iPhone8&iPhone8 Plusの型番一覧・調べ方・命名規則まとめ

スマートフォンが本格的に普及し始めて10年近くが経つが、その間、スマートフォンで圧倒的に支持されたのは、アップル社のスマートフォンiPhoneシリーズであろう。

スマートフォンは、本格的に普及する前から存在したが、ITに詳しくない人でもスマートフォンを使用するようになったのは、iPhoneが登場したことによりスマートフォンの知名度が劇的に向上したのが大きいと思われる。

そんなiPhoneは、日本のみならずアメリカ、中国、アジア、ヨーロッパなど、世界中で販売されているのであるが、国や地域による異なる電波の仕様などに対応するため、iPhoneは、実は、複数のバージョンが存在する場合がある。

そのiPhoneのバージョンは、型番を見る事で確認することができるので、自分が所有しているiPhoneは、どの国向けのバージョンか、型番を見ればわかるのである。

そこで、今回は、iPhone 8/iPhone 8 Plusの型番と型番の確認方法について記載する。

引用:https://www.apple.com/jp/iphone-8/

iPhone 8/iPhone 8 Plusとは

iPhone 8/iPhone 8 Plusは、アップル社が開発、販売するスマートフォンiPhoneのシリーズ機である。初代iPhoneを第1世代として、iPhone 8/iPhone 8 Plusは、数えて11世代目にあたるので、第11世代と呼ばれる。第11世代は、iPhone 8/iPhone 8 Plusのほかに、iPhone X(テン)がある。

iPhone 8/iPhone 8 Plusは、大きさや重さは、前期種のiPhone7/iPhone7 Plusより若干大きくまた重くなっているが、それほど大きく変更はされていない。

ハードウェアは、CPUがバージョンアップされており、カメラ機能は、性能は大きくは変わっていないものの、ビデオ撮影は、より鮮明で滑らかな映像の撮影が可能となった。

その他、iPhone 8/iPhone 8 Plusは、新機能として、Qi規格によるワイヤレス充電とUSB-C電源アダプタを利用した高速充電が搭載されており、この点は、iPhone7/iPhone7 Plusと大きく異なっている。

iPhone 8/iPhone 8 Plusの型番について

iPhone 8/iPhone 8 Plusの型番(モデルナンバー)についてだが、iPhone8の型番は、「A1863」、「A1905」、「A1906」の3種類、iPhone8 Plusの型番は、「A1864」、「A1897」、「A1898」の3種類が、それぞれ存在する。

このうち、日本国内で展開されている型番は、iPhone8は「A1906」、iPhone8 Plusは、「A1898」となっている。

「A1906」と「A1898」は、iPhone7/iPhone7 Plusの「A1779」と「A1785」と同様に、日本国内向けのみの型番となっており、理由も、iPhone7/iPhone7 Plusの時と同様に、日本国内で広く使用されている電子決済システムのFelicaに、iPhoneに搭載されている電子決済システムのApple Payが対応するため、と思われる。

また、iPhone7/iPhone7 Plusの「A1779」と「A1785」と同様に、「A1906」と「A1898」は、日本のキャリアが使用している電波の周波数にiPhone 8/iPhone 8 Plusの中で唯一対応しており、日本国内で快適に使用できるようにカスタマイズされていることから、日本国内でiPhone 8/iPhone 8 Plusを使用するのであれば、「A1906」と「A1898」が、一番良いといえるかもしれない。

その他の型番については、iPhone8の「A1863」とiPhone8 Plusの「A1864」は、アメリカの一部キャリア、香港含む中国、インド、オセアニアに展開されていて、iPhone8の「A1905」とiPhone8 Plusの「A1897」は、アメリカの一部キャリアと北米、ヨーロッパ、日本と中国を除くアジア、となっている。

iPhone 8/iPhone 8 Plusの型番の確認方法

iPhone 8/iPhone 8 Plusの型番の確認方法についてだが、実は、iPhone 8/iPhone 8 PlusおよびiPhone Xは、これまでのiPhoneシリーズとは異なり、本体背面下部に、型番が刻印されていない。

これまでのiPhoneシリーズは、「iPhone」という刻印とともに、2行に渡り型番などの文字列が刻印されていたが、iPhone 8/iPhone 8 PlusおよびiPhone Xは、「iPhone」のみとなり、型番などの文字列はなくなったのである。

では、iPhone 8/iPhone 8 Plusのどこを見れば型番を確認できるのか、ということになるが、iPhone 8/iPhone 8 Plus本体には、型番が刻印もしくは印字されている場所はない。

ただ、iPhone 8/iPhone 8 Plusが入っていた箱の背面に貼ってあるラベルに型番が印字されているので、そちらを見る事で、iPhone 8/iPhone 8 Plusの型番を確認することが出来る。

しかし、中古品など箱がない場合もあり、その場合、本体に刻印がないiPhone 8/iPhone 8 Plusでは型番の確認が困難となる可能性もある。

その場合は、IMEIを確認することで、型番が判明する事もある。IMEIは、国際移動体装置識別番号(端末識別番号)と呼ばれるもので、iPhoneに限らず端末それぞれにユニークな15桁の数字が割り振られている。

そのため、IMEIを専用のサイトで検索することで、その端末の情報が判明することも有り、その情報の中に型番が含まれているのである。

このIMEIからは、どの国のどのキャリア向けの端末であるか、のほか利用開始日も確認することができる可能性があるで、出所がよくわからない端末の情報を確認する時に重宝するかもしれない。

そのIMEIの確認方法だが、iPhone 8/iPhone 8 Plusの場合は、iPhone 8/iPhone 8 Plusの側面に格納されている、SIMカードを入れるSIMトレイに印字してあるので、そちらを確認することで、そのiPhone 8/iPhone 8 PlusのIMEIを把握することができる。

まとめ

iPhone 8/iPhone 8 Plusの型番と型番の確認方法について記載したが、iPhone 8/iPhone 8 Plusから、型番が本体に刻印されなくなったので、型番の確認が以前のiPhoneシリーズよりやや面倒かもしれない。

ただ、型番などの文字列の刻印がなくなった事に対しては、すっきりした、など好評の声が多く、今後発売されるiPhoneシリーズで、型番などの文字列の刻印が復活する可能性はあまりないかもしれない。

そのため、箱のラベルIMEIなど、型番の確認方法をしっかり把握しておいたほうがいいだろう。

中古アイホンを売りに出すなら

もし、使わなくなったアイホンがまだ手元にあるなら早めに売買することをおススメしたい。中古スマートフォンの売買に特化したスマホのマーケット(スママ)なら、中古アイホンを買いたいと思うユーザーが集まってくるので高値で売れる可能性があり、出品する際は、データ消去や個人情報の流出も出品サポートを使えば安心して利用することができる。中古アイホンを売りたいと思ったらスママを検索。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「iPhone8&iPhone8 Plusの型番一覧・調べ方・命名規則まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから