Macの買取価格を比較しよう!

Macのカテゴリーページです。低価格ながら高いデザイン性や機能性が人気のApple製品です。デスクトップ型やラップトップ型などが存在します。中でもノートパソコンであるMacBookにはMacBook Pro、MacBook Airといった人気シリーズがあります。SONYのVAIOも熱狂的なファンがおりますが、こちらのMacBookについては世界中にファンがおり、プログラミングをするエンジニアやデザイナーなどIT系の人材にも愛用されています。スターバックスでMacBookを使っている人が揶揄されることもありますが、そのデザイン性への嫉妬と捉えても良いかもしれません。いざ、要らなくなったときは、ソフマップやヤマダ電機(インバースネット)、コムショップなど色んな選択肢があります。最適な売り先を比較して探したいものです。買取価格を比較し、相場情報を確認することで最高買取価格を狙いましょう。

もっと絞り込む

Macの買取相場

Macの基本情報

Apple社が販売しているコンピューターデバイス、Macシリーズ。Macbook、Macbook Air、Macbook Pro、iMac、iMac Retina 5Kディスプレイモデルなど幅広いラインラップを展開しており、全世界にファンを抱えています。その魅力は何と言っても近未来的な美しいデザインとシンプルな高機能。新モデルが毎年のように発表され、毎回多くの人の注目を集めます。日本での人気ももちろん高く、新Macの発売日には全国の家電量販店に行列が出来ることも珍しくありません。あなたも一度はテレビのニュースで見たことがあるかと思います。
さて前置きはこれぐらいにしておきましょう。今回はMacユーザーとこれからMacを手に入れたいと思っている方に向けて、Macbookを高く売るコツと安く買うコツをそれぞれご紹介します。Macbookは 正規の値段で新品を買うとかなりの高額です。買い替えや新たな購入を考えているならば、買取業者を利用するのが得策でしょう。今持っているMacbookを少しでも高く売れば、次のMacや他デバイスを買うときの資金になります。またこれからMacを購入する予定の方も、買取を行っている業者をチェックすればより安い値段のMacbokを見つけられるかもしれません。
まずはMacbookを高く売るコツからご説明しましょう。コツは大きく分けて3つあります。1つはパッケージの箱と付属品を揃えることです。購入した際にMacbookが入っていた箱はきちんととってあるでしょうか?もしとってあるならば、新品に戻すような気持ちでMacを箱に収めましょう。またその際、最初についてきた付属品も全て揃えると買取価格がアップするはずです。
2つ目のコツは、Macbookをきちんとお手入れしておくことです。手垢やシールのあとが残っていませんか?もしシールが綺麗に剥がせない場合は、100円ショップのライターオイルをつけてみてください。驚くほど綺麗にはがせるはずです。また画面の手垢はもちろん、キーボードの間のゴミの掃除なども忘れずに行ってくださいね。
3つ目のコツは、高く売れる時期を狙うことです。具体的には、Apple社が新型Macを発表する直前が良いでしょう。新型が発表された後に売ると、買取価格が大幅に下がってしまいがちです。まずはApple社の新作発表会がいつかを確認して、売り時を逃さないように気をつけましょう。
Macbookを高く売るコツは3つ。「パッケージの箱と付属品を揃えること」「きちんとお手入れしておくこと」「高く売れる時期を狙うこと」です。他にも買取業者によってはHP上に「高く売るコツ」を後悔しているところもあるので、査定に出す前にHPをしっかりチェックしておくと良いかもしれません。
高く売れるコツがわかった所で、次は安く買うコツについても考えてみましょう。Macbookを安く買うために最も重要なのは情報収集と比較です。買取業者によっては、買い取ったMacbookを安値で販売してる所もあります。商品詳細に付属品や傷の有無が書かれているはずなので、きちんとチェックしてから買うようにしましょう。個人がオークションで出品しているMacbookの方が安いケースもありますが、きちんと保証をつけてくれる買取業者を利用した方が人によっては安心できるかもしれません。
自力で様々なサイトをチェックし料金を比較する他に、ヒカカク!などの料金比較サイトを利用する方法もあります。全国の家電量販店の情報が集約されているので、金額の目安として参考にしてみると良いでしょう。最後にもう一度繰り返しますが、Macbookを安くする最大のコツは情報収集と比較です。
今回はMacbookを高く売るコツと安く買うコツをそれぞれご紹介しました。買取業者を利用することで得られるメリットはたくさんあります。ただし正規の販売・購入ルートではないので、場合によってはApple社が提供する保証を利用できません。それをリスクと捉えるかどうかは人それぞれですが、買取業者を利用する前はその点も事前にチェックしておくことをオススメします。