JOHN LOBB(ジョンロブ)革靴の買取相場・高価査定情報

JOHN LOBB(ジョンロブ)といえば格式高い高級靴ブランドと言っていいだろう。"革靴の王様"とも称される同ブランドは、高いクオリティはもちろんのこと、素材選びからのこだわりも強い。「PHILIPⅡ」「CITYⅡ」「WILLIAMⅡ」などのモデルが有名だ。

今回はそんなジョンロブの買取相場や高価査定情報について紹介するので、売却を考えている方はぜひ参考にしていただきたい。

引用:http://www.johnlobb.com/jp/

JOHN LOBBとはどんなブランドなのか

JOHN LOBB(ジョンロブ)は、1858年に創業したイギリスの靴ブランドである。デザイナーのジョン・ロブ氏はイギリス氏出身だが、20代でゴールドラッシュに沸くオーストラリアに移住し、現地で鉱夫用のブーツを作り靴職人としての名声を得た。その後、イギリスに戻ってからロンドンにジョンロブの工房を開設し、英国王室御用達の靴職人となったのである。

ジョンロブの定番モデル

ジョンロブの定番モデルとされる6型を紹介していこう。

  • PHILIPⅡ…クオータブローグ
  • CITYⅡ…王道ストレートチップ
  • WILLIAMⅡ…ダブルモンクストラップシューズ
  • CHAPEL…アッパー全てを1枚の革によって構成したサイドモンクシューズ
  • LOPEZ…コレクションを代表するコインローファー
  • FERRIS…3アイレットのスエードチャッカブーツ

どれもジョンロブらしい気品溢れるデザインが魅力だ。定番以外にも数多くの名作モデルが展開されている。

ジョンロブはいくらで売れるのか

定価で買うと200,000円以上とかなり高価なジョンロブの靴だが、古着買取業者はいくらで買い取ってくれるのだろうか。現在の相場を調べてみると、

  • ・PHILIPⅡ :定価の4〜5割
  • ・CITYⅡ:定価の4〜7割
  • ・WILLIAMⅡ:定価の4〜5割
  • ・CHAPEL:定価の3〜5割
  • ・LOPEZ:定価の3〜4割
  • ・FERRIS、その他:定価の2〜4割

ほどが平均となるようだ(2017/06/16調べ)。

買取相場は変動する

買取相場とは日々変動するため、上記はあくまでも”現在の価格”であるということを頭に入れておいていただきたい。また、確実な買取価格が知りたい場合は買取業者に見積もりを依頼してみよう。無料査定に対応しているところもたくさんあるので、ぜひ気軽に利用してみてはいかがだろうか。

JOHN LOBBの買取実績がある業者4選

ジョンロブの買取相場も掴めてきたところで、実際に買い取ってもらう業者を選んでいこう。比較条件としては、同ブランドの買取実績が豊富な業者が望ましい。実績と比例してブランドの知識も多く、的確な価格を提示してくれる可能性も高くなるのだ。今回はそんな実績が多数確認できた業者を紹介するので、ぜひ利用していただきたい。

ECO STYLE(エコスタイル)

http://www.style-eco.com/item/fashion/mens/shoes/johnlobb.html

ECO STYLEでは、ジョンロブを買取強化対象ブランドとしている。中でもミュージカルカーフなどの人気素材ははさらに高額買取される可能性が高いとのことだ。こちらは、

  • ・2015年イヤーモデル 6E チャッカブーツ 180,000円
  • ・チャペル ミュージアムカーフ 未使用 110,000円
  • ・ウィリアム グレインレザー 未使用 90,000円
  • ・TUDOR サイドゴアブーツ 70,000円

で買い取っていた。

ADDICT(アディクト)

http://addict-m.jp/brand/john_lobb/

ADDICTでもジョンロブの買い取りを強化しており、中でもPHILIPⅡやWILLIAMは中古市場でも大変人気が高い為に高価買取対象にしているとのことだ。こちらは、

