MEDIASの買取価格を比較しよう!

MEDIASのカテゴリーページです。NECモバイルコミュニケーションズが販売するAndroid搭載型スマートフォンブランド。MEDIAS Z、MEDIAS X、MEDIAS Uなどのモデルがあります。オークションで売ったり、メルカリで売るのも手ですが、手間暇を惜しむ人は買取業者に楽に売ってしまうのが良いのではないでしょうか。スマホ買取業者は東京ならそこら中に存在し、カメラのキタムラなども実施しています。査定額をを比較し、相場情報を確認、高額買取を狙いましょう。
価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのMEDIAS
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

もっと絞り込む

MEDIASの買取相場

査定実績

MEDIASの査定実績をもっと見る

MEDIASの基本情報

MEDIAS(メディアス)は、NECカシオモバイルコミュニケーションズが開発するスマートフォンおよびタブレット端末のブランドネームとなります。スマートフォンは、Nシリーズ(NECがNTTドコモ向けに展開していたフィーチャー・フォンと同じ)として展開し、タブレットは(NEC)が展開します。 2011年3月15日に発売したNTTドコモ向けスマートフォン「MEDIAS N-04C」から、MEDIASが使用され始めました。最初は、NTTドコモ向けに使用されていましたが、au(KDDIおよび沖縄セルラー電話)およびソフトバンクモバイルにもMEDIAS名義の端末が展開されました。 “MEDIAS”という言葉は、携帯電話をデータ/コンテンツをユーザーに渡すメディアと見なしたことに由来する造語となります。 なお、2013/7/31に、NECカシオモバイルコミュニケーションズが担当するスマートフォンの開発と生産が中止される事が発表され、以降MEDIAS名義のスマートフォンの新機種の展開はありません。NECが担当しているタブレット事業は継続していますが、一般ユーザー向けの新機種は発売されていません。MEDIAS N-04C(メディアス エヌゼロヨンシー)は、NECカシオモバイルコミュニケーションズがNTTドコモ向けに開発したスマートフォンで、2011年3月15日に発売されました。色は、MEDIAS Black、MEDIAS Whiteがあります。 通信方式は、NTTドコモの第三世代携帯電話(FOMA)に対応しています。 ハードウェアは、cpuは、Qualcomm Snapdragon MSM7230 800MHzを搭載し、ストレージ容量は1GB、RAM容量は512MBとなっています。ディスプレイは、4.0インチフルワイドVGA 液晶を搭載し、カメラは5.1メガピクセルで720p動作撮影に対応しています。バッテリー容量は、1230mAhで取り外し可能となっています。 OSは、発売時Android 2.2(Froyo)を搭載していますが、最終的に2.3(Gingerbread)にバージョンアップされました。 NECカシオモバイルコミュニケーションズ初のスマートフォンで、奥行き7.7mmの発売当時世界最薄の端末となりました。また、NECのフィーチャーホンに搭載されていた高速起動、高速撮影に対応しています。
過去24時間の査定商品数
179
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する