電力会社を選ぶ際に気をつけた方が良いポイントは?

電力会社を選ぶ際に気をつけた方が良いポイントは?
2019/02/11
かずきん
電気自由化に伴い電力会社を変えようかと思っています。値段が安いところがもちろん良いのですが、それ以外にも選ぶ際に気をつけた方が良いポイントなどはありますか?

回答一覧4/4 件

匿名希望

2019/02/23

電力自由化が始まって以来、地域固有の電力会社に捕らわれることなく、誰でも自由に電力会社を選べるようになりましたよね。お住まいの種類(一戸建て、マンション/アパートなど)に関係なく、自宅のあるエリアに電力を供給している電力会社とならどことでも契約することができ、またどこの電力会社であっても基本的には無料で選択することができることから、近年電力会社を自ら進んで選ぶ人が急増しているそうです。 電力会社を選ぶ上で安さはもちろん大切なポイントになりますが、それ以外にも選択する上で必ず抑えておきたいポイントがいくつかありますので、そちらの方を順序だててご紹介していきたいと思います。 1,供給エリアを確認する 住んでいる場所が電力会社の供給エリア外の場合は、言わずもがな契約することができません。電力会社には、全国に電力を供給しているところもあれば一部の限られた地域でしか契約できないようなところもあります。最近になって新規参入し始めたような電力会社では特に、全国に対応していない可能性が考えられますね。気になる電力会社があった場合には、まずホームページから供給エリアを確認してみるのがベターです。 ただし、全国に供給しているからといって必ずしも信頼できる電力会社であるとは限りませんし、逆に、地方の電力会社であっても良心的なサービスと価格で人気を集めているところだってあるでしょう。あくまで対応しているかどうか、という観点でご覧になってください。 2,電気料金をシミュレーションする 各電力会社のホームページでは、切り替えることで今よりもどのくらい電気料金が安くなるのかをシミュレーションしてくれる機能が展開されています。この機能を使って、自宅に届いた過去の検診票を元に、①平均の使用量、②使用量が少ない月の使用料、③使用量が多い月の使用料をそれぞれシミュレーションをしてみてください。総合的に見て、本当にその電力会社に切り替えることでお得になるのか?を判断する必要があります。中には都合のいいように使用料を算出させている電力会社もあるそうなので、必ず1月分だけで判断しないようにしてくださいね! 3,電力会社の評判を調べる 検討している電力会社の評判をインターネットを使って調べてみましょう。もちろん知り合いに実際使っていらっしゃる方がいる場合には、直接聞いてみるのが一番ですが…。そうでない場合は、「〇〇電力会社 評判」と検索するだけで大丈夫ですよ。 検索の結果、︎︎︎︎★情報があまり出てこない、★いろいろなサイトを見てみても大体評判が悪い口コミばかり、★反対に同じような文面でその会社を褒め称えるような口コミが連続している、などの状況が見られたら注意が必要です。Twitterやその他SNSを使って口コミを探すのも良い手であると言えるでしょう。 上記の3点以外にも、 ★自分の生活スタイルに合った電力会社、プランを選ぶ。 ★知名度だけで電力会社を判断しない。 ★口コミや評判をそのまま鵜呑みにはしない。 ★量販店等で店員さんに勧誘されるがまま流されて契約しない。 なども注意すべき点として挙げられると思います。 是非じっくり悩んだ上で、契約する電力会社を選択されてくださいね。

jukiya

2019/02/12

電力自由化によって、これまでは大手の電力会社から電力を購入していましたが、電力会社を乗り換えする事によってどのくらい金額を削減できるのか?また、電力会社乗り換えをする際の電力会社を選ぶ際のポイント等について回答していきます。 電力自由化によって電力会社を変更(乗り換え)する事によって年間で2万円程度の削減が期待できます。電力会社を変更しただけで使用する際に何も変化が無いのに年間電力料金が2万円もさがるのはうれしいだと思います。電力会社を変更(乗り換え)する際は賢く変更(乗り換え)する必要があります。 ①-1電力会社を選ぶポイント 電力会社を変更した事による停電リスク等は何も変更はありません。電力会社を変更する前と同様の回線を使用しますし、電気の品質も落ちるわけではありません。では電力会社を選ぶ時のポイントは何があり、電力会社によって何が変更しているのかについて説明していきます。 ①-2電気料金の違い 電力会社によっては、年間で2万円もの差がでてきます。お住いの地域によって電力料金に差がありますので、電力会社に確認するのが良いでしょう。 ①-3エコ、地域貢献 電力会社は、それぞれ電力の発電方法が異なります。環境にやさしい再生エネルギーを中心とした発電方法であればエコ電気の購入プランもあります。電力会社毎の発電方法により、料金プランの確認も必要です。 ①-4各電力会社のサポート体制の確認 電力会社に契約する時に、電力会社へ電話する時があると思いますがこの時の顧客対応が悪い電力会社は、基本的に契約しない方が良いです。電力会社に連絡する前に、その電力会社の口コミ等を事前に調べておく事をオススメします。 ②-1電力会社の選び方 電力会社は、すでに100社以上が参入している業界です。この中でどこの電力会社の料金が安いかを調べる際には、電気料金比較サイトで地域毎の1年間分の電気料金をシミュレーションしてくれるサイトを利用して事前に確認する方が良いでしょう。下記に電気料金比較サイトをいくつかご紹介します。 ②-2電気代見直しサイト エネチェンジ 電気料金と電気料金のプランを比較してくれるサイトです。自分で検討している電気料金のプランが最適かどうかを確認する事ができます。 ②-3価格.com - 電気料金比較 最適な電気料金のプランを診断でき、電力会社も自由に選択できます。どこの電力会社にしたいか検討中という方は、この比較サイトで確認する事ができます。 以上です。少しでもこの回答が参考になれば幸いです。

