iPhone8のサイズ、デザイン、スペックのリーク情報まとめ

2017年9月に発売が噂されるiPhone8。当初は噂が先行していたが、発売日が近づくにつれ信憑性の高いリークが増え、iPhone8の全体像が見えてきた。

そこで、これまで明らかになったiPhone8のリークについてまとめていく。

iPhone8のディスプレイサイズは5.7インチ?

まず、気になるiPhone8のディスプレイサイズだが、リークされた図面などの情報によると、約5.7インチであることが有力なようだ。

現行の最新機種のiPhone7とiPhone7Plusと比較してみると、iPhone7のディスプレイサイズは、約4.7インチ、iPhone7Plusのディスプレイサイズは、約5.5インチであるので、iPhone8はこれまでで一番大型のディスプレイのiPhone7Plusを上回る、iPhoneで一番大きいディスプレイとなるようだ。

また、周囲の明るさなどによりディスプレイの色調や明るさを自動的に調整するTrue Toneディスプレイを搭載するとリークされている。True Toneディスプレイは、9.7インチのiPad Proに搭載されており、iPhoneとしては、iPhone8と同時期に発売されるとされる、iPhone7s、iPhone7sPlusが初搭載となる。

iPhone8のサイズは、iPhone7より大きく、iPhone7Plusより小さい?

次に、iPhone8のサイズだが、リークにより多少誤差はあるが、高さ約143mm、幅約70mm、厚さ約7.5mmとなっており、ほぼこの大きさで間違いないようだ。

このiPhone8のサイズは、現行のiPhone7より一回り大きく、iPhone7Plusより小さいサイズとなる。

ただ、そうするとiPhone8とiPhoine7Plusで矛盾点が出てくる。iPhone8の方がiPhone7Plusよりディスプレイサイズが大きいのにも関わらず、サイズは、iPhone8の方が小さいのである。

これは、デザインの変更が関係してくる。実は、iPhone8は、従来のiPhoneのようなディスプレイに配置されたホームボタンが搭載されておらず、前面すべてがディスプレイとなっているのである。

このため、ホームボタンが配置されたスペースがなくなった分サイズは小さくなり、iPhone8のディスプレイサイズが、iPhone7Plusより大きいのに、サイズは、iPhone8の方が小さいのである。

iPhon8はフルディスプレイ?

前述のようにiPhone8は、初代iPhoneからディスプレイ下方に設置されていたホームボタンがなくなるとリークされている。iPhone8からフルディスプレイとするために、ホームボタンを前面からなくした、というわけである。

また、iPhone8は、ディスプレイを囲うベゼルの厚さが4mmと極めて細く、端末の大きさとディスプレイの大きさがほぼ同じとなるベゼルレスとなる可能性が高い。

フルディスプレイと同じく、ベゼルレスのiPhoneはこれまでなく、iPhone8がiPhoneとして初めてベゼルレスのスマートフォンとなるようだ。

ホームボタンは廃止?移動?

前述のようにiPhone8は、ホームボタンが前面からなくなる可能性が高いが、そうするとホームボタンはどこに行ったか、という疑問が湧いてくる。

ホームボタンには、指紋認証によりロックを解除するなどセキュリティ機能であるTouch IDが搭載されており、このTouch IDが廃止されることは考えにくいからである。

ホームボタンについては、ホームボタンを背面に移動させそこでTouch IDを搭載する、ホームボタンは廃止し、電源ボタンに指紋認証機能を搭載してTouch IDとする、同じくホームボタンを廃止してディスプレイにTouch ID機能と搭載するなど、様々なリークがあるが、まだ信憑性が高いとまでは言えないのが現状である。

また、セキュリティについては、指紋と同様に個人差がある目の虹彩パターンを読み取って認証を行う虹彩認証を搭載するというリークもある。

虹彩認証の利点は、センサーにより目の虹彩パターンを読み取るため、Touch IDのような指紋を読み取るボタンが必要ないところにある。さらに、スマートフォンを見るだけでロックが解除されるため、ボタンに触れる必要があるTouch IDに比べ操作は簡単になる。

もし、虹彩認証が搭載された場合、指紋認証のTouch IDは廃止される可能性もあるとのことである。

ただ、虹彩認証搭載は、将来的にiPhoneに搭載されるにしろ、iPhone8に搭載されるかとなると、確定となるリークは、まだないようだ。

ホームボタンおよびTouch IDについては、もう少し待つ必要があるようだ。

iPhon8のディスプレイは、OLED(有機EL)?

これまでのiPhoneは、液晶ディスプレイを搭載してきたが、iPhone8は、OLED(有機EL)ディスプレイを搭載することが有力となっているようだ。

OLEDは、液晶に比べ、消費電力が小さく、また高画質で、さらに薄型軽量という利点がある。また、OLEDは、ベゼルレスを作りやすいという利点があり、OLEDを用いたべセルレスなスマートフォンを、サムスン電子がGalaxy S8で実現している。

アップル社は、そのサムスン電子にiPhone8用のOLEDを発注した、というニュースから昨年からあり、iPhone8にOLEDが採用されるのは、ほぼ間違いないようだ。

iPhone8に搭載されるCPUはA11?

iPhone8に搭載されるCPUはA11と呼ばれるチップとなるようだ。iPhone7、iPhone7PlusがA10であったので、A11は、A10の後継のCPUということになる。

iPhone8にA11が搭載される事はほぼ確定しているが、 肝心のスペックは、現状はっきりとわかっていない。ただ、A11は、10nmプロセスルールで作られているということがわかっている。ちなみにA10は、16nmプロセスルールである。

このプロセスルールは、小さいほど素子を多く載せられるので、その分性能がアップすると言われている。例えば、別のスマートフォン用CPUで、16nmから10nmのプロセスルールになった時に、性能は数十パーセント向上したと言われている。

そのため、A11もA10より性能がアップしていることは間違いなく、最新型のiPhoneに搭載するのにふさわしいCPUといえる。

iPhone8はワイヤレス充電?

iPhone8は、ケーブルを接続することなく充電ができるワイヤレス充電機能を搭載すると言われている。

Androidスマートフォンでは、ワイヤレス充電機能を搭載しているものはすでにあるが、iPhoneではこれまで搭載されておらず、iPhone8が初のワイヤレス充電機能搭載機ということになる。

ただ、ワイヤレス充電の規格は、数種類あり、どの規格のワイヤレス充電機能をiPhone8に搭載するかはっきりとわかっていない。Apple Watchに搭載されているワイヤレス充電の規格であるQiが有力と言われているが、別の規格という噂もあり、さらにアップル独自の規格を立ち上げるのではないか、という憶測もある。

iPhone8がワイヤレス充電を搭載する可能性は極めて高いが、どの規格を搭載するか、は、もう少し待つ必要がありそうだ。

iPhoneが欲しくなったら

中古スマートフォンの売買に特化したスマホのマーケット(スママ)なら、自分の欲しいと思ったとき気軽にネットで確認、購入できる。スママでは、動作保証・品質チェック・SIM診断など自分の気になるオプションがあるの初めて利用する人も安心だ。iPhone欲しくなったらスママがおススメ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「iPhone8のサイズ、デザイン、スペックのリーク情報まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

無料査定