iPhone8でイヤホンジャックが復活するか?

今年(2017年)は、Appleから初めてiPhoneが発売されてから10周年ということで、10周年を記念した記念モデルが発売されると言われている。新型モデルは3機種あり、現行のiPhone7、iPhone7Plusのバージョンアップ機であるiPhone8、iPhone8 Plusともう1機種は、iPhoneXである。

この3機種の中でも最も注目の高いものは、やはりiPhone8であろう。このiPhone8に関して、様々な情報がリークしている。しかし、そのリークした情報を見る限り、iPhone8はこれまでのiPhoneには搭載されていなかった機能が搭載されるなど、革新的なiPhoneである可能性が極めて高いと言えるだろう。

そんなiPhone8は世界中から注目を集めているが、一部のユーザーは別の点に注目している。それは、果たしてiPhone8にイヤホンジャックが再び搭載されるかどうか、という点である。

そこで今回当コラムでは、iPhone8とイヤホンジャックについての情報をご紹介していこうと思う。iPhone8をご購入の予定のある方は是非参考にしてみてほしい。

2017年9月22日追記)iPhone8は、2017年9月22日より日本全国のアップルストア及びau、softbank、docomoなどと言った携帯会社から発売を開始されている。また、同時にiPhone8 plusも発売されたので、そちらも合わせてチェックしてみてほしい。

iPhone Xは10周年記念のモデルとして2017年11月3日に発売を予定してる。こちらは2017年9年22日から先行予約を受け付けているので、気になる人はぜひ詳しくみてみてほしい。

お求めの際は是非、Appleの公式ホームペジや携帯会社のホームページを確認する、もしくはお近くのアップルストアや店舗に足を運んでみてほしい。

多くの人が注目しているイヤホンジャックとは

イヤホンジャックとは、イヤホンのプラグを入れるための直径3.5mmの穴である。ウォークマンや携帯ラジオ、パソコンやスマートフォンなどに搭載されており、ここにイヤホンのプラグを入れることにより、端末の音楽や音声などをイヤホンで聞くことができるのである。

iPhone7/iPhone7Plusでイヤホンジャックは廃止された

音楽プレーヤーのiPodがベースであるiPhoneも、初代iPhoneからはイヤホンジャックは搭載されてきた。しかし、iPhone7、iPhone7Plusのモデルからイヤホンジャックが廃止されてしまったのである。

iPhone7からイヤホンジャックが廃止されてしまった理由はいくつか考えられる

理由その1:デジタルからアナログへ

イヤホンはアナログ方式であるため、イヤホンジャックに出力する場合は、デジタルからアナログに信号を変換する必要がある。しかし、イヤホンジャックを廃止したことにより、このデジタルからアナログへの変換する部品が必要なくなった

そのことにより、iPhone内部の部分を取り除けるようになったため、軽量化他の機能を搭載するや特化させることに専念したと言えるのではないだろうか。

理由その2:防水・防沫性能への対応策

iPhone7から耐水防沫性能に対応したが、イヤホンジャックの廃止は、この耐水、防沫性能に対応するために実施された。

内部に直結する穴を減らすことにより、水を内部に侵入させる確率などを減らすことに成功したのだ。

理由その3:モデルのサイズを少量化

イヤホンジャックは、前述のように直径3.5mmの穴であるが、この穴があるために、ある程度以上の薄型が不可能であった。しかし、iPhone7/iPhone7Plusでイヤホンジャックを廃止することで、これまで以上の薄型が可能となった

元々大きく重たいものではなかったのだが、このイヤホンジャック廃止により、できる限りの軽量化に出たのではないだろうか。

しかし、実際は、イヤホンジャックが搭載されているiPhone6sと厚さは同じであったので、薄型とイヤホンジャックの廃止が関係あるかは不明である。

いずれにせよ、iPhone7/iPhone7Plusを最後に、イヤホンジャックは廃止されたのである。

イヤホンジャックが廃止されたことによるデメリットとは

次に、イヤホンジャックが廃止されたことによるデメリットについて考えてみたいと思う。

デメリットその1:従来のイヤホンが使用不可となってしまった

まずは、単純にこれまで使用していたイヤホンが使えなくなってしまったというデメリットがある。

当然の帰結なのではあるが、イヤホンジャックが廃止されてしまったので実はアップル社は、これを解決するために、Lightning - 3.5mmアダプターというものをiPhone7/iPhone7Plusに同梱したのである。このLightning - 3.5mmアダプターは、いわば変換器みたいなものだ。これを使用することにより、これまで通りにイヤホンを使用することができるというものであった。

