【保存版】GU(ジーユー)古着の査定ポイント・買取情報まとめ

GU(ジーユー)は、日本のファストファッションブランドである。

設立は2006年で、UNIQLO(ユニクロ)で知られるファーストリテイリングがダイエーとの業務提携により立ち上げたブランドとなる。

gulogo

GUのブランド展開

当初は、OEM製品ばかり揃えた結果、GUとしての特徴を出せず、売り上げが低迷したが、UNIQLOと同じくSPA製品を展開し、さらに、価格帯をユニクロの半額程度とするなどした結果、GUの存在が注目され、売上が好転した。

UNIQLOとは異なる特色

その後も、最新の流行を採り入れながら大量生産により低価格に抑えた衣料品を短期間で販売する、というファストファッションを取り入れたことにより、売上が拡大、UNIQLOより低価格なファストファッションブランドとして定着した。

同じファーストリテイリング傘下のファストファッションではあるが、UNIQLOが、ターゲットを老若男女すべての世代としているのに対し、GUは、10代から30代と比較的若い層をターゲットするなど、特色が出ている。

GUのアイテム傾向

そのため、アイテムの傾向にも違いがあり、UNIQLOは、全年代にむけてシンプルでスタンダードであるが高品質なアイテムを揃えているのに対し、GUは、若者に受けるよう低価格でトレンドを取り入れたデザインであるが、品質はUNIQLOよりやや劣るアイテムを揃えている。

ブランド名である「GU」は、日本語の「自由」から来ており、「もっと自由に着よう」が、GUのコンセプトとなっている。

人気アイテム

・文字やイラストなど様々な絵柄が印刷されたTシャツで、色々なアイテムと合わせる事が出来るコーディネイトしやすいGUの定番アイテムである「グラフィックTシャツ」。

・幅広い年代の女性から愛されているアイテムで、どんなスタイルにも合わせる事ができる、便利なGUの定番アイテムである「プリーツスカート」。

GUのアイテムの売却について

低価格でトレンドのアイテムを展開し、特に若者から高い支持を受けているGU。当然、古着についても人気があるもの、と思われるが、意外にも古着としてはあまり人気がない。というより、買取業者がGUのアイテムを買取しない傾向にあるのである。

買取業者からは敬遠される低価格帯

GUは、UNIQLOやアメリカのGAPなどと同じように、ファストファッションブランドと言われている。

ファストファッションは、前述のように、最新の流行を採り入れながら大量生産により低価格に抑えた衣料品を短期間で販売する、が特徴であり、その中でも低価格であることが最大の特徴なのである。

そのユーザーには嬉しい低価格が、逆に、買取業者からは買取されない所以なのである。

通常、買取されたアイテムは、新品の価格より安い価格で古着として販売される。それはファストファッションブランドのアイテムも同じであるが、ファストファッションブランドのアイテムは、元々低価格なので、古着として販売する時は、かなり安く販売しなければならない。

業者にとっては赤字にもなりかねないファストファッション

そのため、ファストファッションのアイテムは、古着として販売してもあまり利益が出ず、それなりに利益を出そうとすれば大量に販売しないといけない。

大量に売る手間と、売れるまで大量のアイテムを保管しておくコストを考えると、利益が出ないばかりか、赤字になる可能性すらある。

ファストファッションのアイテムは、古着を販売する商売のアイテムとしては、“美味しくない”。そのため、ファストファッションブランドであるGUのアイテムは、あまり買取されないのである。

GUのアイテムの売却先について

前述のように買取業者は、利益の出にくいGUのアイテムの買取を避ける傾向にある。自社のサイトに、UNIQLOやGUといったファストファッションブランドのアイテムの買取はできない、と明記している買取業者もあるくらいである。

条件付きで買取可能業者も存在する

しかし、買取業者の中には、前述の買取業者とは逆に、自社のサイトにGUのアイテムは買取可能、と明記している買取業者もある。

つまり、GUのアイテムを買取する買取業者がまったくないわけではないのである。

ただ、そのような買取業者でもGUのアイテムを買取する場合に条件を提示する場合がある。

例えば、アイテムが10点以上あれば買取をする、ファストファッションブランド以外のブランドのアイテムと一緒であれば買取をする、新品でタグが付いていれば買取するなどである。

買取業者を見つけることが第一

それらの条件をクリアできるようであれば、その買取業者に売却すればよいが、もし、条件をクリアできないようなら、交渉するか、他の買取業者を探すか、なんらかの対応が必要となる。

GUのアイテムを売却する場合は、まず、買取する業者を探すことが必要となってくる。他のブランドに比べやや困難な作業ではあるが、ネットなどから様々な情報を集めて、買取業者を見つけよう。

ブランド古着の買取専門「古着com」を利用する

1.00
(2件の評価)

・手数料等すべて無料
・宅配・店頭・出張買取の3つから選べる
・多数の買取実績で高価買取

古着comは業界トップクラスのブランド古着の買取専門業者である。ノーブランドの買取も行っているが、強化買取ブランド5点以上と一緒でないと買い取ってもらえないので気を付けよう。HPに詳しく載っているので各自確認してほしい。

GUのアイテムの売却する時に注意すること

買取してくれる業者を見つけたら、その買取業者に売却することになるのだが、その際に、何点か注意することがある。これらがダメなら買取価格が下がったり、最悪の場合、買取を拒否されたりすることもあり得る。

売却のタイミング

アイテムは、出来るだけ早く売却する。

アイテムは使用していくうちに劣化していくので、新しく、ほとんどもしくは全く使用していないアイテムは買取価格は高く、使用していた期間が長いほど、買取価格は安くなる。

あまりに古いと、買取を拒否される事も有るので気をつけよう。

シーズンアイテム

また、夏物といったシーズンアイテムは、シーズンが開始する直前に買取価格が上がる場合がある。

需要が増すシーズンを前に、買取業者はシーズンアイテムの在庫を確保しようとする。その際、確保しやすいよう、買取価格を挙げる傾向にある。そのため、シーズンが開始する直前に買取価格が上がる場合がある、ということになる。

アイテムを売却する時期は、買取価格に影響を与えるので、注意しよう。

アイテムの状態

アイテムは良好な状態にしておく。洗濯などでシミや汚れをきれいに落としておこう。

シャツなど、シワが有る場合はアイロンなどでシワを取る、コートやジャケットは、場合によってはクリーニングに出す(ただし、クリーニングに出す費用ほど買取価格が上がらない場合もある)。臭いが付いている場合は、とっておくことも忘れてはいけない。

GUのアイテムの場合は、状態が悪い即買取拒否、となる可能性があるので、アイテムは良好な状態としておこう。

付属品の有無

付属品は、アイテムと一緒にあれば査定が高くなる場合もあるので、もし、持っているのであれば、アイテムと一緒に買取に出した方がいいだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

  • keitaigod
  • odamobile
  • ネットオフ
  • マクサス
  • モバックス
  • ureru]

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「【保存版】GU(ジーユー)古着の査定ポイント・買取情報まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。 無料会員登録はこちらから