介護用浴槽の基本情報

医療機関に入院したり介護施設などで介護を行う際に安全面に一番注意したいのは入浴対応です。浴室は事故が多い場所に成り易いのです。水や石鹸で滑る為転倒の危険も多く、温度管理を徹底しないと身体に負担をかけます。介護用浴槽は様々な種類があります。負担を少なくし、安全に入浴できるような工夫がなされています。寝たままの状態や座ったままの状態で浴槽に入れるものがあります。シャワーだけでなく湯船につかることは体を温める為にも必要な事です。環境や身体状況に合わせた様々な種類の浴槽が選べる時代なのです。
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する