ウイスキーの買取価格を比較しよう!

ウイスキーのカテゴリーです。ウイスキーといえばサントリーの角瓶や、ジャックダニエルなどがポピュラーです。ファイブニーズやお酒買取コンシェルジュ、アルジャンなどで買取を行っていますが、高級なものほど高く売れる傾向があるようです。
価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのウイスキー
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

ウイスキーの買取相場

価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのウイスキー
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

ウイスキーのクチコミ

4
2018年10月05日 21時56分 投稿者: 

ウィスキー焼酎、ブランデー、シャンパン、ワインをまとめて31本まとめて買取してもらいました!

状態が良くはないけど
買い取ってもらえたので、満足満足。

整理ができたのでよかった。

5
2018年06月22日 13時55分 投稿者: 

本日、サントリーウイスキー白州12年と響17年の見積もりで利用させて頂きました。見積りだけのお願いでしたが快く対応していただけました。また売りたいものが見つかったら利用したいと思います。

4
2016年06月19日 04時49分 投稿者: 

アルコールは飲まないので、いただき物のウイスキーを買い取ってもらうことにしました。バランタイン17年というお酒でしたが、オンラインで査定してもらうと1本2000円とういう価格が出たので、直ぐに宅配買取で4本まとめて買い取りしてもらうことにしました。荷物が到着するとスタッフさんからお礼の連絡があ...

4
2016年03月28日 18時43分 投稿者: 

いただき物のウイスキーを買い取りに出すことにしました。ロイヤル・ハウスホールとトラベルには書かれていたのですが、どれくらいな価値があるのかわかりませんでした。宅配買取で郵送して査定してもらうと、8500円という値段でしたのでそのまま買い取っていただくことにしました。商品を発送してからすぐに査定...

ウイスキーに関連する新着質問

ウイスキーの買取業者を探す

買取形式から探す

ウイスキーの関連コラム

ウイスキーの基本情報

ウイスキーとは大麦麦芽やその他の穀物を原料に用いて製造する蒸留酒で、その起源ははっきりとはわかっていませんが12世紀後半には現在のアイルランド地域で現在のウイスキーのルーツにあたる蒸留酒が飲まれていたことが文献で確認できます。時代を経ていくごとに世界中の国々へ輸出されるようになり、現在では各地域で個性のあるウイスキーが製造されるようになっています。代表的な産地はアイルランド、スコットランド、アメリカ、カナダ、そして日本が挙げられ、日本には戦前にスコットランドへ留学した竹鶴正孝が製法を持ち込んだのが始まりとされています。戦後から高度経済成長の間に少しづつ人々の間に浸透していき、現在では「山崎」などは本場のイングランドの品評会で最高賞を獲るようになり、繊細で高品質のウイスキーを製造することができるようになりました。 産地ごとに代表的な銘柄、特徴がありますが、例えばスコットランドでは日本より狭い国土のなかにたくさんの蒸留所が存在し、アイラ島のスモーキーなものとスペイサイドの華やかなものとではあまりにも個性が違うのですべてをまとめることはとても不可能です。国というよりも都市、住まう地域への愛郷心の強さがあらわれており、蒸留所ごとに違う味わいを感じることができるのがスコットラン ドの特徴です。アメリカではバーボンといってトウモロコシを主原料としたケンタッキー州のウイスキーが代表的とも言えます。たしなみ方では、ストレートやロックといった度数の高いものから水割り、炭酸割り、その他カクテルの材料にするなど様々なものがありますが、個性的なものはやはりストレートが一番味わいを楽しめることができます。
過去24時間の査定商品数
31
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する