Optimusの買取価格を比較しよう!

Optimusのカテゴリーページです。以前、韓国のLGエレクトロニクスが展開していたAndroid搭載スマートフォンブランドです。フラッグシップモデルのOptimus G、ファブレットのOptimus Vu、その他Optimus it、Optimus L、Optimus Fといたシリーズが存在します。高く買い取りして貰うためのコツは、売り時を逃さずに早めに売ること、査定額を比較することでしょう。また、送料無料の宅配買取を使うのも手です。売りたいと思った買取業者があっても、家の遠くであれば面倒ですし、交通費もかかります。秋葉原のOptimus買取業者に行くのも意外と大変です。そこで、自宅集荷の宅配買取サービスを使うことをおすすめします。純粋に高く売る業者に楽に売ることができるでしょう。モバイルミックスやモバイルヘッドは非常に高く買い取りしてくれるようです。買い取り価格を比較し、相場情報を確認、高額買取を狙いましょう。
価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのOptimus
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

もっと絞り込む

Optimusの買取相場

Optimusの基本情報

Optimus(オプティマス)は、韓国のLGエレクトロニクス社が開発したスマートフォンおよびタブレット端末のブランドネームです。Optimusは、Android搭載端末のシリーズですが、その前は、windows mobile機も展開していました(販売不振により撤退)。日本では、NTTドコモとau(KDDIおよび沖縄セルラー電話)向けに展開されました。 日本に展開されていたOptimusは、最上位機種のシリーズであるOptimus G、日本向けに特化したモデルのOptimus it、高輝度IPS液晶を搭載したOptimus bright、グラフィックデザイナーの佐藤卓氏が監修したOptimus LIFE、などがあります。 その他にLGが開発した端末に、ファッションブランドのPRADAと共同開発したPRADA phone by LGや、Googleから展開されているLGが開発したNexus 4がありますが、それらは、Optimusシリーズには数えません。 2013年7月18日に、LGからOptimusブランドの廃止を発表されました。それに伴い、日本向けに展開する端末のブランドネームも変更され、NTTドコモ向けに展開するスマートフォンは、グローバルモデルと同じくLG Gシリーズとなり、au向けに展開するスマートフォンは、isaiシリーズとなりました。
過去24時間の査定商品数
214
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する