グッチ(財布)の買取価格を比較しよう!

グッチ(GUCCI)の財布のカテゴリーです。グッチは、グッチオ・グッチが1921年、イタリアのフィレンツェにレザーショップとしてオープンして始まったブランドです。当時からグッチのアイコンとなっていた乗馬からヒントを得て、「緑赤緑」の配色を用いたデザインを発表しました。このデザインは現在においてもGUCCI(グッチ)のトレードマークとなっています。グッチの財布には「G」が重なったロゴがあしらわれたモノグラムや、シンボルカラーのウェビングラインなど様々な種類があります。特にレザーの財布は「シマレザー」が男性を中心に人気を集めています。傾向としては、ロゴやシンボルカラーを元にしたリボンチャームや、メタルロゴなどをあしらっているものが幅広い人たちに人気を博しているようです。また、グッチはデザインだけでなく、革などの素材にもこだわっています。主にキャンバス地や塩化ビニール、丈夫なレザーなどの長く使えるような素材を使用し、中には、汚れに強いピッグスキンを使用しているアイテムもあるようです。ブランド風月、ブランディア、なんぼや、ブランドゥールなどの有名な業者がグッチの財布の買取を行っています。買取価格は業者によって差があることが多いため、複数の業者に見積りをしてもらい買取価格を比較することが大切です。また市場相場は日々変動しているので、売り時を逃してしまわないよう注意しましょう。グッチの財布を査定に出す際には、新品に近い状態にしておくと高額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。細部まで掃除をして綺麗にしておき、箱などの付属品も忘れずに持っていきましょう。箱や保存袋、ギャランティーカードなどの付属品がある場合は査定額が上がることがあるため一緒に査定に出すことをおすすめします。
本物の価値がわかるプロにお任せください
あなたのグッチ(財布)
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

グッチ(財布)の買取相場

本物の価値がわかるプロにお任せください
あなたのグッチ(財布)
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

グッチ(財布)の基本情報

グッチは1921年にイタリアのグッチオ・グッチにより創業されたファッションブランドです。起業当初は革製品を主に扱っていましたが、現在では服やジュエリーや香水など幅広い種類の商品を手がけています。GGキャンバスという特徴的なモノグラムがトレードマークとなり現在でも人気があります。ファッションブランドとしては一番最初に創始者のデザイナーの名前を社名に入れたブランドでもあります。現在ではケリンググループの構成企業となり、同社の中核となるブランドになっています。同系列のブランドにはスポーツ用品ブランドのプーマや同じファッションブランドのバレンシアガがあります。 グッチの財布は種類が豊富で小銭入れやカードケースなどもありますが、機能性が高く実用性も高い長財布が特に有名です。レディース向けでは二つ折りフラップの長財布が人気で、ダークブラウンとベージュの落ち着いたカラーに独特のGGキャンバスがあしらわれ、素材にレザーを使うことで高級感も溢れるデザインになっています。価格も5万を上回らないお手頃な値段で、幅広い層から人気があります。毎年季節ごとに新作のデザインが発表されるので、季節に応じた財布を新鮮な気持ちで楽しむことができます。 古くから続いてきたブランドなので知名度も人気も高く、中古品の売買価格も高くなる傾向にあります。日本限定の花の柄を配したジップアラウンドウォレットなどはより高値で取引されます。
過去24時間の査定商品数
31
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する