PSPソフトの買取価格を比較しよう!

PSPソフトのカテゴリーです。プレイステーションポータブルはいつでもどこでも、臨場感の溢れ、完成度の高いゲームを楽しむことができます。いち早くゲームをクリアした後は、不要になったゲームソフトを可能な限り早めに売るように気をつけましょう。
2個以上でもOK!まとめて査定しよう
あなたのPSPソフト
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

PSPソフトの買取相場

2個以上でもOK!まとめて査定しよう
あなたのPSPソフト
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

査定実績

PSPソフトの査定実績をもっと見る

PSPソフトの基本情報

PlayStation Portable(プレイステーション・ポータブル、PSP)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) が開発したポータブルゲーム機で2004年12月12日に発売されました。PlayStation2により据え置き型ゲームの大きなシェアを握っていたSCEが、ゲームボーイなどでポータブルゲーム機において圧倒的なシェアを持っていた任天堂の牙城を崩すべく発売されたのが、PSPでした。4.3インチモバイルASV液晶を始め、UMDと呼ばれる小型光ディスク、外付けカードメディアであるメモリースティック PRO Duoなど先進の技術を搭載し、PlayStation2並みのグラフィック性能を持つなど、当時発売されていた任天堂のポータブルゲーム機であったゲームボーイアドバンスは勿論のこと、その後継機でPSPと同時期に発売されたニンテンドーDSに比べてもPSPのほうが性能は上でした。しかし、PSPは、価格がニンテンドーDSなどに比べて高く、一部のPSPにおいてUMDが飛び出す不具合があったり(後に改善されました)、携帯ゲーム機としては大きく重かったり、キラーソフトが登場しなかったり、などがあり、発売当初の販売台数は、ニンテンドーDSに水をあけられる結果となりました。その後、軽量化など改良がくわえられ、外部に映像を出力できるようになるなど機能追加もされ、また「モンスターハンターポータブル」などのキラーソフトが発売されたことから、低迷していた販売台数は増加に転じ、ニンテンドーDSを上回った時期もありました。2011年12月17日に、後継機であるPlayStation Vitaが発売され、PSPの生産は終了しましたが、PSP向けソフトは、2015年現在も新製品の開発、発売が続いています。派生機種として、UMDを廃止し、ソフトは、インターネットを介してダウンロードで購入する「PlayStation Portable go」があります。以下、ゲームソフト売上ランキングをご紹介します。<br><br>1.モンスターハンターポータブルシリーズ<br>「モンスターハンター」シリーズは、カプコンが開発したゲームで、最初のPlayStation Portable向けモンスターハンターシリーズである「モンスターハンターポータブル」は、2005年12月1日に発売されました。「モンスターハンターポータブル(以下 MHP)」は、PlayStation 2用ゲームとして発売された「モンスターハンターG」をリメイクしたものとなります。ゲーム内容は、「モンスターハンター」シリーズ共通で、ハンターと呼ばれるモンスターを討伐者になったプレイヤーは、クエストと呼ばれる依頼を受け、モンスターの討伐やアイテムの入手などを行います。ボスを倒すなどのようなゲームクリア要素はなく、クエストの報酬やモンスターから入手した素材を元に武器を強化し、より強いモンスターを討伐することが目的となっています。強さの目安となるレベルという概念がなく、武器の強化とプレイヤーの操作テクニック向上によりのみ強くなります。MHPは、本体とソフトさえあれば、複数人で同時プレイするマルチプレイが可能であるため、仲間同士集まりプレイするスタイルが流行し、人気が出ました。そして、PlayStation2用ソフト「モンスターハンター2」をPSPに移植した2007年2月22日発売に発売された「モンスターハンターポータブル 2nd(以下 MHP2)」は、武器やモンスターが追加されたほか、データをロードする時間を短縮する機能も搭載し、より快適にプレイすることができるようになったことから、MHP以上に人気が出て、PSPソフト初のミリオンセラーとなりました。その後、2008年3月27日に発売されたMHPとMHP2の両方の要素を盛り込んだ「モンスターハンター ポータブル2nd G」、Wii用ソフトの「モンスターハンター3」と「モンスターハンターポータブル2nd G」をベースに開発された2010年12月1日発売の「モンスターハンターポータブル3rd」と販売本数を伸ばして行き、「モンスターハンターポータブル3rd」は、PSPのソフトで、歴代1位の販売本数となりました。<br><br>2. DISSIDIA FINAL FANTASY<br>「DISSIDIA FINAL FANTASY」(ディシディア ファイナルファンタジー)は、スクウェア・エニックスが開発したPlayStation Portable用ゲームで、2008年12月18日に発売されました。FINAL FANTASYというと、RPGを想像しますが、DISSIDIA FINAL FANTASYは、初代「FINAL FANTASY」から「FINAL FANTASY Xまでの10作品の登場人物(隠れキャラとして「FINAL FANTASY XI」、「FINAL FANTASY XII」からも登場)による1対1で戦う3Dアクションゲームとなります。ゲーム内容は、光と闇の神に召喚された歴代のFINAL FANTASYの登場人物が、光と闇の陣営に別れ、戦うという内容となっています。