田舎の土地を売却する時、不動産屋の買取相場はどのくらい?

本コラムでは、土地を売るときにどうすればいいのか、また買取金額はどれくらいなのかについて述べていく。

ここで取り上げる土地の売却は複雑で、どのように手続きしていいのかわからない人も多いのではないだろうか。

簡単に基本的なポイントを紹介しておくので、ぜひ土地売却の参考にするといいだろう。


rice, tea and bamboo / spinster cardigan

土地を売るときにどうすればいいのか?

ではまず、土地を売るときにどうすればいいのかという点について述べていこう。

なるべく端的に述べていくので、参考にしておくといい。

不動産屋で相談をして買い手を見つける

基本的に土地を売るときには、買い手を見つけてその人に売るという仕組みになっている。

不用品の売却では業者などに買い取ってもらって現金化するのが基本になるが、土地の売却ではそうはいかないようだ。

あくまで買い手を見つけて交渉していき、交渉が成立したときに土地が売れるという仕組みになっていることを覚えておこう。

では、どこで土地を売る相談をするのかということだが、不動産の事業を行っている企業で相談をして買い取ってもらう流れになる。

つまり、不動産屋に土地を売る相談をして買取金額を決定し、買い手を見つけるという流れになるのだ。

その際には仲介手数料などもかかるので注意を

不動産は、物件や土地の賃貸や売買などを間で取り持つ問屋になるので、仲介手数料が必要になってくる点は注意しておこう。

仲介手数料は不動産事業の利益となるので必要経費になる。さらに土地は基本的に個人で売買できるものではないので、必ずかかってくる費用と考えておくべきだろう。

また、手数料は不動産事業を行なう企業によって違いがあるので、信頼のできる業者を選ぶ必要がある。

不動産屋で買い取っているケースも…

基本的に土地の売却は、買い手を見つけて売るという仕組みになっているが、売れない土地などもよくあり、そのようなニーズに応えるべく、土地の買取を行っている業者も少なくないようだ。

当然、土地によるのですべての土地が買取対象になるわけではないが、不動産屋の買取となると売れる金額は下がる傾向にあるだろう。

だが、その分現金化までは早いので、業者買取で即売却してしまうのもいいだろう。

土地の価値が決まる基準

次は土地の相場を知っておく必要があるだろう。

その前に、基本的な知識として土地の価値はどのような点で決まっていくのかを述べておくので、その価値基準について押さえておくべきだろう。

利便性の高い土地は価値があるので高くなる

土地は、利便生の高い土地であるかどうかで決まっていくものである。

そのため、どの地域の土地なのかによっても値段が決まる。そのなかで、利便性の高い土地が基本的に高い土地代になる傾向にあり、逆に利便性の低い土地は、低い土地代になる。

例えば、その土地の近くにはがあるか、商業施設医療施設があるか、地盤の強さなどなど…日常生活をどれだけ便利に暮らしていけるかというのが大きな基準となる。

需要の高い土地かどうかで決まる

つまり、需要の高い土地かどうかで土地の値段は決まるということである。

そのため、多くの人が暮らすような地域では住みたいという人も多いため、土地代は自ずと高くなる。

その逆で、そもそも住んでいる人が少ないため利便性も高くなく、住んでいる人よりも土地が多い地域であれば、当然需要が低くなるため、土地の価値は低くなるのである。

要は、買いたいと思う地域の土地であれば土地代は高くなる。土地代の価値については難しいと思いがちだが、簡単に考えると意外と単純なのである。

土地の買取相場はどれくらいか?

では最後になるが、土地の買取相場はどれくらいになるのかという点について述べていこう。

土地を売買する前に、相場は絶対に確認しておくべきである。相場を知らないで土地の売却を行なうと大きく損をしてしまう可能性があるためだ。

この機会に、どれくらいの相場なのかをしっかりと押さえておくべきだろう。

日本全国の平均相場

田舎の土地買取額はどれくらいなのかという点は、正直なところ明確な金額はわからないというのが現状だ。

なぜなら、土地の価値はいろいろな要素が重なるため価格の変動が激しいからだ。

それを踏まえての記述となるが、今現在の土地の価値がどれくらいかという相場であれば、地価平均→16万0097円/m2、坪単価平均→52万9247円/坪(※2016年)ということになっている。

この相場は、土地価格相場がわかる土地代データというサイトで公開されている。

このサイトは、各土地の相場をランキング形式で公開している非常に便利なサイトである。明確な土地の金額を調べるのであれば、このサイトが利用しやすい。

国土交通省が地価相場の調査をしている

余談にはなるが、土地の金額や価値を紹介しているサイトがあり、そのサイトが元になって土地の価格は日々決まっている。

そのサイトは国土交通省が運営しているサイトである。そのサイトのなかで、国土交通省地価公示・都道府県地価調査というページがあり、これが土地価格の基準になっている。

もちろん、上記で紹介しているサイトもこの国土交通省が調査発表しているデータを元にまとめられている。

買取業者で売ることもできる?

また、そのような相場を踏まえて不動産でどれくらいの金額で売れるのか、不動産買取の一括査定サイトで簡単に実際の金額を調べる方法もある。

今では不動産買取専門業者も出てきており、そのような買取業者で売ることもできるので、このようなサービスを上手く使って買取をスムーズに進めていくのも良い方法だろう。

役に立つおすすめ不動産買取サイト

●不動産買取.COM
http://www.fudousankaitori.com/

不動産買取.com
(0件の評価)

●ドリーミングハウス
http://www.dreaming-h.co.jp/

●イエイ(不動産売却専門一括査定サイト)
https://sell.yeay.jp/

おすすめの一括査定サイト

↓田舎の土地を高く売るなら↓

人工知能が選定した不動産会社複数社から買取見積もり金額を一括で貰えるふじたろうがおすすめである。簡単に査定依頼できるのでまずは無料見積もりしてみよう。

まとめ

本コラムでは、田舎の土地を売りたいときはどうするのか、また買取相場はどのくらいなのかという点を述べてきた。

ただし、ここで述べている点はあくまで基本的な知識・ポイントである。

また、上記でも記述したように、ここでの相場はあくまで平均であって明確な相場ではない。

そのため、不動産売却専門一括査定サイトなどを上手く利用して、サービスをしっかりと比較検討し、慎重に土地の売却をしていこう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「田舎の土地を売却する時、不動産屋の買取相場はどのくらい?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから