買取事業者向け振込手数料及び配送料金の削減サービス!ネット銀行より安く、ゆうパック・ゆうパケットも利用可能

提供記事

買取価格比較サイト「ヒカカク!」を運営する株式会社ジラフ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:麻生輝明、以下「ジラフ」という)は、GMOイプシロン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:新井悠介、以下「GMOイプシロン」という)と業務提携し、平成29年2月20日より振込手数料及び配送料金を削減できるサービスを提供開始しました。

当サイト「ヒカカク!」の月間利用者は110万人を超えており、買い取りを事業として行うリユース・リサイクル契約企業数(古着屋、古本屋、リサイクルショップ、質屋、ブランドショップ、ゲームショップなど)も数百社に上ります。他方、GMOイプシロンは送金・決済サービスを中心に金融事業を展開しているIT企業であり、「ヒカカク!」を利用するリユース企業対象に本サービスを提供していく形で協業することになりました。

買取時や再販時の流れの中で必ず発生する費用が「振込手数料」と「配送料」です。取引件数が多くなればなるほど、コストがかさんでしまいます。このようなオペレーションコストの削減については普段なかなか目を向けないポイントかもしれません。

しかし、本サービス「らくらく送金」と「配送サービス」をご利用いただくだけで、必須コストを一気に削減できます。楽天銀行やジャパンネット銀行などネット銀行と比べても遜色のない手数料で安く振込を行える仕様となっており、クロネコヤマト宅急便、佐川急便、日本郵政などの配送サービスを使っている企業が多く存在すると思いますが、それらに比べてGMOグループが独自に価格交渉した料金でのご案内が可能となっております。市場の相場価格より安価な振込手数料・配送料にて、銀行振込と商品配送が可能となり、浮いたコストを収益化できるのではないでしょうか。

お問い合わせ先

info[あっとまーく]jiraffe.co.jp
お問い合わせフォームはこちら

「らくらく送金」で振込手数料を削減

まずは本サービス「らくらく送金」の概要について紹介します。
従来では金融機関を通して振込先に振り込んでいましたが、らくらく送金を活用していただくことで、

 【現状】貴社→金融機関→振込
 【当社】貴社→GMOイプシロン→振込先

となります。当社の提携パートナーであるGMOイプシロン株式会社が振込を代行しています。もちろん資金決算に関する法律に基づき、お預かりした振込資金と同額を保全してますので、安心して依頼しやすいのではないでしょうか。

振込先口座関係なく振込手数料を削減

さらに、らくらく送金をご利用いただければ、買取の際にネットバンクよりも安価な振込手数料で銀行振込が可能となります。

【一般的なネットバンクの平均的な振込手数料】

 3万円未満…160円(税抜)
 3万円以上…250円(税抜)

【らくらく送金を利用する場合】

 一律3万円未満…140円(税抜)
 一律3万円以上…230円(税抜)

このように、らくらく送金を利用すると、振込先口座関係なく振込手数料を削減することができます。

 500件/月の振込を行う場合の想定コスト削減額
→年間コスト削減額=120,000円=20円×500件×12ヶ月

振込手数料が売主様負担でもご利用いただけます。売主様の負担額をらくらく送金利用前と同額に設定することで、実際に請求される振込手数料との差額を収益化できます。

例) 20円(差額収益)=160円(売主様の負担額)-140円(実際の振込手数料)

もちろん月額費用は実質無料となっており、貴社は振込手数料のみ負担する形になります。月間の振込手数料の合計が1,000円未満(税抜き)の場合、1,000円がかかるようになっていますが、月間で8件以上お振込いただければ、月額費用は無料となりますので振込手数料コストを純減させることができます。

「らくらく送金」と他金融機関を利用した振り込みとの違い

「らくらく送金」は金融庁管轄の資金決済法に基づいているため、1件の振込につき上限額が100万円までとなります。1件当たり100万円以上を超える振込の場合は、分けて振込を行う必要があります。

また、振込人名に固定表記が入るようになります。

 例:株式会社ジラフが振り込みする場合
 カ)ジラフ オフリコミ

のように、振り込み人名の後ろに「オフリコミ」という固定値が入るようになります。面倒な手続きは不要。開始前・開始後のステップがとても簡単なので、手間をかけずに振り込み手数料を削減できると言えるでしょう。

「配送サービス」で配送料を削減

「配送サービス」では市場価格より安価な配送料で日本郵便様ご提供の、”ゆうパック”および”ゆうパケット”がご利用いただけます。どちらも追跡サービスが利用可能なので、商品が届いたかどうか、すぐに確認でき大変便利です。

ゆうパックの費用・料金表

イプシロンが提携する配送業者との契約及び精算を代行するサービスです。料金は使った分だけ請求されるため、配送件数の少ない業者様でも気軽に利用することができます。ご利用料金における月額費用はもちろん無料。

一般的なゆうパックの配送料定価:60サイズから/1件690円(税抜)〜
配送サービスの料金:60サイズから/1件400円(税抜)〜

ゆうパケットの費用・料金表

厚さ3センチ以内、A4サイズほどの薄型荷物について、市場価値よりも安く配送できるサービスです。小物類の取り扱いが多い業者様にオススメです。月額費用はもちろん無料。最短1~2日ほどでお届けでき、土日祝日も配送可能です。

一般的なゆうパケットの配送料定価:厚さ1cmから/1件250円(税抜)〜
配送サービスの料金:厚さ1cmから/1件180円(税抜)〜

まずは資料請求を

このように「配送サービス」をご利用いただければ、かなり買取店・リサイクルショップ・質屋にとっての費用を削減することができます。一例として以下を参考にしてみてください。

500件/月の商品配送を行う場合の想定コスト削減額

年間コスト削減額=1,080,000円
         =290円(ゆうパックの削減額/件)×250件×12ヶ月
         +70円(ゆうパケットの削減額/件)×250件×12ヶ月

さらに開始前、開始後ともに利用STEPが少なく、簡単にご利用いただけます。この機会にコスト削減を検討されている方は一度問い合わせてみてください。詳細な資料をお送りします。

お問い合わせ先

info[あっとまーく]jiraffe.co.jp
お問い合わせフォームはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「買取事業者向け振込手数料及び配送料金の削減サービス!ネット銀行より安く、ゆうパック・ゆうパケットも利用可能」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから