20年前の振袖は売れる?買取相場はどのぐらい?

読了目安:13分
最終更新日時:

20年前の振袖を処分したいと考えている方は多いだろうが、買取業者に売って処分しようと考えている方は意外にも少ないようだ。たしかに20年前の振袖は売れたとしてもそこまで高い値段にならない可能性もあり、わざわざ買取業者に20年前の振袖を売るという手間が面倒だと感じるのも仕方がない。

しかし、20年前の振袖も売り方や買取業者を選ぶことによって高く売れる可能性があるのである。今回のコラムで紹介する20年前の振袖を売る際のポイントや20年前の振袖を売るときにおすすめの買取業者・高く売る方法などを参考にすることでその可能性は高まる。

20年前の振袖を売りたいと考えている方には非常に有益な情報が記載されているため、ぜひ本コラムでご紹介するポイントを参照しつつ、納得できる価格で売れるようにしてほしい。

20年前の振袖は売れる?買取相場はどのぐらい?
Geishas / Geishas / Nationaal Archief

あなたの着物・振袖
買取価格を最大20社が一括査定!
簡単
1分

20年前の振袖の買取相場

それでは早速20年前の振袖がどのくらいの価格で売れるのかということについて詳しく見ていこう。20年前の振袖の相場や、実際に買取が行われているのかどうかなどの実態について詳しくご紹介していくので、20年前の振袖を売りたいと考えている方はじっくりと目を通していってほしい。

20年前の振袖の買取相場

20年前の振袖の買取相場をリサーチしてみたところ、振袖の状態や品質によって大きく買取相場が異なるということがわかった。振袖を購入した際にどのブランドで購入したのかや、元々の値段などによって、買取相場は変わってくるようだ。以下に20年前の振袖を3つのランクに分けて買取相場をご紹介していく。

  • ・国宝レベルの価値がある20年前の振袖→最大500,000円
  • ・家宝レベルの価値がある20年前の振袖→最大300,000円
  • ・通常レベルの20年前の振袖→最大50,000円

20年前の振袖が購入時にどの程度の価値があったのかによって、買取相場は異なってくる。また後ほど詳しく述べるが振袖の購入証明書などの有無でも20年前の振袖の価値は変わってくるようだ。ご自身が所有している20年前の振袖が上記の3つのランクに分けるとすればどのランクに当たるのかを判断して、買取業者の査定にあたれば適正価格かどうかの目星をつけることができるだろう。

20年前の振袖は実際に売れるの?

ただ上記で紹介した20年前の振袖の価格はあくまでインターネット上の情報となる。20年前の振袖の取引が過去にあったとしても、現在に至って、いまだに中古買取市場でニーズがあるとは限らない。そこで以下に20年前の振袖が実際に中古買取可能かどうかについての買取業者の見解をご紹介していこう。

20年前の振袖が買い取れるかどうかについての買取業者の見解

20年前の振袖が買取可能かどうかについて、中古買取業者であるバイセルに尋ねてみた結果、以下のような回答があった。

2.43
査定実績
0
対応買取形式:宅配店頭出張
取扱商品
自動車・バイク、自動車、ブランド品、腕時計、バッグ・鞄、財布・ウォレットなど
地域
関東、東京都、新宿駅など
特徴
送料: 要確認
振込手数料: 要確認
現金化スピード: 要確認
梱包材: 要確認

「振袖がどのような状態かによるが、買取可能であるケースもある」ということである。ただし、20年前の振袖といっても状態やどこのブランドかによって買取相場が異なるということは既に述べた。そのため、ハッキリとした買取価格については述べることは難しいようだ。

20年前の振袖の買取価格に影響を与える基準

先ほどから繰り返し、20年前の振袖の買取価格は一定の基準によって変動するということを述べてきた。20年前の振袖の買取価格に影響を与える基準についてリサーチをした結果、以下のような条件があるようだ。

