Wave ウェイブの買取価格を10社徹底比較

最終更新日時:

子供の頃、カードゲームで遊んだ経験はあるだろうか。お小遣いをためてカードを集めた経験がある人も少なくないだろう。集めたカードをデッキにして、対戦する時間にはなつかしさを覚えることだろう。

本記事ではそんなカードゲームの中からデュエル・マスターズについて注目していく。デュエル・マスターズには数えきれないほどにカードが作られ、使用されている。そんなカードの中にはとても貴重なものも存在する。

本記事で紹介するWAVE ウェイブもその1つである。本記事の中ではWAVEの買取情報はもちろん、買取を初めてする人に安心してもらえるよう情報も紹介していく。それではさっそくカードについて知っていこう。

wave ウェイブの買取価格を10社徹底比較
引用:magi
あなたのトレーディングカード(トレカ)
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

デュエル・マスターズ

まずはデュエル・マスターズについて知らないという人のために、軽くデュエル・マスターズの概要について触れていく。歴史から遊び方まで簡単に触れていくので、自分なりにカードゲームの雰囲気を掴んでほしい。

歴史

デュエル・マスターズは、カードゲームとしては大変長い歴史を持つコンテンツとなっている。現在では漫画をはじめとしたさまざまなメディアにて展開がおこなわれている。そんなデュエル・マスターズは初め、カードゲームとして誕生したわけではなかった。

最初は「コロコロコミック」にて、Magic:the Gatheringを題材とした漫画としてスタート。その後にカードゲームとして立ち上がり、現在のカードゲームの根幹ができあがったのだ。

海外展開やゲーム製作、テレビアニメなどさまざまな分野にて、そのゲームの楽しさを広めようと奮闘している。現在も新規カードパックが継続的に発売されるなど、今後の展開にも期待されているのだ。

遊び方

遊び方はいたってシンプルである。40枚のカードを組み合わせたものをプレイヤー同士で持ち寄り、プレイヤーに直接攻撃をできた人が勝利を勝ち取る。プレイヤーに攻撃を与えるためには、相手プレイヤーを守るシールドカードを5枚破壊する必要がある。

プレイヤーを攻撃するまでには、特殊効果を発動させられる呪文カードや強力なクリーチャーカードを使った攻防戦が繰り広げられる。ここに、プレイヤーの戦略性が表れている。

カードの種類も無数に存在し、それぞれの戦い方が生まれてくる。ただ楽しむためだけにプレイするのもよいし、戦術を組んで本気でゲームをしたいというニーズにも応えられるゲームなのだ。

カードの種類

デュエル・マスターズには多くのカードが存在するが、大きく分けて3種類と理解すると分かりやすいだろう。まず最も使用頻度が高いのはクリーチャーカードである。このカードを使って相手と戦闘をおこなっていく。

その戦闘を補助するために使用される呪文カード。このカードの存在はゲームの勝敗を大きく左右していく。このカードを上手く使えるかどうかは、プレイヤーの腕の見せ所といえよう。

そしてその2種類をメインに使っていくのだが、それに加えて装飾系のカードが存在する。クリーチャーカードに装備して特殊効果を得るカードやそのカード独自の特殊効果を得られるカードがそれである。装飾系カードとして今回は分類していく。

Wave ウェイブ

それでは本題であるWave ウェイブについて紹介していこうと思う。買取比較に入っていく前に、まずはカードそのものについてを知ってもらう。そのあとで買取額について比較をおこなっていく。

Wave ウェイブとは

Wave ウェイブは、カードパックDMSD-11に収録されたカードである。水タイプの7カードであり、カードのデザインも青や水色を基調としたものとなっている。レアリティはプロモカードということで少し珍しい

特殊効果としても、召喚したときにコスト4以下の墓地にある呪文を使用できる。戦術の中に組み込めば、危機的な状況を回避できる可能性が高くなるだろう。使い方次第で大きな力を発揮することだろう。

また各ターンに呪文を初めて唱えたとき、ガチャレンジクリーチャーというものを召喚できるという効果も持っている。ガチャレンジをメインに使うプレイヤーには強力な味方である。

Wave ウェイブの10社買取比較

ここからは本題であるWave ウェイブの買取比較をしていく。以下が各カードの買取価格である。

  • ・フルアヘッド:250円
  • ・カーナベル:300円
  • ・トレコロ:300円
  • ・遊々亭:300円
  • ・駿河屋:300円
  • ・お宝創庫:400円
  • ・コンプオフ:300円
  • ・G-PROJECT:500円
  • ・ティム:200円
  • ・C-labo:400円

以上が買取価格となっている。相場は300円前後と考えるとよいだろう。1枚のカードでここまでの価格がつけば、価値の高いカードと呼んでも差し支えない。もし手持ちの使っていないカードに、Wave ウェイブがあれば査定に出してみてほしい。

