ルイヴィトン(財布)の買取価格を比較しよう!

ルイヴィトン(Louis Vuitton)の財布のカテゴリーです。ルイヴィトンはフランスのパリに本社を置く世界的に有名なファッションブランドとして、非常に多くの人々に愛されているブランドです。中でも、「モノグラム」、「ダミエ」は非常に有名なデザインパターンで人気の高いデザインパターンとなっています。基本的に高級ブランド品というのは人気があり、需要も高いです。そしてなにより定価価格も高額になるため、買取金額が高くなる傾向にあります。特にヴィトンのような世界的に有数のブランドで、国内外問わず欲しいと思う人が多い商品は売れるでしょう。そうなれば古い商品であっても欲しいと思う人は多いとも考えられるので、例え古い商品であっても高額で売れるのです。また、ヴィトンのようなハイブランドメーカーの商品は、少々傷んでいたとしても売れることが多いです。状態が良い新品状態のルイヴィトンの財布は数万円〜数十万円の査定金額がつくでしょう。エコスタイル、高山質店、買取専門店大吉、ギャラリーレアなどの有名な業者がルイヴィトンの財布の買取を行っています。買取価格は業者によって差があることが多いため、複数の業者に見積りをしてもらい買取価格を比較することが大切です。また市場相場は日々変動しているので、売り時を逃してしまわないよう注意しましょう。ルイヴィトンの財布を査定に出す際には、新品に近い状態にしておくと高額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。細部まで掃除をして綺麗にしておき、箱などの付属品も忘れずに持っていきましょう。箱や保存袋、ギャランティーカードなどの付属品がある場合は査定額が上がることがあるため一緒に査定に出すことをおすすめします。
本物の価値がわかるプロにお任せください
あなたのルイヴィトン(財布)
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

ルイヴィトン(財布)の買取相場

本物の価値がわかるプロにお任せください
あなたのルイヴィトン(財布)
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

ルイヴィトン(財布)の基本情報

日本人は無類のブランド好きです。それは自分を良く見せたい、品格を表出したい、地位や権威のある人間に見せたいと言ったコンプレックスが大きく影響していると言えます。高級ブランドを身に付ければ、自分が大きくなった感覚に陥り、自尊心が満たされます。そのため日本ではいかにもブランドであることを誇示できるルイ・ヴィトンが非常に人気になっています。ルイ・ヴィトンはもともとフランスで旅行バッグを製作するメゾンでした。旅行バックに用いる皮革はその上からゴム加工を施し、さらに強度を高めています。そのためルイ・ヴィトンの皮革製品は他の度のブランドよりも摩擦や衝撃に強いとされています。そのため日本では通勤バッグとしてルイ・ヴィトンのバッグを用いる人も少なくありません。またそこにはLとVの非常にインパクトのあるブランドロゴが施されています。そのため周囲に高級ブランドを持っていることを誇示でき、非常に自尊心を満たすことができます。この皮革にゴム加工、LとVの文様のラインをモノグラムラインと言います。時代に流されないルイ・ヴィトンの定番であり、いつでも人気があるシリーズです。財布は15万円前後の定価、バッグは30万円前後の定価が相場です。このほかにもエピ・ダミエなど様々なシリーズ展開がありますが、やはりモノグラムが中古市場でも最も売買され人気と言えます。中古品であると定価の三分の一や半値で購入することができます。
過去24時間の査定商品数
31
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する