  • ・20年前の振袖がどれくらい綺麗か
  • ・20年前の振袖がどこで作られたか
  • ・20年前の振袖に購入証明書がついているか

他にも20年前の振袖の買取価格に影響を与える基準はあるようだが、主だった条件は上記の通りである。上記の3つが好条件だった場合には、20年前の振袖の買取価格は上がるし、そうでなければ買取価格は下がってしまうようだ。

20年前の振袖を実際に買取査定に出した際の例

インターネット上には、実際に20年前の振袖を買取査定に出した際の口コミがいくつか存在していた。以下に20年前の振袖を買取査定に出した際の買取査定額と振袖の条件について詳しく記載していくので、こちらも振袖を買取査定に出す上で参考にしていただければ幸いである。

  • ・正絹の振袖や帯などのセットを着物の専門買取業者に持っていったAさん→14,000円
  • ・購入後25年が経過しているが、保存状態が良く、非常に綺麗な正絹の振袖を着物・呉服買取業者に持っていったBさん→4,000円
  • ・10〜20年前の振袖をまとめて10着、中古買取業者に持っていったCさん→7,000円
  • ・虫食いなどが目立つ20年前の振袖を一般的な買取業者に持っていったDさん→100円

20年前の振袖であっても、その買取価格は100円〜14,000円とかなり幅が広いようだ。もちろん振袖の状態や品質も重要だが、どのような中古買取業者を利用したかも20年前の振袖の買取査定額を決める上で重要。

上記の例を見てみると、やはりオールジャンルのアイテムを買い取っている業者よりは呉服・着物買取業者に20年前の振袖の買取査定をお願いした方が高く買い取ってくれそうだ。

20年前の振袖を高く買い取ってもらうコツ

価値のある20年前の振袖をその価値がわかる買取業者に持ち込めば、そのまま買取業者に持ち込んだだけでも相当な買取査定額がつくはずである。一方で価値がある20年前の振袖であっても適正価格で買い取ってもらえないケースも存在する。

せっかく20年以上大切に取っておいた振袖であっても、相場以下で買い取られてしまっては勿体無い。20年前の振袖を売る際にはできるだけ高く買い取ってもらうことができるようにしていきたいのは誰でも同じであろう。

そこでこちらでは、20年前の振袖をより高く買い取ってもらえるコツについてご紹介していく。できるだけ高い買取査定額を提示してもらいたいという方はじっくりとこちらの項に目を通していってほしい。

セルフクリーニングを行う

1つ目にご紹介する20年前の振袖をより高く買い取ってもらえるコツは買取査定に持ち込む前に20年前の振袖を綺麗にしておくということである。もちろん価値のある20年前の振袖であればそのまま売ることも可能だが、買取査定時にはできるだけ綺麗な状態であることが高価買取される上で好ましい。買取査定時の状態は買取業者の心証に大きく影響を与えるからだ。

また、実質、振袖の価値は新しいか古いかで決まるわけではない。最も重要なのは振袖がどれだけ綺麗かである。振袖が使用されるシチュエーションは、やはりハレの日。つまり成人式などのおめでたい場が多い。

このようなシチュエーションで重視されるのは、着物が美しいかどうかなのである。いくら新しい振袖であっても汚れていたり、痛んでいたりすれば買い手がつくはずはないのだ。

この点、20年前の振袖であったとしても新品同様に美しければ買い手はいくらでもつくだろう。買い手がつく商品は、20年前の振袖に限らず高く買い取ってもらうことができる。このような観点からも、20年前の振袖を買取査定に出す際にはセルフクリーニングを行い、できるだけ美しい状態で買取査定に持ち込むことが重要なのである。

複数の買取業者を利用する

2つ目にご紹介する20年前の振袖をより高く買い取ってもらえるコツは買取査定に依頼する際には複数の信頼できる買取業者を利用するということである。20年前の振袖に限らず、中古品を買い取ってもらう際に利用する買取業者が1社だけだという方は少なくないのではなかろうか。しかし、これでは損をしている場合があっても気づくことはできない。

なぜなら買取査定に出す業者が1社の場合、査定額が高いかどうかわからないからである。その点、複数の買取業者に振袖の査定依頼を出せば、利用する業者が多ければ多いほど買取相場が分かってくる。思ったよりも20年前の振袖の買取相場が高いかもしれないし、安いかもしれない。これは複数の買取業者に依頼することで分かるのだ。