電力の自由化が始まり、新電力は優に100社以上が参戦しているそうです。 数も多くある上に料金プランも複雑なので 選ぶユーザーの方もいったいどうやって何を基準に選べばいいのか悩んでしまいますよね。 また電気を供給しているエリアも会社によって違うので、その点の注意も必要です。 電気は目に見えるものではないので、その質は私たちには知る由もありません。 しかしどこの会社と契約しても 電気の質は全く同じです。 制度上からも どこと契約しようと停電のリスクも同じです。 ここで本題の「電力会社の選び方」ですが、ほとんどの人が料金で選ぶのではないでしょうか。 それであれば電気料金を比較できる「料金比較サイト」を利用するのが一番わかりやすくていいですよ。 というのも一概にどの電力会社が一番とは言えないからです。 家庭によって電気の使い方は違います。 日中は仕事なので電気を使うのは実質夜の8時以降であるとか、またその反対もあるでしょう。 こういった理由からも サイトを利用して比較してみるのが一番です。 過去の電気料金を元にして1年分のシュミレーションができますので、検針票を見ながら入力するだけです。 気をつけたいのは 電力会社によってコールセンターのサービスもかなり違うことです。 フリーダイヤルのないところもありますし、お問い合わせ番号にかけた時に愛想の悪い会社も実際ありました。 またメールで問い合わせた時の回答に、数日待たされるところもあるようです。 こういったサービスは月々の電気代の支払いとは直接関係ありませんが、何かあった時にやり取りがスムーズに行かずストレスとなる事は避けた方がいいと感じます。 もう一つは電力会社で選ぶのではなく、セットにして割引きしてもらう方法です。 ネット・携帯電話利用料・ガス代などの利用サービスを 電気とセットにした割引きプランもおすすめです。 全て統一することでディスカウントされて、しかも請求がまとめてされるのはわかりやすくていいと思います。 光熱費それぞれ別に請求されるより、全部まとめてする方がお金の動きもわかりやすいのではないでしょうか。 それで月々数百円でも割引になるならやってみる価値はあると思います。 たった数百円でも、1年間だと何千円となります。 バカにならない金額ですよね。 参考になれば幸いです。

happy-life

2019/02/12

こんにちは。 電力も自分達で選ぶ時代ですから、しっかりポイントは押さえたですよね。 ポイントは3つです。 ・料金 使い方、使う量が全く同じでも、年間で2万円もの差がつくこともあります。使い勝手は何も変わらないのに料金だけ下がる、というのはうれしいですね。賢く選んで節約してください。 ・エコ・地域貢献 電力会社によって、発電の方法が違います。環境にやさしい再生可能エネルギーを中心とした、エコな電気を購入できるプランも続々登場しています。 「エコ」と言われると料金が高そうなイメージがありますが、大手電力会社より大幅に安い料金で環境負荷がより小さい電気を売っている新電力も少なくありません。「環境」と「節約」を両立させることも可能です。 ・ 顧客対応 申し込みや契約変更のために、電力会社に連絡をすることがあるでしょう。  でも、10分待っても20分待っても電話が繋がらない、なんてことになったら困りますよね。実際、「電話がなかなか繋がらない」新電力もあるので、顧客対応に関する口コミは要チェックです。  私が経験したところだと、メールの返信に2週間掛かった新電力もあります。今は電力自由化が落ち着いているので、さすがにそこまで酷い会社は無いと思いますが、メールの返信に1~2日掛かるような会社も少なくありません。 顧客対応の差を見るために、このサイトを運営していることを伏せて40社以上にメールをや電話で問い合わせをしていますが、「メールの返事が無い」ところも数社ありました。論外です。 また、問い合わせの電話がフリーダイヤルでなかったり、土日休みだったりするケースも多いです。 100社以上が参戦しており、料金プランも複雑です。会社によって電気を供給しているエリアも違うので、その点も注意しなければなりません。簡単に探しだす方法はこちらです。 料金で選ぶなら、電気料金を比較できる「料金比較サイト」を利用するのが便利です。 自宅の過去の電気使用量をもとに、1年分のシミュレーションをしてくれます。電気の検針票を手元に用意すれば、簡単に入力できます。 ガスやスマホ、ネットなど様々なサービスが「電気とのセット割引」のプランを出しています。セット契約に切り替えるだけで、料金が毎月数百円割引になる、という感じのお得な内容です。 よくあるトラブルとして、新電力に乗り換えたことでかえって電気代が高くなってしまったというケースです。 いくつかのケースでは、大手電力会社の方が安く使えることもあります。切り替える前に条件を確認したり、料金シミュレーションをして確認してください。

あなたの全てのカテゴリ
買取価格を最大5社が一括査定!
今すぐ査定する簡単
1分

関連する質問

LINE@で事前相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する