メインとなるストーリーモードは、光側となる「コスモス陣営」が、闇側である「カオス陣営」を倒すまでを描いていて、コスモス陣営の登場キャラ毎にストーリーが設定され、真のエンディングを見るためには、すべてのキャラのストーリーをクリアする必要があるなど、やり込み要素を含んでいます。また、PSPの無線LAN機能を利用したアドホックモードにより、近くにいるプレイヤーと対戦ができるほか、PlayStation3を介したアドホック・パーティー機能により、遠くにいるプレイヤーとの対戦も可能となっています。歴代のFINAL FANTASY の登場人物によるアクションゲームということで発売前から話題を呼び、初動の販売本数は、「モンスターハンター ポータブル2nd G」、「モンスターハンターポータブル 2nd」に続く、歴代3位となりました。2011年3月3日には、続編となるDISSIDIA 012 FINAL FANTASY(ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー)が発売されました。 <br><br>3. CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-<br>「CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-」(クライシス コア ファイナルファンタジーセブン)は、スクウェア・エニックスが開発したPlayStation Portable用ゲームで、2007年9月13日に発売されました。CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-は、FINAL FANTASYシリーズの7作目にあたるFINAL FANTASY VIIの外伝的なゲームで、COMPILATION of FINAL FANTASY VII と呼ばれるFINAL FANTASY VII の外伝ゲームの1つとなっています。CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-は、FINAL FANTASY VIIに登場するザックス・フェアを主人公にすえ、ザックスの活躍を描いています。登場人物は、ザックスのほかFINAL FANTASY VIIの主人公であるクラウド・ストライフなどが登場します。ゲームシステムは、コマンドを主体とした前の行動から一定時間が経過したら行動できるというアクティブ・タイム・バトルを取り入れたアクションRPGとなっています。CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-は、PSPソフトの販売本数としては、モンスターハンターポータブルシリーズ、同じFINAL FANTASYシリーズであるDISSIDIA FINAL FANTASYに次ぐ販売本数となっています。<br><br>4. METAL GEAR SOLID PEACE WALKER<br>「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」(メタルギアソリッド ピースウォーカー)は、小島プロダクションが開発し、コナミが販売したPlayStation Portable用ゲームで、2010年4月29日に発売されました。METAL GEAR SOLID PEACE WALKERは、小島秀夫監督が監修して開発したMETAL GEAR SOLIDシリーズの作品の1つとなります。ストーリーは、「メタルギアソリッド3 スネークイータ」の10年後の世界において主人公スネークの活躍を描いています。これまで、PlayStation Portable用ゲームとして発売されたMETAL GEAR SOLIDシリーズでは、PSPの無線LAN機能を利用したアドホックモードによりVERSUS OPSと呼ばれる対戦プレイはできましたが、METAL GEAR SOLID PEACE WALKERでは、初めてCO-OPSと呼ばれる協力プレイが可能となり、2人でミッションに挑んだり、最大4人で戦車や攻撃ヘリコプターなどの大型兵器と戦う事が出来ます。METAL GEAR SOLID PEACE WALKERは、PlayStation Portable用のほか、2011年11月10日にHD エディション(PlayStation 3用、Xbox 360用)が発売されました。<br><br>5. KINGDOM HEARTS Birth by Sleep<br>「KINGDOM HEARTS Birth by Sleep」(キングダム ハーツ バース バイ スリープ)は、スクウェア・エニックスが開発したPlayStation Portable用ゲームで、2010年1月9日に発売されました。「ミッキーマウス」などのキャラクターで知られるディズニーとスクウェア・エニックスがコラボレーションして開発したゲーム「キングダム ハーツ シリーズ」の1つで、ミッキーやドナルドダック、グーフィーといったおなじみのキャラクターも登場するアクションRPGとなっています。タイトルの「Birth by Sleep」とは、2007年3月29日に発売されたPlayStation 2 用ゲームである「KINGDOM HEARTS II FINAL MIX+」に収録されたシークレットムービーで、KINGDOM HEARTS Birth by Sleepは、このシークレットムービーで示された謎を解明する物語となっています。KINGDOM HEARTS Birth by Sleepは、ディレクターである野村哲也氏によるオリジナルデザインのPlayStation Portable(PSP-3000)を同梱した限定版も発売され、初動の販売本数は、51万本を記録しました。
過去24時間の査定商品数
116
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する