複数の業者に依頼すればするほど手間はかかってしまうのだが、1社目に高く買い取ってもらえる買取業者に当たるとは限らないと考えて、ぜひ多くの信頼できる買取業者に査定依頼を出してほしい。

着物買取専門の業者を利用する

3つ目にご紹介する20年前の振袖をより高く買い取ってもらえるコツは着物買取専門の業者に査定依頼を出すということである。これは上記でも既に述べたことなのだが、着物買取専門の業者でなければ、20年前の振袖の価値を見極めることは難しいのだ。専門知識がなければ、安く買い取られてしまうかもしれないし、それでは勿体無い。

呉服や着物を専門に買い取っている業者であれば、20年前の振袖の買取査定にも専門知識を持ったスタッフが当たってくれる。これならば、適正価格で買い取ってもらうことができるはずだ。

上記の理由から、20年前の振袖を売る際には近くにあるリサイクルショップやオールジャンル買取可能な業者を利用するのではなく、できるだけ呉服・着物専門買取業者を利用するようにしてほしい。

できるだけ早く買取査定に持ち込む

4つ目にご紹介する20年前の振袖をより高く買い取ってもらえるコツは振袖が劣化する前にできるだけ早く買取査定に出してしまうということである。どれだけ20年前の振袖の保存状態が良かったとしても、やはり目に見えないレベルで着物は劣化していってしまう。

気づかない間に虫食いの跡ができたり、取りにくい臭いがついたり、痛んだりしてしまっているという可能性はあるのだ。このようなリスクを避けるためには、できるだけ早い段階で振袖を売るという選択肢しかない。劣化する前に売ることで買取査定額を下げずに買い取ってもらうことができるはずである。

20年前の振袖を買い取ってくれるのはどこ?

最後に20年前の振袖を買い取ってくれる業者についてまとめておこう。そもそも20年前の振袖を扱っている業者というのはあまり多くはないし、せっかく振袖を買取業者に持っていったとしても買取対象に入っていなければ売れはしない。そうなっては、ただ手間がかかるだけである。

そこで20年前の振袖を身近な買取業者に持っていく前に、どこで売れるのかを確認しておきたい。こちらで紹介するのは20年前の振袖が売れる買取業者のジャンルと20年前の振袖を売る際におすすめの買取業者である。20年前の振袖を買取査定に出す際には事前に確認しておいてほしい。

20年前の振袖を売る際の注意点

まず1点押さえておきたいのは、20年前の振袖は価値が高いアイテムのため、着物買取専門店に査定依頼を出すべきだという点である。リサイクルショップやオールジャンル買取可能な業者でも20年前の振袖を買い取ってくれることはあるのだが、リサイクルショップが振袖を安く買い取って、専門業者に横流しするというケースもある。

またオールジャンルのアイテム買取が可能な買取業者は、20年前の振袖を査定する知識がないことが多いため、値打ちのある20年前の振袖であっても適正な価格で買い取ってもらえることが少ないのだ。本来ならもっと高い価格で買い取ってもらうべき20年前の振袖が安く買い取られては勿体無い。

また近年ではインターネットオークションサイトインターネットフリマアプリなどで20年前の振袖を売るという人も少なくはない。もちろん自分で20年前の振袖の価格が付けられるというメリットはあるのだが、一方で、個人間売買はトラブルが絶えないというデメリットもある。

トラブルの具体的な内容とは、商品発送がうまくいかなかったり、配達後のクレームがあったりすることなどだ。このようなトラブルはインターネットオークションサイトなどで頻発しており、しかも自分で対処しなければいけないので手間がかかる。

その点、呉服・着物専門買取業者であれば、20年前の振袖であっても適正価格で買取をしてくれるだけでなく、買取後のトラブルなどに巻き込まれることはない。諸々の手間を考えると、呉服・着物専門買取業者に20年前の振袖を売る方がいいだろう。

