サイレントチェロの基本情報

サイレント楽器は消音楽器とも呼ばれ、18世紀頃、音楽家たちが旅行先のホテルなどで夜間練習をする時の道具として研究されたものです。当時開発されたサイレントヴァイオリンは、大きな音を発生させる共鳴胴を持たないもので、消音、弱音、あるいは無音ヴァイオリンなどと呼ばれました。 サイレントチェロはサイレントヴァイオリンと同じく、共鳴胴を持たず、音響部分に電子回路を組み込んだ電気楽器です。演奏法は普通のチェ...