MacBookの買取価格をソフマップやじゃんぱらなど10社で比較してみた【2015年モデル】

そこで今回は新型MacBookの2つのモデルの買取価格を比較する。新型MacBookを持っている方はぜひ参考にして欲しい。

なお、買取相場は2015年12月30日時点のものである。日々、価格は変動しているので注意が必要だ。


New MacBook / Jun Seita

人気のPC「MacBook」

MacBookは2015年4月に発表された、現時点(2015年12月時点)でApple社から発表されている最新のノートパソコンだ。初期MacBookは2006年からMacBook Proの廉価版として販売されていたが、2011年に販売が停止。

MacBook Airなどの、近い価格でありながら格段に優れたスペックの商品が登場していたことが販売中止の理由だと言われている。それから2015年の新モデル発表までの間、MacBookがAppleの商品ラインアップに並ぶことは無かったが、2015年4月に再度登場した形だ。

MacBookは携帯しやすい形が特徴的

新型MacBookの何よりの特徴は、それがApple史上最も薄く軽いノートパソコンであることだ。新型MacBookはMacBook Airよりも約0.4cm薄く、約160g軽い。この軽量化、薄型化のためにAppleは、USBポートをType-Cポートたった一つにする、CPUのスペックを落としファンレスにする、キーボード方式を従来のパンタグラフ方式からバタフライ方式に変更する等、大胆な機能の削ぎ落とし、仕様変更を行っている。

Appleがそのコンセプトを「ワイヤレスな世界のために完全装備」としている通り、新型MacBookは携帯性を重視した一台となっていると言えるだろう。

売り時を見極めると高額査定が期待できる!

そんな新型MacBookだが、買取市場はどの様になっているだろうか。デザインのスマートさを支持する声が多い一方で、軽量化、薄型化を追求した結果、マシンとしての使い勝手が大きく犠牲になっていることへの不満の声も小さくはない様だ。

仮に後者の不満を持ったユーザーが多いとすると、次のモデルが発表された際には、買い換えが多くなり買取り市場が活発になる可能性がある。あらかじめ買取価格を把握しておくことで、売り時を逃さない様にしておきたいところだ。

MacBook 12インチ (2015年モデル) 256GB ゴールド MK4M2J/Aの買取相場比較

まず紹介するのは、日本において新型MacBookの中で最も人気の高いゴールド、256GB。やはり、Apple製のノートパソコンで初めてのゴールド色であることが人気の秘密なのだろうか。

ただ目新しさが人気の秘密だとすると、しばらくしてから飽きが来てしまい人気が低下してくることも考えられる。ゴールドモデルを持っている場合は、定期的に買取価格をチェックしておいた方が良いだろう。

ソフマップ:90,000〜99,000円

ソフマップ
3.99
(333件の評価)
今が売りどき!

ビックカメラグループに属するソフマップ。非会員の買取価格が9万円ということになる。

ドスパラ:93,000円

ドスパラ
3.78
(83件の評価)
今が売りどき!

ソフマップよりやや高い水準。

Joshin:74,000円

Joshin
3.97
(110件の評価)
今が売りどき!

8万円を切っており、かなり低めの価格。

イオシス:101,000円

イオシス
4.12
(43件の評価)
今が売りどき!

秋葉原、日本橋などに店舗を展開するイオシス。見事に10万円超えだ。

じゃんぱら:100,000円

全国に店舗を持つじゃんぱら。イオシスには及ばないもののなかなかの高買取価格だ。

秋葉館:80,000円

秋葉館
4.0
(33件の評価)
今が売りどき!

こちらはやや低めの価格で買い取っている様だ。

DO-MU:97,000円

DO-MU
4.14
(22件の評価)
今が売りどき!

<>em10万円には届かないものの、悪くない買取価格だ。

コムショップ:94,000円

コムショップ
3.81
(110件の評価)
今が売りどき!

まずまずと言えよう。

アキバ流通:95,000円

アキバ流通
4.08
(13件の評価)
今が売りどき!