高価買取のコツ

業者の買取価格を確認したがどうだろうか。カードの買取というと1枚1円にも満たないケースが多い中、数百円の価値がつくカードといえるため、高い価値のまま取引をおこないたいものだ。

そんなときに重要となるのがカードのケアや手間をかけることになる。本項ではそれらを具体的に紹介していく。ぜひ参考にして納得のいく買取につなげてもらえれば幸いである。

カードのメンテナンス

カードを売りに出す前に必ず確認してほしいのが、汚れホコリである。せっかく価値の高いものを持っていても、見た目でマイナス面があれば価値を低く見積もられてしまう。ここは厳密に査定がおこなわれていく。

そこでやるべきことは、落とせる汚れを忘れずに落としていくということである。子のひと手間でかなりの減額を防ぐことができる。また逆に現状ではあまり価値が見込めなかったものが、少しでも高い価格での取引につながることにもなる。

買取額を上げるために心がけてほしいことの1つに、買取に出すものはできるだけ新品に近付けるということがある。これを心がけるだけで不必要な減額を避け、納得のいく取引をおこなうことができる。

まとめて査定に出す

複数のものを売ろうと思っている際は、1度にまとめて売りに出すことをおすすめする。その理由は、配送料や使用料、クリーニング代などさまざなところで費用が発生してしまう為である。そのちょっとした費用で買取額が下がっていく。

カードの買取において、少しの減額は大幅な減額となることは珍しくない。それを避けるためにこの方法をとっていけば、本来の査定額に近い価格での取引となる。よって送料が発生する場合などは注意して利用しよう。

ただし、まとめて買取に出す際に注意してほしいのが、レアカードは分けて配送するということだ。レアカードと通常カードは査定の方式が異なるケースが多い。よって必ずレアカードは別の小袋で包むなどしよう。

流行りの時期に売る

高い価値で取引されているものがあったとしても、その商品の在庫が多くなってしまえばその品物の取引額は下がっていく。つまり価値は変動し、高い価格はいつまでも続かないのである。そこで何をすればよいのかというと、迷わずに売ることが重要だ。他にも持っているプレイヤーが多いと推測できるものであればなおさらである。

もしそのカードをどうしても手放したくない理由がある場合以外は売りに出そう。しかし例外もある。非常に希少価値が高く持っているプレイヤーも日本や世界規模で考えても非常に少ない場合のおいては温存しておく手も有効となる。それぞれで決断してほしい。

magi

カードを買取に出すときに業者を利用する人は少なくない。配送すれば査定をおこなってもらえ、非常に便利で知識がなくても取引をおこなうことができる。多くの人がこれを利用するのも不思議ではない。

しかし唯一の問題点がある。業者は買取したものをまた販売するため、売価より低い価格でしか取引ができないのだ。これは大きな問題点の1つだと捉えてよいだろう。しかし、これを解決してくれるサービスがあるのを知っているだろうか。

それがmagiである。magiはトレカを専門的に扱うフリマサービスである。アプリの配信もしており、利便性も向上し続けているサービスとなっている。対応しているトレカの種類も豊富である。

買取設定の自由度

magiは、出品したカードの値段を自分で決定することができる。業者を利用していたときは、店頭価格の半分ほどでしか取引ができなかった。しかし、より店頭価格に近い価格を設定することも可能である。

非常に安い価格での取引をすることもなくなり、業者を探して吟味する手間も省ける。高い価値のカードであれば、自分で相場を知って取引をおこなっていくことも重要だ。その感性を養うことにもつながるだろう。

しかし、非常に高すぎる価格で値段決めをおこなうと品物が売れないため注意である。適切な価格設定をするためには、同じ商品の売却履歴を確認するとわかりやすい。ぜひ参考にしてほしい。

プレイヤーに最適化されたシステム

トレカに特化したフリマサービスであるため、トレカユーザーが使いやすい工夫が施されている。検索に関してもジャンル別に細かい区分けがしてあり、よりピンポイントで品物を探せるのである。

またプレイヤーが独自に組み合わせを作ったデッキを出品するなど、プレイヤー間でフリマサービスならではの商品を取引しているケースもある。目当てのカードもそれらを利用すれば、手に入りやすくなるのだ。

取引をおこなう際には、ユーザー間でコミュニケーションをとれるシステムも整っている。個人間での取引を仲介するサービスとして安心して利用できる仕組みがあるので、ぜひ利用してみて体感してほしい。

まとめ

ここまでWave ウェイブの買取比較に絡めて買取に関するさまざまな情報を紹介してきた。本記事の情報をしっかりと利用していけば、初心者でも適切な買取をおこなっていけるだろう。

必ずしも業者を利用する必要もなく、紹介したmagiを利用していくことも有効な手立てとして覚えておいてほしい。手持ちのカードが納得のいく取引で、手元を離れていくことを願っている。

ヒカカク!でトレーディングカード(トレカ)を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大20社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

あなたのトレーディングカード(トレカ)
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで多数の業者の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「Wave ウェイブの買取価格を10社徹底比較」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

LINEで相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する