iPadを売るならどこがおすすめ?

ヒカカク!で商品を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品を検索

    商品名で検索したり、カテゴリから探そう

  2. 査定依頼
    2査定依頼

    最大5社が買取価格を一括査定!(無料)

  3. 買取予約
    3買取予約

    査定結果が届いたら、買取予約をします

  4. 買取完了
    4買取完了

    商品を買取業者に郵送。現金を受け取ろう

ipadを中古で売りたいが、方法がわからないので売れないでいる。どのような買取手続きをすれば良いのかわからない。売値が安くついてしまわないか不安である。このような理由でipadの買取に出せないということはないだろうか。 せっかく売るのであれば高値を目指したい。手続きは簡単に済ませたいとの思惑は誰かしらあるのではないかと予測する。そのような思惑に答えるべく当記事ではipadの買取手続きの進め方と中古のipadの相場さらに中古のipadを高く売る方法について紹介する。


ipad / Sean MacEntee

中古のipadを高く売る方法 5選

まずはiPadを査定に出す前に自身で行っておく、事前準備について説明する。

1選目 本体の初期化をおこなう

本体の初期化をおこなわないと減額対象となってしまう買取サービス機関や、個人情報が外部に漏れてしまう恐れがある。個人情報はいつ漏れるかわからないので注意しよう。最悪の場合、本体初期化を忘れて買取サービス機関に査定を出してしまうと買取不可となり返品になってしまうケースがある。このようなことになると返品に必要な送料及び買取サービス機関によってはキャンセル料も支払わないといけないので余計な出費が増えてしまう。お小遣いを増やしたいのに買取手続きを進めていたのに、反対にお小遣いが減ってしまえば最悪だ。

昔のモデルは本体を初期化に結構な時間がかかった(そもそも電源が1週間経過しないと起動できなかった)が今は起動も約10秒で本体初期化は設定画面から簡単にできるので査定は本体初期化を忘れないようにしよう。

大切なデータがある場合はSDカードやUSBなどを使って保存しておくことをおすすめする。保存すると新しい端末でも前のデータを共有して使用できるからだ。

2選目 付属品は全部揃える

付属品がそろわないと、減額対象または充電器がない場合は使用できないと理由をつけられて買取不可となってしまう買取サービス機関がある。一番無難なのは付属品を全部揃えることだか、簡単そうにみえて難しい。なぜなら保存の際に別々のケースに保存していたりすると場所がわからなくなってしまい付属品をなくしてしまうことがあるからだ。

また、付属品自体が壊れてしまっている可能性、昔の機種の付属品だと劣化などによって破損している恐れがある。このような事を防ぎ高額査定を目指すには本体と付属品は同じスペースに保存。傷や劣化を防ぐためにプチプチなどの梱包素材に包んで保存しておくのもよい方法であるといえるだろう。 プチプチなどの梱包素材に保管すると傷や劣化だけではなく、ほこりが本体や付属品についてしまい汚れてしまうというリスクも最小限に押さえることもできるのだ。

3選目 ipadや付属品を掃除をしてから売りにだそう

ついてしまった傷などは自力で掃除はできないのでしょうがないが、指紋などの小さな汚れはクリーナーなどを使うととれる。専用のクリーナーがない場合はメガネ拭きなどで代用できる。なぜ買取サービス機関に売り出す前に掃除をするのかというとほとんど、いやすべての買取サービス機関は指紋などの汚れは減額対象となるからだ。多少の汚れなら減額対象で済むが、汚れがひどすぎると買取不可となってしまう。もちろんだか、買取不可となってしまうと買取金額はゼロ円となってしまう。指紋がなければ高額査定を目指せたかもしれないのにと後悔をしなければならないのだ。そのような後悔はできればしてほしくない。

事前に掃除をすれは買取不可となることはまずない。(ただしipad自体が電源がつかないことは除外する) きれいにすると保存状態がよいと高額査定並びに査定金額がプラスされる。充分なお小遣いを稼げるのだ。

4選目 apple純正のスマートカバーは同時に購入する。

カバーを購入すると本体に傷がつきづらくなるだけではなく、査定時にプラス査定となるのでipadを購入する際はapple純正のカバーを購入するクセをつけておくようにしよう。本体だけで充分、カバーはつけないという方もいるかもしれないがカバーがないと傷がついてしまう。また落としたときに部品が外れて電源がつかなくなるというケースもある。SDカードやUSBにデータを保存していたらよいが、保存していなかったときのことを考えると恐ろしい。仕事のデータなら取引先との信頼関係が崩れるかもしれない。

どのような理由があれ、本体が使えないとなるとどこの買取機関でも買取不可となってしまう。古い端末だとメーカーの修理も対応していない。と最悪のケースをたどってしまうことがある。 プラス査定や本体の保護になるのでapple純正のカバーはipad購入の際にセットで買うようにしよう。

