PS4ソフトの買取価格を比較しよう!

PS4ソフトのカテゴリーです。プレイステーション4のゲームをクリアした後は、ゲームソフトが要らなくなりますよね。高額買取して貰いましょう。次のゲームソフトを買うときに活用できます。売る前に買取価格を比較すれば、高額で売却できるはずです。
2個以上でもOK!まとめて査定しよう
あなたのPS4ソフト
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

PS4ソフトの買取相場

2個以上でもOK!まとめて査定しよう
あなたのPS4ソフト
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

PS4ソフトの基本情報

PlayStation 4(プレイステーションフォー)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) が開発したTVゲーム機で、日本では2014年2月22日に発売されました。PlayStationシリーズの4機種目にあたり、2006年11月11日に発売されたPlayStation 3(プレイステーションスリー)の後継機種の位置付けの機種となります。PlayStationシリーズでは、PlayStation 3のCellのように新機種の度に独自開発された新しいCPUが採用されてきましたが、PlayStation 4では、PC用のCPUメーカーであるAMDとの共同開発されたCPUが搭載されました。代わりにセカンダリプロセッサーを搭載し、メインのCPUの負担を軽くする作りとなっています。また、メモリの搭載量は、PlayStation 3より高速転送が可能なメモリが8GBも搭載されています。また、グラフィック関連の処理を行うGPUもPlayStation 3より強化されており、同じゲームをPlayStation 3とPlayStation 4で行った場合、PlayStation 4が優れているのが明確に分るほどの性能となっています。さらに、USB3.0やIEEE 802.11 nなど、PlayStation 3当時はなかった最新の規格を採用しました。ただし、PlayStation 2やPlayStation 3の初期モデルであったような旧機種との互換性を実装するようなことはなく、PlayStation 4では、PlayStation/ PlayStation 2/ PlayStation 3のゲームはプレイできません(その代わり、PlayStation Nowというクラウド型のサービスで旧機種のゲームが遊べるような取り組みが始まっています)。PlayStation 4は、発売当初は苦戦を強いられましたが、その後はPlayStationシリーズ史上最速の勢いで販売台数を増やし、ライバルのマイクロソフトのXbox oneや任天堂のWii Uに圧倒しています。以下で、人気のソフトランキングを発表します。<br><br>1. KNACK<br>「KNACK」(ナック)は、SCEジャパンスタジオが開発し、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が発売したPlayStation 4専用ゲームで、2014年2月22日に発売されました。KNACKは、PlayStation 4が発売された時に同時に発売されたローンチタイトルのゲームとなります。ゲーム内容は、プレイヤーは、主人公KNACKを操作して敵を倒しながらステージをクリアするアクションゲームです。KNACKは、「レリック」と呼ばれる物質で構成されており、ステージ中にあるスーパーマリオブラザーズでいうところのキノコやスターのような強化アイテムとして使えるレリックで再構成することでパワーアップすることができます。誰でもカンタンに遊べるアクションゲームを作る、というコンセプトの元に開発されたKNACKは、小さい子供でもプレイできるよう操作を簡単にしたり、1PがKNACKをプレイし2PがメカKNACKをプレイして協力プレイをできるようにしたり、など、工夫がなされています。<br><br>2.METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAIN<br>METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAIN(メタルギアソリッドファイブ ファントム ペイン)は、小島プロダクションが開発し、コナミが販売したゲームで、PlayStation 4、PlayStation 3、XboxOne、Xbox360、windows用とマルチプラットフォームで展開され、2015年9月2日に発売されました。メタルギアソリッドシリーズの最新作で、メタルギアソリッドシリーズの5作目ということで、タイトルに“V”とナンバリングされています。なお、2014年3月20日にMETAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES(メタルギアソリッドファイブ グラウンド ゼロズ)というゲームが発売されていますが、METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROESは”V”の序章の位置付けで、METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAINが”V”の本編で、序章から9年後の世界となっています。ゲーム内容は、他のメタルギアソリッドシリーズと同じく、主人公のスネークを操作してミッションをクリアしていくもので、敵に見つからないように行動することを基本とするステルスアクションゲームとなっています。METAL GEAR SOLID Vでは、広大なオープンワールドを自由に行動することができ、それに加え、リアルな時間経過や天候、昼夜などの環境が変化されており、環境の変化によりスネークの行動に影響が出るなど、ゲームを進めていくうえで重要な要素となっています。