ます。これがない業者ではこちらが目安を付けられないので、避けた方が賢明です。電話やメールの対応が早く、丁寧かどうかも大切なポイントになります。当日の地金価格を言えなかったり、査定人への引継ぎが悪い業者はおすすめできません。業者によっては査定人が直接対応してくれることもあり、これは優良店と言えます。わからないことなどがあればどんどん質問しましょう。

ブランド品を買取している業者なら、地金だけではなく+αの評価が期待できます。ネックレスがブランド品の場合はもちろん、流行りのデザインのものや宝石付きのものなら、特にこのような業者を選ぶことが買取価格をあげるコツです。

何より重要なのは、その日の金相場を事前に知っておくことです。金相場は常に変化しています。できるだけ相場が上がっているときに売りましょう。次にネックレスのクラスプを見て、ネックレスの品位(金の純度)を確認し、重さを測って地金の価値を計算します。ハカリはキッチンスケールなどで構いません。大体であっても、自分自身で質と重さを把握しておくことが肝心なのです。ここをしっかりと行っておけば、万が一悪質な業者に当たってしまっても、買取価格から推察して回避することができます。

新品に近いものほど高い評価を受けられます。傷のない、輝きの美しい品であることも、査定に大切なポイントなのです。長くしまっておいた品なら、査定に出す前にホコリや汚れが付いていないか確認し、やわらかな布で軽く拭きとりましょう。ケース保証書が揃っていればさらに価値が高まります。ノーブランドの場合にも+αとなるため、普段からきちんと管理し、失くさないようにしておいてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「金のネックレスの買取価格・相場を調べてみた!高く売るコツとは?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

無料査定