日本酒の買取価格を比較しよう!

日本酒のカテゴリーです。日本酒は、獺祭や十四代、醸し人九平次、黒龍、田酒などが人気を集めています。蔵zouや買蔵、アシストなどで買取を行っており、未開封のものや見た目の綺麗なものは比較的高く売れる傾向があるので、売却前には必ず汚れなどを拭き取りきれいな状態にしましょう。

日本酒の買取相場

日本酒の基本情報

日本酒の起源は果実酒だといわれています。紀元前4000年から3000年には酒を造って飲んでいたという遺跡が発見されていることからも当時の食べ物であるキイチゴやヤマブドウなどから果実酒が偶然にできたと考えられています。日本酒の主原料は水と米ですが、こうした長い伝統と歴史を持っているお酒でもあります。古事記や日本書紀、風土記にもお酒の記事が記載されています。現在ではクールジャパンの代表選手として海外でも注目を浴びています。日本酒は清酒とも呼ばれ、原料や精米歩合によって純米酒、本醸造酒、吟醸酒の3タイプに分けられます。さらにフルーティーなタイプやしっかりしたタイプ、辛口タイプなどにも分類できます。初めて飲む人にとっては何から飲めばよいのかわからないかもしれませんが、初めて飲むのにお勧めなのは吟醸酒の清酒です。吟醸酒は独特なフルーティーな風味があり清酒のフレッシュな味わいと併せて女性の方にもお勧めできます。純米酒とは米と米麹から作られる米100%の清酒のことを指し燗から冷酒など幅広い飲み方ができます。本醸造酒は米と米麹に少量の醸造アルコールを加え適度に味を調整した清酒で、燗で飲むことが多いお酒です。吟醸酒は十分精米された米を使って吟醸造りと呼ばれる製法で作られた清酒です。価格は高めですがすっきりとした味わいとフルーティーな飲み心地から人気があります。また産地で味わいが違うのも特徴です。それはその土地の水と米が使われるため違ってくるものといえます。生産ランキングは兵庫県、京都府、新潟県が常にトップにいますが是非こうした産地の違いなども楽しみながら日本酒を飲んでみてはいかがでしょうか。