わずかに10万円には届いていない。

ヤフー買取:90,000円

ご存知Yahoo! Japanが運営する買取サービス。今回はなんとも言えない買取価格となっている。

10業者で買取価格を比較してみての所感

イオシスが見事に1位、そしてじゃんぱらがわずかな差で2位につけた。また3位以降にも9万円代半ばで買取をしている業者が複数存在している。買取価格は日々変動するものなので、多少の差であればいつ逆転してもおかしくない。10万円を一つの目安として買取価格をチェックしておくと良いだろう。

なお、じゃんぱらは送料が無料だが、イオシスは送料が自己負担となる。この様に買い取り時の各種手数料負担については業者間で異なるルールを持っているので、しっかりと確認しておき損をしない様にしたいところだ。

本日の買取価格は下記から確認してみよう!

Apple MacBook 1100/12 MK4M2J/A ゴールド最高買取価格¥119080今すぐ買取価格を比較する

MacBook 12インチ (2015年モデル) 512GB スペースグレイ MJY42J/Aの買取価格を比較

続いて比較するのは、色違いとなるスペースグレイで2倍の容量となる512GBのモデルだ。前述の通り新型MacBookは携帯性を高めた仕様になっている。持ち歩き用のセカンドマシンとして使う場合はSSDを512GBに増やすメリットはあまり無いかもしれない。

ただし新型MacBookをファーストマシンとして使う場合で、音楽や写真を大量に扱うユーザーであれば512GBを選んでおいても損は無いだろう。容量が足りなくなった結果、外付けHDDを一緒に持ち歩く様になってしまうと、せっかくの新型MacBookの軽量性の意味がなくなってしまう。

さて、買取価格はどうなっているだろうか。当たり前だが、容量が大きい分256GBモデルよりも買取価格は高くなる。買取価格が高いということは業者による振れ幅も大きいということだ。注意して見ていこう。

ソフマップ:108,000〜118,800円

ソフマップ
3.99
(333件の評価)
今が売りどき!

12万円には届いていない様だ。

ドスパラ:120,000円

ドスパラ
3.78
(83件の評価)
今が売りどき!

家電やパソコンに強いドスパラ。12万円ジャストという高めの買取価格だ。

Joshin:92,000円

Joshin
3.97
(110件の評価)
今が売りどき!

256GBゴールドモデルに引き続き、かなり低い買取価格となっている。

イオシス:124,000円

イオシス
4.12
(43件の評価)
今が売りどき!

12万円を大きく超えてきている。暫定1位。

じゃんぱら:125,000円

イオシスをわずかに凌ぎ、見事125000円の大台に乗せている。

秋葉館:108,000円

秋葉館
4.0
(33件の評価)
今が売りどき!

なんとも言い難い買取価格。

DO-MU:120,000円

DO-MU
4.14
(22件の評価)
今が売りどき!

ドスパラと同じくまずまず。

コムショップ:115,000円

コムショップ
3.81
(110件の評価)
今が売りどき!

12万円に届かず。

アキバ流通:125,000円

アキバ流通
4.08
(13件の評価)
今が売りどき!

アキバ流通がイオシスと同じ125,000円でトップに。

ヤフー買取:118,800円

こちらも12万円には届いていない様だ。

10業者で買取価格を比較後の考察

じゃんぱら、そしてアキバ流通が並んでの1位となった。125,000円の高買取価格だ。じゃんぱらはゴールド256GBから続いてトップ2入り。MacBookの買取においてはまず利用を検討すべき買取業者と言えるかもしれない。

アキバ流通はMacBookだけに限らず幅広い家電を取り扱っている買取業者。店頭買取だけではなく、宅配買取にも対応しており、送料無料、梱包材無料、振込手数料と、一切手数料がかからないことが魅力である。

なお、Joshinや秋葉館の様に買取価格が11万円を切る業者も存在する。モノを売るときは買取価格をしっかりと比較して損をしない様に注意しよう。

本日の買取価格はこちらから!

Apple MacBook 1200/12 MJY42J/A グレイ最高買取価格¥122210今すぐ買取価格を比較する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「MacBookの買取価格をソフマップやじゃんぱらなど10社で比較してみた【2015年モデル】」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

無料査定