大判・小判の買取価格を比較しよう!

大判・小判のカテゴリーです。大判には天正大判金や慶長笹書大判金、万延大判金、小判には駿河墨書小判や元禄小判、万延小判など様々な種類が存在します。2020年東京オリンピックの開催決定した現在では、小判や大判の需要が増えて買い取り価格が高騰しているので、売り時を見計らって上手に売却しましょう。

大判・小判の買取相場

大判・小判の基本情報

大判や小判は、安土桃山時代以降江戸時代まで発行されていました。ただし、大判・小判といっても、物によって価値はかなり異なります。後期になればなるほど、金の含有量が少なく粗悪であるため、コレクションとしての価値は下がる傾向にあります。最も価値が高いといわれているのは慶長小判で、取引相場は1,200万円と言われています。それに次いで価値があるのが万延大判金で、およそ150万円で取引がなされています。その...

無料査定