20年前の振袖を持っていくべきおすすめの業者

もちろん身近に20年前の振袖を売る際に信頼できる買取業者がいるのであれば、そちらを利用すれば良いのだが、なかなか近くにそのような業者はいない。そこでこちらでは20年前の振袖を売る際におすすめの買取業者をご紹介していく。もし20年前の振袖を売る際に買取業者の選定に迷うのであれば、以下にご紹介する買取業者を参考にしていただければ幸いだ。

買取プレミアム
4.22
査定実績
0
対応買取形式:宅配店頭出張
取扱商品
着物・振袖、更紗、芭蕉布、西陣織、和服・浴衣・反物・袴、人間国宝品など
地域
関東、東京都、新宿駅など
特徴
送料: 宅配買取無し
振込手数料: 宅配買取無し
現金化スピード: その場で現金化
梱包材: 宅配買取無し

買取プレミアムは、20年前の振袖でも適正価格で買取をしてくれる着物買取専門業者である。買取プレミアムを利用したことがあるというユーザーからの評判も非常によく、買取査定額のユーザー満足度も高い点が魅力的だ。

また着物専門買取業者には珍しく出張買取を行なっているという点にも注目したい。いくら買取プレミアムの買取査定が信頼できるものであったとしても、店舗持ち込みだけでは家の近くにない人は持っていくことが難しい。このようなユーザーの心理に寄り添って、買取プレミアムでは、着物買取についてのノウハウを持ち合わせる専門スタッフが振袖を買い取るためにご自宅まで出張してくれるのである。

20年前の振袖を店舗に持っていく時間がないという方や、わざわざ中古買取業者の店舗まで持っていくことが億劫であるという方にもぴったりな着物買取業者・買取プレミアム。20年前の振袖を売る業者の選定に迷った際にはぜひ検討してほしい。

くらしのくら
4.38
査定実績
0
対応買取形式:宅配店頭出張
取扱商品
アウトドア・スポーツ用品、絵画・美術品、古書・和本、家電、掃除機、ルンバなど
地域
関東、東京都、新宿駅など
特徴
送料: 無料(買取業者が負担)
振込手数料: 無料(買取業者が負担)
現金化スピード: 出張買取:査定にご...
梱包材: 自己負担(ユーザーが負担・自...

次にご紹介するのがくらしのくらという買取業者である。買取業者やリサイクルショップといえば、サービスがあまりよくない業者も多く、利用することがためらわれるという人もいるのではないだろうか。

くらしのくらは、このように買取業者の利用に気持ちが進まないという方に合わせて、スタッフの接客サービスのクオリティを向上させる取り組みを行っている。笑顔の接客や丁寧な買取査定プロセスなどが好評で、安心して20年前の振袖の買取を任せることができる業者である。

ちなみに買取業者の中には査定料金を取ったり、買取査定のキャンセル料がかかったりする業者も少なくはない。その点、くらしのくらでは査定費用や買取キャンセル料金が無料となっている。

手軽にくらしのくらへ20年前の振袖を持ち込んで、もし納得のいく買取査定額でなければコストをかけずにキャンセルできるという点もくらしのくらの魅力である。手軽に20年前の振袖の買取相場を知りたいという方にうってつけの買取業者である。

まとめ

本コラムでは、20年前の振袖の買取相場や、20年前の振袖を高く売るコツ、そしておすすめの買取業者などについて詳しく解説を進めてきた。20年前の振袖を売る際には再度、こちらのコラムを参照してできるだけ高く売れるようにしていってほしい。

また上記で既に述べたとおり、20年前の振袖の中には高価格で売れるものも多いのである。適正価格以下で買い取られたり、20年前の振袖の買取査定額を妥協することがないようにしたい。

そのためには、買取査定前にセルフクリーニングをしっかりと行うことや、買取業者選定をすることなどをおすすめする。思い入れのある20年前の振袖を、その価値に見合った価格で買い取ってもらうことができるようにしていこう。

ヒカカク!で着物・振袖を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大20社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

あなたの着物・振袖
買取価格を最大20社が一括査定!
簡単
1分

買取業者を周辺から探す

買取業者を地域から探す

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する