電動自転車の買取価格を比較しよう!

電動自転車はモーターで走行可能な自転車のことですが、ペダルをこがないとモーターが動かない電動アシスト自転車もあります。なお、電動自転車は、原動機付自転車の扱いとなり、ナンバーと運転免許が必要です(電動アシスト自転車は不要)。電動自転車の人気のメーカーは、ヤマハ、パナソニック、ブリヂストンなどがあります。これらのメーカーの電動自転車は中古市場でも需要が高く、状態によっては高額で取引されています。
あなたの電動自転車
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

もっと絞り込む

電動自転車の買取相場

あなたの電動自転車
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

電動自転車のクチコミ

5
2018年04月24日 11時20分 投稿者: 

1年間使用した電動アシスト付き子ども乗せ自転車を千葉まで出張買取りに来ていただきました。
いくつか相見積もりをお願いした中で、相場より1万円高く買い取ってくださいました。ホームページのリンクが堂々巡りしたり、会社概要はどこにあるんだ〜?と迷子になったりで、どんなところかな、とちょっと心配しま...

電動自転車に関連する新着質問

電動自転車の買取業者を探す

買取形式から探す

電動自転車の関連コラム

電動自転車の基本情報

電動自転車は、1993年に世界で初めてヤマハによって発売されました。当時は知名度が低かったこと、車種も一種類で価格も14万前後と高額であったため、あまり普及はしませんでしたが、それまで電池とモーターを内蔵した自転車はすべて「原付」と定められていた中で、モーター付きながら免許・ヘルメット不要の自転車が販売されたことは衝撃的でした。電動自転車の特徴は、一般に原動機付の乗り物には免許やヘルメット、ナンバーが必須であるところを、モーターの役割を「補助的」なものにしたことにより、免許・ナンバー登録が不要になっている点です。また、ペダルを踏む力や回転数をセンサーで検知し、搭載しているモーターによってペダルを踏む力を軽減させることにより、上り坂での走行や、ペダルを踏む力が弱い女性やお年寄りの人でも快適に走ることができるように設計されています。1993年の販売当初は不調であった電動自転車ですが、時代を経るごとに大手自動車メーカーや電機メーカーも参入し、その性能はどんどん進化していきました。今では、自転車の販売は落ち込んでいる中、電動アシスト付自転車の販売台数は年々伸びており、自転車メーカーにとって主力商品の一つとなっています。中でも、はじめて電動自転車を作ったことでしられるヤマハや、大手電機メーカーとして知られているパナソニック、自動車メーカーとして知られているブリジストンの製品は三大メーカー製品として人気があります。また、不要になった電動自転車の処分方法としては、リサイクルセンターや自転車専門店に持っていくか、粗大ごみとして回収してもらうのが一般的です。
過去24時間の査定商品数
13
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する