万年筆の買取価格を比較しよう!

万年筆を最高買取価格で売るなら査定相場を比較しましょう。買取業者によって、買取価格は大きく異なります。リサイクルショップなどに売る前に、宅配買取サービスなどをチェックし、高く売る方法を模索しておきましょう。モンブラン、ペリカン、ラミー、オマス、デルタなど人気のブランドの万年筆であれば中古品も高く買い取りしてもらえます。キングダムノートやモンブラン万年筆買取.comなどといった大手の買取業者をチェックしておきましょう。
価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたの万年筆
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

もっと絞り込む

万年筆の買取相場

価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたの万年筆
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

万年筆に関連する新着質問

万年筆の関連コラム

  • ラレックス万年筆の買取相場・査定情報まとめ

    LALEX(ラレックス)は1938年(昭和13年)にイタリアの実業家であったレオポルド・アキーラによって創業された。万年筆を愛し、収集する愛好家であったアキーラ自身が特注の万年筆製造を依頼してい...
  • マーレン万年筆の買取相場・査定情報まとめ

    比較的新しいブランドのマーレンは、昔ながらのベーシックデザインを大切にしつつ、斬新かつ独創的なデザインを得意とするブランドだ。まだ歴史の浅いブランドではあるが、すでにさまざまな商品が販売されてい...
  • オマス万年筆の買取相場・査定情報まとめ

    イタリアのボローニャに設立された万年筆の工房オマス。ギリシャ文化と機械工業という二つの分野の専門家が生み出した万年筆は、イタリアのみならず、世界に名をはせている。 現在は廃業となったため、その...

万年筆の新着商品

万年筆の基本情報

万年筆のお手入れ・掃除方法を紹介しましょう。万年筆を使用し続けているとペン芯に埃がたまったり、インクが固まったりするため、3ヶ月に一回ほど、水やぬるま湯でクリーニングします。吸入式、コンバーター式の場合はコップに水を入れ、インク吸入の要領で水を吸入、排出して色が出なくなるまでを繰り返します。カートリッジ式の場合は一昼夜ほど水に浸けてインクを溶かしてから、弱い流水にあてます。洗浄が終わったら、柔らかい布やティッシュペーパーなどで水分を吸い取りますが、使用するインクの色を変更する場合も同様に洗浄します。やはり最も人気のブランドは「モンブラン」です。スイスの装飾品コングロマリット、リシュモングループが所有する筆記具ブランドです。「ペリカン」もスイスに本社を置く文房具、オフィス用品メーカーも万年筆でも人気のブランドです。「ファーバーカステル」はドイツの筆記具ブランドです。
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する