銀貨の買取価格を比較しよう!

銀貨のカテゴリーです。銀貨には新1円銀貨や、東京オリンピック1,000円銀貨、イーグル銀貨、メイプルリーフ銀貨など様々な種類が存在しますが、発行枚数の少ないものやレアなものほど高く売却することができます。おたからややリサオク、マクサスなどで買取を行っているので、まずは査定を依頼しましょう。
秘蔵の品、ぜひお売りください
あなたの銀貨
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

銀貨の買取相場

秘蔵の品、ぜひお売りください
あなたの銀貨
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

銀貨の買取業者を探す

買取形式から探す

銀貨の関連コラム

  • 銀貨の買取価格を5社徹底比較

    銀貨は金の次に絶対的な価値を持つ金属として、金本位制の貨幣国家で大きな価値を持っていた。日本では明治時代に金と合わせて金銀複本位制が導入された。ちなみに戦国時代から江戸初期まで日本では諸外国に比...

銀貨の基本情報

銀貨は、金ほどではありませんが、銀を用いているという点で価値は高いです。そのため、流通していた時代でも、額面が高い硬貨に採用される傾向にありました。現在は、記念硬貨を除けば、金や銀を用いている硬貨はありませんので、コレクションとして集められているのは、記念硬貨やアンティークコインの部類となるでしょう。 アンティークコインの場合、古い物であるため、コイン時代の状態が値段を大きく左右します。未使用状態のものであれば価値はかなり跳ね上がります。また、同じ額面でも、製造念が違えば大きな差が生じることもあります。これは、発行枚数が少ないと希少価値が上がるからです。 一例として、明治時代の銀貨である一円銀貨は、値段にばらつきがあり、3000円ほどの価値もあれば100万円になることもあります。これは、時代によって枚数が違うことが影響しています。また、その状態自体が価値に大きく反映されています。正貝円と呼ばれるタイプが特に高値を形成しています。 銀貨に限らず、アンティークコインの相場は一定ではありません。取引事例が多ければ、市場価格は安定していますが、レアなものほど取引事例が少なく、相場が形成されづらいからです。したがって、価値を知りたければ鑑定をしてもらう必要があるでしょう。
過去24時間の査定商品数
9
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する