メタルギアソリッドシリーズは、これまで小島プロダクションが開発してきましたが、コナミの開発体制が変更された結果、小島プロダクションは解散となり、METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAINから小島プロダクションのロゴはなくなっています。<br><br>3. ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城<br>「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」(ドラゴンクエストヒーローズヤミリュウトセカイジュノシロ)は、コーエーテクモゲームスが開発し、スクウェア・エニックスが発売したゲームで、PlayStation 3とPlayStation 4とマルチプラットフォームで展開され、2015年2月26日に発売されました。ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城は、ドラゴンクエストシリーズのゲームの1つですが、ナンバリングされたドラゴンクエストとは異なり、派生作品の扱いとなっています。また、ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城は、キャラクターを動かして敵を倒すという、ドラゴンクエストシリーズでは初のアクションRPGとなっています。登場するキャラクターは、メインとなるオリジナルのキャラクターの他、歴代のドラクエシリーズに登場するキャラクターもいます。ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城は、ナンバリングされたドラゴンクエストではありませんがドラゴンクエストシリーズの完全新作となります。PlayStationシリーズで、完全新作のドラゴンクエストシリーズのゲームが発売されたのは、2004年11月27日にPlayStation 2用ゲームとして発売された「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」以来だったことから、販売は初動から好調で、その結果、ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城が発売された週のPlayStation 4の販売台数が、PlayStation 4発売の週に次ぐ数字になるなど、PlayStation 4の販売台数を押し上げる効果も生まれました。<br><br>4. Bloodborne<br>Bloodborne(ブラッドボーン)は、SCEジャパンスタジオとフロム・ソフトウェアが開発し、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)から発売されたPlayStation 4用ゲームで、2015年3月26日に発売されました。ゲーム内容は、19世紀ヴィクトリア時代をベースとした世界を、主人公を操り敵を倒して行くアクションRPGとなります。ゲームシステムなどは、同じフロム・ソフトウェアが開発しPlayStation 3用ゲームとして2009年2月5日に発売され世界中でヒットした「Demon\'s Souls」とダークな世界観などが似ていますが、Bloodborneは、Demon\'s Soulsの続編ではなく完全新作として発売されました。Bloodborneは、難易度が非常に高く、ボスなど強力な敵だけではなく、フィールドに普通にいる雑魚キャラにも注意しないとやられて死んでします。あまりに簡単に死んでしまう事から、Bloodborneは、“死にゲー”とも呼ばれました。しかし、Bloodborneは、死ぬ事もゲームの一部となっており、死ぬことで入手できるアイテムや攻略のヒントが見つかる事も有ります。ただし、Bloodborneは、ゲームディスクからデータをロードする時間が長く、死ぬ度に長いロード時間に耐える必要があることから、死ぬ事よりもこちらのほうがユーザーの不満の種となっているようです。Bloodborneは、日本よりも海外での評判がよく、発売からわずか12日間で100万本を突破するなど、海外での販売が好調なようです。<br><br>5. Grand Theft Auto V<br>「Grand Theft Auto V」(グランドセフトオートファイブ)は、イギリスのロックスター・ノースが開発し、アメリカのロックスター・ゲームズから発売されたゲームで、PlayStation 3 / PlayStation 4 / Xbox360 / Xbox one / windows向けとマルチプラットフォームで展開され、PlayStatoin 4用は、2014年12月11日に発売されました。Grand Theft Auto Vは、Grand Theft Autoシリーズの12作目となり、メインタイトルとしては7作目となります。ゲーム内容は、広大なマップの中を3人の主人公がミッションをクリアしながら目的を達成していくアクションゲームです。ただし、暴力シーンや性的シーンがあり、また、主人公の目的が強盗などのことから、各国のプレイヤー年齢の規制は、一番高い年齢(日本ではCERO:Z(18才以上のみ対象))と設定されています。また、windows向けを除く日本向けGrand Theft Auto Vでは、ストーリーに関係しない暴力シーンや性的シーンなどは削除されています。元々は、PlayStation 3やXbox360で発売されたゲームですが、PlayStatoin 4やXbox oneといった次世代ゲーム機に移植される際に、グラフィックやオンライン対応の強化などが図られました。Grand Theft Auto Vは、すべてのプラットフォームで販売された本数の合計が5000万本を超えるなど世界中で大ヒットし、また、24時間で最も売れたアクションアドベンチャービデオゲームなど販売に関するギネス記録をいくつも持っています。
過去24時間の査定商品数
93
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する