デメリットその2:音楽を聴きながら充電ができなくなった

しかし、このLightning - 3.5mmアダプターには落とし穴があった。Lightning端子は、充電端子も兼ねているので、Lightning - 3.5mmアダプターでLightning端子をふさいでしまうと、充電ができないのである。つまり、イヤホンで音を聴きながら充電ができないというデメリットがあったのである。

充電をしながら音楽なんか聴かないだろう、と思われる方もいるかもしれない。しかし、意外にこの点に不満を持つユーザーは多く、このようなユーザーは、iPhone8でのイヤホンジャック復活を強く望んでいるのである。

デメリットその3:ワイヤレスイヤホンのAirPodsの導入

また、アップル社は、イヤホンジャック廃止の代わりとなるものとして、Bluetoothで接続するワイヤレスイヤホンのAirPodsを用意した(ただし別売り)

これがあれば、確かにイヤホンジャックがなくても音声を聞くことが出来、さらに充電も同時に出来る。しかし、基本的にBluetoothワイヤレスイヤホンの音声はそれほど高音質ではなく、AirPodsも音質の評価はそれほど高くはないのが現状である。

また、別売りということに関してもデメリットがある。価格も税別16,800円と決して安いものではないため、不満の声が多かった。おkれを使用品のであれば、Lightning - 3.5mmアダプターを使用するしかないのだ。

さらに、ワイヤレスイヤホン(AirPods)は、ワイヤレスイヤホン自体の電池切れの心配もある。電池が無くなれば、充電するまでワイヤレスイヤホンを使用することはできないのだ。従来のイヤホンであれば、電力を使用しないので電池切れの心配はない。

以上のようなデメリットがあるため、一部のユーザーはiPhone8にイヤホンジャックが復活するか注目し、期待していたのである。

iPhone8にイヤホンジャックは復活するのか

では、iPhone8にイヤホンジャックは復活するのか、となると実際問題難しいところだろう。リークされた本体の設計図にもイヤホンジャックは記載されていないのである。

しかし、iPhone8は、ワイヤレス充電が搭載されることが確実視されているために、前述の充電しながらイヤホンが使用できないという問題は解決できる可能性は高いだろう。

そのため、一部ユーザーが強く望んでもiPhone8にイヤホンジャックは搭載されない事が濃厚である。

ただ、iPhone8は、まだ、正式発表されてなく、非公式のリークが先行しているのが現状であり、もしかすると大逆転でiPhone8にイヤホンジャックが搭載されるかもしれない

とりあえず、iPhone8が正式発表のその日まで、イヤホンジャックの復活を信じて固唾を飲んで見守るほかないだろう。

ついに発売された噂のiPhone 8とiPhone 8plusについて徹底解説(2017年9月22日追記)

つい先日情報解禁となり、2017年9月22日に日本で発売が開始されたiPhone 8とiPhone8plus。果たして待望のイヤホンジャックはついたのだろうか?

iPhone 8とiPhone 8plusにはイヤホンジャックは戻っては来なかった

結果から述べると、iPhone 8とiPhone 8plusにはイヤホンジャックは戻っては来なかった。イヤホンに関しては、iPhone 7同様、Lightning端子と同じ先のイヤホンもしくはLightning - 3.5mmアダプターを利用しイヤホンを使用するしかないのだ。

しかし、リーク情報の通りiPhone 8とiPhone 8plusからはワイヤレスで充電が可能となったため、充電しながらイヤホンを利用することが可能になった。もちろん、ワイヤレスでない充電方法も今まで通り利用できるため、安心して従来の充電器を使うことができる。

iPhone 8とiPhone 8plusはどんなモデルなのだろうか

iPhone 8とiPhone 8plusと、二種類のサイズはまたもや登場した。カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、スペースグレーの三パターンなので、初期のiPhoneと同じカラーバリエーションだ。

表面と裏面はスマートフォンでは最も性能のいいガラスを使用しており、フレームも航空宇宙産業で使用されているアルミニウムとものと同じものが使われている。

中古アイホンの検討もしてみる

iPhone8もiPhone8plusも中古で探してみるのはどうだろうか、最近では中古アイホンでもキレイな状態で売りに出されているところもあり、新品で買うよりお得だろう。ここで紹介したいのが中古スマートフォンの売買に特化したスマホのマーケット(スママ)だ。スママでは、動作保証・SIM診断・除菌クリーニングなど購入する際も丁寧に対応してくれるので初めてネットで購入する際も安心できる。中古アイホン検討するならスママがおススメ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「iPhone8でイヤホンジャックが復活するか?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

無料査定