吉田博(よしだ ひろし)洋画作品の価値・評価・買取相場・鑑定情報まとめ

吉田博とは

吉田博は、明治から昭和にかけて活躍した洋画家、版画家である。1876年(明治9年)福岡県久留米市に生まれた吉田博は、1891年に洋画家・吉田嘉三郎に画才を見込まれ、吉田家の養子となった。その後京都に渡り洋画家田村宗立に師事、水彩画を描き始め、日本だけでなく海外でも展覧会を開催するなど才能を開花させた。

1920年に新版画の版元の渡辺庄三郎と出会い、それを機に版画の制作を開始、こちらも日本のみならず海外でも好評を博し、次第に版画をメインとして制作するようになった。また、明治美術会を引き継ぐ形で、黒田清輝らが創設した白馬会と同様に日本の洋画界をリードする団体となった太平洋画会(現・太平洋美術会)を結成に関わるなど、日本の洋画の普及にも大きく貢献した

吉田博の作品の価値は

日本を代表する版画家として、また、風景画を多く描いた風景画の大家として人気の高い吉田博の作品は人気が高く高額で取引されることもある。吉田博の作品としては、油彩、水彩、木版画があるが、技法や図柄、絵画の状態により数万円から数十万円で取引されることが多く、人気作ともなると100万円を超える価格で取引されたこともあるようだ。

吉田博の作品の価値を決めるポイントについて

版画家としてまた風景画家として人気の高い吉田博の作品は、前述のように高額で取引されることもあるが、作品の価値を決める要素は様々あり、たとえ人気の吉田博の作品であっても、それらの作品を決める要素の中にマイナス要因があれば、作品の価値は下がり、期待したほどの価格で取引されない場合もある

ここに、吉田博の作品の価値を決めるポイントについて簡単に記載していく。

油彩、昔の版画の価値が高い

吉田博の作品としては、油彩、水彩、木版画があるが、油彩の価値が高く高額で取引されている。吉田博の作品といえば版画が多く、油彩はあまり現存していないことから、作品の内容もさることながら希少価値という面でも価値が高くなっているようだ。

また、版画家として名高い吉田博の版画は、富士山など人気の図柄や吉田博が現役だった時代に制作されたものは、人気が高く、高額で取引されることもある。所有している吉田博の作品の技法や図柄を確認しておけば、事前に取引価格がある程度わかる場合もあるので、それらを把握しておくのもいいだろう。

版画は直筆サインのほうが価値は高くなる

版画のサインには、作者が直接書き込む直筆サインと、図柄と一緒に印刷される版上サインなどがあるが、同じ条件の版画で直筆サインと版上サインがある場合は、直筆サインの作品のほうが価値は高くなる

直筆サインの場合は、吉田博自らが版画の出来を確認しサインを入れたものであることから作品の価値としては高くなるが、版上サインの作品は、吉田博死去後に制作されたものなど、制作に吉田博自身が関わっていないことが多く、そのため、価値としては、直筆サインの作品の方が価値は高くなる。吉田博が現役だった時代に制作された版画の価値が高くなるのは、そのためである。所有している吉田博の版画のサインについて確認をしたおいたほうがいいだろう。

作品の状態は作品の価値に大きく影響する

前述のように高額で取引されることもある吉田博の作品であるが、作品の状態が悪い場合は、作品の価値が下がるため、それに伴い取引価格も下がる場合がある。作品の状態は作品の価値に大きく影響するためである。

作品の状態が悪い例としては、作品が裂ける、作品が千切れる、作品の一部がなくなる欠損、日光などの外光があたることにより色あせが発生した日焼け、湿気が高い環境で発生するシミカビ、油彩などで発生する絵具の乖離などがある。

これらは、制作してから長い年月が経過したことにより発生する経年劣化が原因のこともあるが、作品を保管する環境や取扱いが悪かったことが原因となることもある。状態を悪化させて作品の価値を下げないためにも、作品の保管や取扱いには十分に注意したほうがいいだろう。

鑑定証は重要

高額で取引されることもある作家ともなると、その作家が手掛けた作品と偽った贋作が流通する場合がある。前述のように高額で取引されることもある吉田博についても贋作が流通している可能性は否定できない。

贋作は、作者を偽っている時点で、作品の出来などは関係なく作品の価値としては無いに等しく、取引中に贋作と判明した場合は、その取引が中止となるほどである。そのため、万が一、贋作を贋作と気づかず吉田博の作品として取引した場合は、取引に費やした費用は全部無駄になってしまうだろう。

そのため、作品の取引の際には、鑑定証が必要となることが多い。鑑定証は、所定の鑑定機関が、この作品は吉田博が手掛けた作品と鑑定したことを証明するもので、つまり、作品とその作品の鑑定証があれば、吉田博の本物の作品として安心して取引することができる、といえる。鑑定証は、取引をするうえで重要なものである、といえるだろう。

取引前に、所有する吉田博の作品の鑑定証について確認をしたほうがいいだろう。鑑定証については、前述の所定の鑑定機関に依頼すれば取得できるが、手続きなどが複雑であるため、鑑定証の取得を代行する業者に鑑定証の取得について相談したほうがいいだろう。

吉田博の作品を売却する場合について

吉田博の作品を売却する場合についてだが、美術品の取引の経験などが少ない場合や美術品の事についてよくわからない場合などは、できるだけ専門家に取引を依頼したほうがいいだろう。買取業者といえば、吉田博のような近代日本の洋画家や版画家の取引が豊富な業者、オークションでは、専門家が対応するアートオークション、もしくは出品を代行するオークション出品代行業者などである。

美術品の取引では、複雑な手続きやトラブル対応などにおいて、美術品の取引に関する豊富な経験や美術品に対する深い知識が必要な場合があり、それらがない一般人では、対応が困難である可能性が高い。そのため、取引をスムーズに完了させるには、それらを併せ持つ専門家に依頼したほうがよい、ということになるのである。

ただ、専門家に取引を依頼するとそれ相応の費用が必要な場合もあるが、安心して取引するためには必要な費用であると言えるだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「吉田博(よしだ ひろし)洋画作品の価値・評価・買取相場・鑑定情報まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから