電球・蛍光灯の買取価格を比較しよう!

電球・蛍光灯のカテゴリーです。電球・蛍光灯は、TOSHIBAやPanasonicなどが人気を集めています。でんすけ、リサオク、ブックオフなどの業者が買取を行っています。LED照明器具が増えているので、蛍光灯は中古市場で需要があるうちに売るといいでしょう。

もっと絞り込む

電球・蛍光灯の買取相場

電球・蛍光灯の基本情報

電球の歴史は、1799年まで遡りますが、以降1879年まで実用化されることはありませんでした。 理由の一つは安定性で、長期的に発光を持続させることが困難だった点が、実用化を妨げた要因にあげられます。 また、発光に必要なフィラメントの研究も、実用に時間がかかった原因の一つと考えられています。 電球が実用化されてからは、優しくて明るい白熱灯、実用的で使いやすい電球型蛍光灯、そして省エネのLEDと今も変化が進んでいます。 日本国内では、国産のメーカー品が人気で、開発技術が優れている点からも信頼されています。 現在主流のLED電球は、東芝とパナソニックの一騎打ちで、そこに他の大手メーカーと、新興メーカーが参入している形が特徴的です。 一方の海外では、中国メーカーの台頭に勢いがあり、シェア争いや低価格化競争、技術開発は更に激化すると予想出来ます。 形状や明るさに多様性のある電球は、素材にガラスやプラスチック他金属が使われているので、不要な場合は分別を含めた処分を行うことになります。 通常、電球が不要になるのは故障が発生した時なので、交換時の処分方法を検討しておくことが大切です。 不用意に分解すると、破損で怪我をする危険があり、一般的には分解して処分する作業は求められないので不要です。 処分は自治体の責任で行われますが、人による分別作業が不可欠ですから、大抵は有料で回収されるケースが多くなります。 分別の容易化であったり、環境負荷の小さい電球の開発は今も続けられているので、今後も発展性のある分野の製品といえます。