旧紙幣の買取価格を比較しよう!

旧紙幣のカテゴリーです。旧紙幣は、旧一円券からE一万円券まで数多くの種類が存在しますが、発行枚数の少ないものや古いものほど買取相場は高くなっています。おたからややトレジャー、リサオク、マクサスなどで買取を行っているので、まずは査定を依頼しましょう。
秘蔵の品、ぜひお売りください
あなたの旧紙幣
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

旧紙幣の買取相場

秘蔵の品、ぜひお売りください
あなたの旧紙幣
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

旧紙幣に関連する新着質問

旧紙幣の買取業者を探す

買取形式から探す

旧紙幣の関連コラム

  • 【保存版】交子の価値・買取相場・査定情報まとめ

    交子(こうし)は、11世紀の中国で発行された世界初の紙幣である。このころの中国は、経済活動が大幅に発達し、取引に使用するための銅貨が不足するようになった。それを補うために発行された鉄貨は、銅貨に...
  • 【7社検証】旧紙幣の宅配買取サービスを徹底比較してみた

    コレクションとして集めていた旧紙幣を、売りに出したいと思ったとき、どこで売っていいのかわからない、あるいは、買取査定方法も様々な方法があることを知らない人は多いだろう。 例えば、店頭買取、出張...
  • 旧紙幣の買取価格を4社徹底比較

    旧紙幣とは、現在日本の貨幣経済で主に用いられている1万円、5千円、2千円、1千円ではなく、かつて使用されていた紙幣のことを言う。馴染みある旧紙幣だと百円札、五百円札あたりだろうか。中には裏白50...

旧紙幣の新着商品

旧紙幣の基本情報

旧紙幣は、主に明治時代に発行されたものを指すことが多いです。それ以前に、紙のお金はあまり存在しておらず、存在していても名称が異なったためです。正式に紙幣と呼ばれるようになったのは、明治時代以降です。 特に価値が高いといわれているのが、明治の初期に発行された紙幣です。例えば、明治通宝100円券は、24,330枚しか発行されませんでした。しかも当時の100円はかなり高額であり、なおかつほとんどが回収されているため、現存するのはほんのわずかといわれています。そもそも取引されたことがないため、万が一発見されればどのくらいの価値が付くかはわかりません。明治通宝の50円券も、発行枚数はほぼ同じで、ほとんどが回収されたと記録に残っており、現存する可能性は小さいです。したがって、100円券同様、どのくらいの価値があるのかはわかりません。 また、同様に日本銀行兌換銀券、通称大黒天100円札は、発行された枚数が15,900枚のうち、未回収が27枚と、ほとんどが回収されています。したがって、現存するとしても1、2枚と言われており、1千万円以上の価値が付くといわれています。 以上のように、旧紙幣のコレクションの価値は意外と高いものとなっています。
過去24時間の査定商品数
13
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する