  • ・PHILIPⅡ ダービーパンチドキャップトゥシューズ 80,500円
  • ・LANSTON ミュージアムカーフ ストレートチップシューズ 55,000円
  • ・CHESTER レザースリッポンシューズ 35,700円

で買い取りを行っていた。

RINKAN(リンカン)

https://www.gsc-rinkan.com/brand/johnlobb.html

ブログカードがロードできませんでした。

RINKANは、迅速なWEB査定がすごいと話題になっている。通常の24時間以内の回答でもありがたいが、11〜19時の間に "超速査定" オプションを設定すると、1時間以内に査定結果が送ってくれる。急ぎの場合はぜひリンカンのWEB査定を利用しよう。こちらは、

  • ・BECKETTS ストレートチップレザーシューズ 100,000円
  • ・PHILIP II ストレートチップレザーシューズ 70,000円
  • ・CHAMBORDⅡ Uチップレザーシューズ 50,000円

で買い取っていた。

Flat

https://www.flatsendai.com/johnlobb-boots.html
FLAT
(0件の評価)
今が売りどき!

Flatはホームページにてジョンロブの買取参考価格を掲載している。モデルごとのおおよその値段が掴めるので、査定依頼前に参照しておくといいだろう。参考価格の一部を紹介すると、

  • ・PHILIP II ストレートチップレザーシューズ 100,000円
  • ・CITYⅡ ストレートチップレザーシューズ 70,000円
  • ・WILLIAMⅡ ダブルモンクストラップレザーシューズ 70,000円

と提示されていた。

ヒカカク!おすすめ「Wonder REX」

現在中古買取で人気が上がってきているのがリユース・エンターテイメントショップである「Wonder REX(ワンダーレックス)」だ。

http://www.wonderrex.jp/

こちらは、アパレル商品のみならず、家電製品、ホビー用品などの買い取りも行っている。売却方法は店頭買取・宅配買取・出張買取の3つから選ぶことができるので、「急いで現金化したい」「不要品が多くて店舗まで持って行けない」など、さまざまな悩みにもマッチして利用しやすい。ジョンロブも積極的に買い取っているので、ぜひこの機会に利用してみてはいかがだろうか。

ジョンロブを高く売るコツ

それでは最後にJOHN LOBB(ジョンロブ)をさらに高く買い取ってもらうコツを紹介していこう。

付属品と一緒に査定に出す

ジョンロブの革靴の査定を依頼する際には、外箱や保証書といった付属品を一緒に出そう。付属品が欠けていても買い取りは可能だが、付属品が完備されていると、買取価格が高くなる可能性があるのだ。どれだけ購入時に近い状態で査定に出せるかがポイントとなる。

ちなみにジョンロブの純正シューツリーをお持ちなら、一緒に査定に出すことをオススメする。シューツリーを買取対象としている業者は、平均して3,000〜5,000円で買い取ってくれるようだ。

綺麗な状態で査定に出す

あとは良好な状態で査定に出すことが大切だ。査定前には必ずメンテナンスをして状態を整えよう。汚れを落としてシューケアクリームを塗るだけでもかなり見栄えは変わる。リペアに出すことまでは強要しないが、汚れや傷などのマイナス点はできるだけ改善しておくべきだ。使用感の少ないものほど高く買い取られる傾向にあるので、査定前の状態確認は必ず行おう。

まとめ

今回はJOHN LOBB(ジョンロブ)の買取相場と高価査定情報について紹介した。定価がかなり高価であるために中古価格で購入したいと考える者も多く、買取市場でも人気が高かった。状態が良ければかなりの高価買取が狙えるだろう。そして買い取りの際はぜひ、当サイト「ヒカカク!」で紹介している業者を利用し、満足のいく取引に繋げていただきたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「JOHN LOBB(ジョンロブ)革靴の買取相場・高価査定情報」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

無料査定