5選目 各買取サービスの買取金額を調べる

買取サービス機関によって買取金額が大幅に違うことをあなたはしっているだろうか。どの買取サービス機関も同じ値段だからといって調べないで査定を出していると後悔することになる。たまたま査定に出した買取サービス機関が高額査定だったらよいがそのようなケースはめったにない。事前に査定金額をしらべ買取サービス機関を比較して査定を出す習慣をつけておくと、自分が思った金額よりも安値だったということはまずない。いやむしろプラス査定となり高額査定を目指すこともできるのだ。

ipadの買取手続きの進め方

買取に出す準備が整ったら次のステップにうつる。

ipadの買取手続き その1 利用する買取サービス機関を決める

買取サービス機関の決め方についてだが、今日では宅配買取、店舗買取、フリマアプリさらにはネットオークションを利用するなどのさまざまな買取サービスががあるが、ipadは宅配買取をおすすめする。 なぜなら、店舗買取は安値がつくことが多いしフリマアプリやオークションだと初期化を忘れてしまった際に個人情報が漏れてしまうリスクがあるからだ。

宅配買取も個人情報が漏れてしまうリスクがあるが悪用される可能性は低いし漏れてしまった時の保証があるかもしれない。しかしフリマアプリやオークションとなると個人間のやり取りなので保証はつかない。 どうしてもフリマアプリやオークションでipadの買取をしたいと思う人はipad本体の初期化をおこなってから出品の手続きを進めよう。

利用する買取サービス機関が決まったら次は買取の手続きを進めていく。

ipadの買取手続き その2 手続きを進める

自分が利用したい買取サービス機関がみつかればそのサービス機関のホームページにアクセスをする。 今回は宅配買取の手続きを紹介させていただこう。 アクセスをすると、サービス機関によっては申し込みコースが別れている場合がある。大抵、ダンボール等の梱包素材付きのコース、自分でダンボールを用意するコース、素早く査定が終わるコースとじっくり査定をしてくれるコースに別れる。

梱包素材を自分で集めることができない人はダンボールを自分で用意するコースを、梱包素材を用意する手間を減らしたいという人は梱包素材付きコースを選ぶとよいだろう。

査定が早く終わるコースとじっくり査定をしてくれるコースでは、じっくり査定コースを選んだほうかまよいだろう。なぜなら査定が早く終わるコースだと安値がつくケースがあるからだ。じっくり査定コースでは査定が早く終わるコースに比べて時間が多少かかってしまうが高額査定を目指せる。

買取サービス機関によっては、じっくり査定コースでも最短で1週間以内で査定を終わらせることも可能であるのだ。

ipadの買取手続き その3 掃除をして梱包をする

査定に出す前に掃除をしておくと、高額査定がつく場合がある。そのチャンスを目指して掃除は隅から隅まで徹底的にしよう。おすすめの掃除方法はウエットティッシュで画面を吹いてから専用のクリーナーで拭き取るという方法だ。ウエットティッシュは水分を含んでいるので、ipadの電子器具が壊れてしまうのではないかと不安になってしまうが、そのウエットティッシュ程度の水分なら壊れないように設計されているので安心してウエットティッシュを使おう。

最近のipadはお風呂やプールに落としてしまっても壊れない防水機能がついているので、ウエットティッシュの水分くらい朝飯前程度である。

最近のipadをなめてはいけない。

ipadを掃除したら周辺機器も掃除をして梱包をしよう。梱包素材と一緒に買取の申し込みを済ませた方は買取サービス機関から梱包素材が送られてくるのを待とう。発送中の傷は保証してくれない買取サービス機関が多いので梱包は商品に傷が入らないように隙間がないようにしよう。

梱包をしたら運転免許などの本人確認書類と一緒にダンボールに入れて発送しよう。

  • ※買取サービス機関によっては本人確認書類の提出方法が異なる場合がある。またマイナンバーカードは買取サービス機関によっては受け付けてくれない場合があるので注意しよう。

ipadの買取手続き その4 査定金額を確認しよう

発送してしばらくすると査定金額の連絡がメールなどて送られてくる。2週間近く経過しても査定金額が送られてこないという人は買取サービス機関からのメールが迷惑フォルダに入っていないかを確認しよう。それでも連絡かなかったら買取サービス機関に問い合わせをしよう。査定金額に納得をしたら同意をして口座に金額が振り込まれてくるのを確認する。

この際、査定金額に納得がいかず、買取をキャンセルしたい場合は買取サービス機関によってはキャンセルを受け付けてもらえるが、送料はこちら側が負担しなければならないのでよっぽど納得がいかない場合はキャンセルしてもいいが、数円程度の値上げを期待してキャンセルするのはやめておこう。送料で余分な出費が増えるだけだ。

ipadの買取手続き その5 振込を確認しよう

査定金額に同意をすると最短で翌日には金額が振り込まれてくる。(ただし、土日及び祝日を挟んでいる場合は振込が遅れる可能性がある) 振込が確認できたら買取完了だか、1週間たっても振込が確認できない場合は買取サービス機関が振込を忘れているか、申し込みの際にこちらが口座情報を謝って入力をしてしまっている可能性があるのでそのような場合は買取サービス機関のお問い合わせページにたずねてみよう。

ipadの買取サービスでの相場を確認

それでは、当記事がおすすめする買取サービス機関を5つ並びにそれぞれの機関のipad買取参考価格を提示しよう。

ipadおすすめ買取機関 1選目 BUY王

BUY王と書いてバイキングと読む。BUY王は買取にかかる手続きの手数料が無料、また商品を買取するのに必要なダンボールも無料で配布してくれる。BUY王のホームページには買取までの流れが漫画形式にて書かれているので買取初心者の人でもわかりやすい。また銀行の振込手数料も無料で振り込んでくれる。

BUY王のipad買取参考価格
モデル容量カラー型番Wi-Fi価格
iPad Pro 9.7インチ128GBシルバーMLQ42J/AWi-Fi Cellular3万9900円
iPad 第5世代128GBゴールドMPGW2J/AWi-Fi3万9900円
iPad 第5世代128GBスペースグレイMP262J/AWi-Fi + Cellular3万6750円

買取価格が3万越えしている。 BUY王は条件をクリアすると最大で3000円アップするキャンペーンをしている。BUY王で高額査定を目指すなら今がチャンスであるといえる。

ipadおすすめ買取機関 2選目 じゃんぱら

モノトーンなホームページが特徴的なじゃんぱら、多くの買取サービス機関のホームページは派手な色を使っているので目がチカチカしてみていてストレスになってしまう。じゃんぱらはシンプルでみやすい。 じゃんぱらは店舗買取と宅配買取をしている。近くにじゃんぱらの店舗ある人は宅配買取も利用してみてはいかがだろうか。近くにじゃんぱらの店舗がない。店舗に持っていく際にipadに傷がついてしまうのか不安という人は宅配買取を利用しよう。じゃんぱらでは税込1500円支払うとダンボールが1箱もらえる。

じゃんぱらのipad買取価格
モデル容量カラー型番価格
Apple SoftBank iPad Pro 9.7インチ Cellular128GBゴールドMLQ52J/A 未使用/使用済み3万9000円/3万4000円
Apple SoftBank iPad Air Cellular128GBシルバーME988J/A2万2000円

未使用だと買取価格が上がる傾向がじゃんぱらにはある。

ipadおすすめ買取機関 3選目 iPhonePLAZA

iPhonePLAZAでは、iPhoneやipadなどのapple端末を専用に買取サービスをおこなっている。iPhonePLAZAでは店舗買取と宅配買取サービスをしている。宅配買取サービスだと無料でダンボールなどの梱包素材が届く。2から3日で届くのでその間に端末を掃除するなどをして宅配キットが届くのを待っておこう。

iPhonePLAZAでのipadの買取金額
モデル容量価格
iPad pro 9.7インチ256GB5万円
iPad Air2128GB4万1000円
iPad mini4128GB3万7000円

この値段で無料宅配キットがついてくる買取サービスはiPhonePLAZAぐらいなのではないだろうか。

上記3つは宅配買取サービス機関を紹介したが、残り2つはオークションサイトやフリマアプリを紹介する。

ipadおすすめ買取機関 4選目 ヤフオク

場合によっては定価以上の落札価格を目指せるヤフオク。

ヤフオクでの落札価格
出品名価格
オマケ付 新品未開封 領収書 送料無料 apple iPad 第6世代(2018年春モデル) 9.7インチ Wi-Fiモデル 32GB ゴールド (型番 MRJN2J/A)3万9799円
税込 新品同様 iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi+Cellular 64GB au ゴールド5万5000円
  • ※オマケはipad専用のケース

にて落札されている。

今こうしている間にもヤフオクではipadが着々と落札されているのだ。

ipadおすすめ買取機関 5選目 メルカリ

メルカリでは、登録をすると写真を数枚のせるだけでipadを出品できる。 また、出品の取り消しも5分かからずに出きるのだ

メルカリでApple ipad mini 16GB Wi-Fiモデル シルバーが1万4000円にて販売されているが、ipad本体よりも充電器などの付属品が売れている印象なので、メルカリでは付属品だけを売りたいときに出品することをおすすめする。

メルカリでは写真の移りが重視されているので意識しながら写真を撮り出品する必要性がでてくるであろう。

まとめ

Ipadの買取自称について紹介した。買取サービス機関によっては査定期間に違いがあったり買取価格に違いあったりするので、自分に向いている買取サービス機関かつ高価買取をしている買取サービスを選んでipadを査定に出そう。 宅配買取では送料はキャンセルをしないかぎり宅配サービス機関が負担してくれるが、オークションやフリマアプリの場合は送料はこちら側負担となってしまうので注意しよう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「iPadを売るならどこがおすすめ?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから